記事

万年不正スズキは"帝国重工"以上にヤバい

1/2

スズキが4月18日、完成車の不正検査問題で過去最多の202万台のリコールを届け出た。スズキはこのリコールに先立ち、法律事務所による社内調査の報告書を公表している。報告書を読んだジャーナリストの溝上憲文氏は「上からの命令に逆らえない風土やセクショナリズムといった大企業病的体質があり、それはまるでドラマ『下町ロケット』に登場する“帝国重工”のようだ」と指摘する――。


※写真はイメージです(写真=iStock.com/Sjo)

スズキ、38年も前から不正検査が始まっていた可能性

大手自動車メーカー・スズキが4月18日、完成車の不正検査問題で国内最多となる202万台のリコール(回収・無償修理)を国土交通省に届け出た。

スズキは昨年8月、出荷前の自動車の排ガスや燃費性能の検査で不正が見つかった。だが、その後の社内調査によってブレーキ検査などで不合格とすべきものを「合格」とする検査結果の改竄や、無資格者による検査の発覚を恐れた組織的隠蔽など、多くの不正が次々に発覚した。

このためスズキは長島・大野・常松法律事務所に調査を依頼。検査員など約300人へのアンケート調査と、経営層を含む320人への聞き取りが実施され、4月12日にその結果が公表されたところだった。

調査報告書によると、四輪車の全数検査では、ブレーキ、ハンドル、速度計、ライトなど約10項目で新たな不正が発覚した。

ブレーキの制動力の検査では複数の検査員が不合格と判定された車両を合格とするチェックシートの改竄も見つかっている。しかも検査員として登用される前の無資格者の単独の完成検査も判明。十分な教育を受けていないのにもかかわらず、検査員の印鑑を借りて検査をしていたという供述もあった。

一部では1981年ごろから不正検査が始まっていた可能性もあるなど、長期にわたる組織的な品質不正があったことを明らかにしている。

なぜ大規模かつ構造的な不正検査が放置されていたのか

こうした大規模かつ構造的な不正検査がなぜ放置されていたのか。

報告書を読むと、その背景には上からの命令に逆らえない風土やセクショナリズムといった大企業病的体質だけではなく、現在、多くの企業が取り組んでいる働き方改革の負の側面も浮かび上がってくる。

自動車の完成検査を担当する「検査課」は工場ごとに設置されている。言うまでもなく人の生命に関わる自動車の安全性や公害の防止の観点から自動車の構造や装置・性能が保安基準適合しているかどうかを検査する重要な部署である。

「検査課」は出世コースとは無縁の傍流部署だった

生産部門の言いなりにならない独立性が求められるが、同社の検査課は生産部門と一体であり、独立性はなかった。

その結果、生産部門から無理難題を吹っかけられても逆らえない雰囲気があり、しかも検査課自体がいわゆる出世コースとは無縁の傍流部署であった。報告書ではこう書かれている。

「社内で完成検査の重要性が理解されておらず、無駄な業務であると誤って受け止める風潮があったことは、検査課が他部署からの不適切と思われる要請に対して毅然とした対応をとることができなかったことの一因となっていたものと考えられる。また、伝統的に、部長級以上の役職者に登用される者は技術開発または生産部門の出身者の割合が比較的多く、完成検査部門の経験者が必ずしも多くない傾向にあることは、検査課の社内での位置付けを窺わせる側面がある」

そうであれば検査課に配属された社員は、業務に対する士気が高まらないどころか、モチベーションの低下をもたらすだろう。


※写真はイメージです(写真=iStock.com/kontrast-fotodesign)

ここに左遷されたら二度と這い上がれない「墓場」

しかも「他部署から検査課に異動してくる従業員の中には、完成検査業務に対する適性を備えていない者が含まれていた場合がある」とも言っている。

いったいどんな人なのか。報告書はこう述べている。

「このような人材は、検査補助者教育を受けたとしても十分な技能を修得できず、検査員に任命された後も他の検査員と同等の業務をこなすことができないという趣旨の供述や、このような適性を備えていない検査員による作業の遅れが他の検査員の時間的余裕を奪い、効率的な検査業務を阻害したという趣旨の供述もあった」

適性を欠いた社員を検査課に配属させたということは、おそらくどの部署でも使えない人材であり、いわゆる左遷部署的な扱いを受けていたのではないか。

報告書には「一旦検査課に配属された検査員は、基本的には、当該工場の他部署や他の工場に異動することは少なく、人事のローテーションは活発ではなかった」とある。

筆者には、左遷されたら二度と這い上がれない墓場のような部署、というように読める。他部署の社員もそういう目で見ていた可能性があるのではないか。だからこそ検査課を恐れることはなく、無理難題を言いたい放題だった。報告書はヒアリング結果についてこう述べている。

「複数の検査員が、車両の製造を担当する完成課から、完成検査の完了を急(せ)かされたこと、完成課から不良をなかったことにしてほしいと要求されたこと、不良であるとして完成課に戻したら完成課から苦情があった等を供述している」

あわせて読みたい

「スズキ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    文氏が天皇陛下宛の親書を送達か

    天木直人

  2. 2

    陛下の立ち位置を批判する朝日

    木走正水(きばしりまさみず)

  3. 3

    竹中氏「日本人は童貞そっくり」

    PRESIDENT Online

  4. 4

    韓国LG 市場予想上回る営業赤字

    ロイター

  5. 5

    女系天皇を認めたくない愚かさ

    志村建世

  6. 6

    天皇制は選挙方式にすれば合理的

    紙屋高雪

  7. 7

    雅子さまの「祝宴ドレス」に注目

    文春オンライン

  8. 8

    即位の礼 要人もどよめいた奇跡

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    韓国の李首相と枝野代表らが会談

    立憲民主党

  10. 10

    文氏低迷でGSOMIA維持派が台頭か

    高英起

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。