記事

「領域警備法案」「周辺事態法改正案」「PKO法改正法案」の安保法制3法案を提出


 国民民主党は23日、昨日22日に提出した安保法制を実質上廃止する法案とセットとなる、「領域警備法案」「周辺事態法改正案」「PKO法改正法案」の安保法制3法案を提出した。

 法案のとりまとめ責任者でもある大野元裕参院議員は提出後記者会見で、「『近くは現実的に、遠くは抑制的に、人道支援は積極的に』との考え方に基づき、2016年に施行した安保法制の問題のある部分は廃止法案で巻き戻した上で、日本を取り巻く安全保障環境が急激な変化を続け、厳しさを増している状況に現実的に対応するための、これら3法案をとりまとめ提出した。国民民主党の安全保障政策の基本理念である『現実的平和主義』に基づく、安全保障法制の全体像を示すことが重要だ」と述べた。

 「領域警備法案」は新法で、グレーゾーン事態に切れ目なく対処できるよう、海上保安庁などと連携を強化し、国土交通大臣の要請により、自衛隊が海上保安庁が行う警備を補完すること等ができるようにするもの。

 「周辺事態法改正案」は、日本の周辺地域で平和と安全に重要な影響を与える、武力紛争が発生するなどの周辺事態に、自衛隊は日米安保条約に基づく活動を行う米軍に対する後方地域支援を行うが、本改正では、いったん安保法制成立前に巻き戻した法案に対して、必要と認められる自衛隊の任務の追加、活動可能な地域の拡大等を行うもの。

 具体的には、後方地域支援の活動可能な範囲を公海上に拡大、支援対象となる外国軍にACSA締結国を加え、後方地域支援のメニューに宿泊の提供、施設の利用などを加える等の改正を行うもの。さらに、周辺事態発生時に、退避する邦人等に対する支援を可能にする、退避邦人支援措置等を追加する等の任務を追加する。

 「PKO法改正案」においては、変化する国際平和維持活動(PKO)や、国際的な人道支援のニーズに対応して、PKOの業務にDDR(武装解除・社会復帰支援)、SSR(治安部門改革)、また、国際平和協力業務として人道的精神に基づく地雷除去業務等を追加するなど、武力行使との一体化は厳密に避けつつ、業務を拡大する改正を行うもの。

領域警備法案要綱

領域警備法案

領域警備法案新旧対照表

周辺事態法・船舶検査法一部改正法案要綱

周辺事態法・船舶検査法一部改正法案

周辺事態法・船舶検査法一部改正法案新旧対照表

PKO法一部改正法案要綱

PKO法一部改正法案

PKO法一部改正法案新旧対照表

領域警備法案・周辺事態法改正法案・PKO協力法改正法案のポイント

あわせて読みたい

「安全保障法制」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    沖縄慰霊 本土の捨て石だったか

    古谷経衡

  2. 2

    結婚しなくなった日本は先進国

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

  3. 3

    首相へヤジに地元民「沖縄の恥」

    和田政宗

  4. 4

    宮迫・田村亮ら芸人11人謹慎発表

    BLOGOS しらべる部

  5. 5

    男逃走めぐる産経社説は撤回必要

    郷原信郎

  6. 6

    4年間は寮生活 松下政経塾の実情

    BLOGOS編集部

  7. 7

    自民 参院選前にかつてない逆風

    五十嵐仁

  8. 8

    戦後日本で活躍した天才の転落劇

    fujipon

  9. 9

    会社でキレる人が評価される理由

    非国民通信

  10. 10

    小沢氏は国民民主で役に立たない

    早川忠孝

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。