記事

釜本邦茂氏「三浦カズには還暦まで現役を続けてもらいたい」

98年W杯出場を決めた直後のカズ(AP/AFLO)

釜本氏がカズを語る(時事通信フォト)

 サッカー日本代表への課題として長年、言われることのひとつに「決定力不足」がある。勝利するための攻撃や、ここぞ!という場面で得点する力が足りないことを指しているのだが、それは、フォワードにふさわしい選手が不足していることを同時に表してもいる。1968年メキシコ五輪で日本人初の得点王となった、“日本史上最高のストライカー”、とも称され、元日本サッカー協会副会長の釜本邦茂氏が認める「日本初のフォワード」は、52歳の今も現役を続ける三浦知良だ。以下、釜本氏が語る。

【写真】カズについて語ってくれた釜本邦茂氏

 * * *
 カズがヴィッセル神戸時代にこんな話をしたことがあります。練習中、カズが先頭でランニングしているので、「なんでベテランのお前が先頭を走らなアカンねん」と聞くと、「僕が後ろで走っていては、前を走るやつがいませんから」と返してきた。常に若い選手の手本に──なかなかできることではありません。

 この言葉通り、カズはこれまで長きにわたって日本のサッカー界をリードしてきました。15歳で単身ブラジルに渡り、プロの門をくぐって個人技を習得。当時、日本人で個人技を持った唯一のプレーヤーだったと思います。私が初めてカズをじっくり見たのは、1993年にJリーグが発足し、私がガンバ大阪の監督としてヴェルディ川崎と対戦する時。器用な選手が出てきたなと思いましたね。それでいて決定力もあるから厄介でした。

 当時、日本にはテクニックを持ったフォワードはいませんでした。僕らの時代なんて典型的で、前線で待っていると味方からパスが通って、そのままゴールにシュートを放っていただけで、細かいテクニックなんてなかった。カズは背中でパスを受けられる、それまでの日本にはいないフォワードでした。

 オールラウンドプレーヤーという表現の方が近いかな。ボールを受ける時に体を入れて相手を抑えて、自分でボールを持って上がっていき、シュートまで放てる。特別スピードがあるというわけではないが、放っておいたらやられるということで、徹底的にマークさせました。得点すると披露するカズダンスも含めて、古い人間からしたら異様でしたね(笑い)。

 日本をW杯に連れていってくれるかな、という期待を持たせてくれる選手でした。実際、1994年の米国W杯に向けた予選では、1次予選では9ゴール、最終予選では4ゴールとエースとして活躍をみせ、最終予選最終戦のイラク戦でロスタイムに同点にされた「ドーハの悲劇」がなければ本戦に出られたわけだから。

 これで代表選手はじめサポーターも次の1998年フランスW杯出場も夢じゃないという確信を持ったが、肝心のカズが本大会出場メンバーから選考漏れした。事あるごとに日本代表とW杯への熱い思いを口にしていたカズにとっては、忘れようとしても忘れられない出来事だったのでしょう。50歳をすぎても現役を続けるのも、この件がいまだに頭にあり、代表を諦められないという意思の現われじゃないかなと、同じく日の丸を背負って戦った者として思います。

 私は40歳で現役引退しましたが、実際はアキレス腱を切った36歳で終わっていたと思います。だから50歳をすぎて現役というのは想像を絶しますね。ここまできたら、還暦まで現役を続けてもらいたい。サッカーが三度の飯より好きなんでしょうね。羨ましいですよ。

●取材・文/鵜飼克郎

※週刊ポスト2019年5月3・10日号

あわせて読みたい

「サッカー」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    日本へ謝罪求め続ける韓国に疑問

    諌山裕

  2. 2

    森ゆうこ氏の「圧力」に応じない

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    JESSE被告「コカインなめた」

    阿曽山大噴火

  4. 4

    222万部減 新聞はもう要らないか

    PRESIDENT Online

  5. 5

    桜を見る会予算を国民向けに使え

    柚木道義

  6. 6

    大嘗祭反対集会? 朝日記事に疑問

    和田政宗

  7. 7

    朝日のがん治療本PR見直しを称賛

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    「山本太郎都知事」はあり得るか

    PRESIDENT Online

  9. 9

    佐野史郎 病室では寝たきり状態

    女性自身

  10. 10

    自民も警戒 立民の「閣下」とは

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。