記事

東京の維新と都民ファーストの選挙が、かつての風に乗る選挙から堅実な選挙に転化したことは間違いない

私が推薦人を引き受けた候補者は今一歩のところで涙を呑んだが、区会議員となる資質もそれ相応の活動実績もある人だった。

都民ファーストから誘いを受けて、あれやこれや悩みながら出馬を決意したのだが、小池さんや都民ファーストにかつてほどの勢いがないことを承知の上で立候補に踏み切ったことは周りにいたからよく分かる。

若くもなく女性でもない、ということで、選挙戦を戦うにはもう少し華があればいいのだがと思わないでもなかったが、NPO法人活動等を通じて培ってこられたこれまでの経験や高い見識を区議会の活動に活かしていただきたいと願ったものだ。

まあ、いい人だけが当選するわけではない。役に立つ人だけが当選するわけではない、ということは、自分自身の長年にわたる政治生活の中でよく分かっていたことなのだが、都民ファーストの公認を得て立候補した件の候補者が、いわゆるいい人で、かつ、役に立つ人であることは、自信を持って断言できる。

たまたま、今回の選挙では当選という結果を出すことは出来なかったが、都民ファーストがそれなりに候補者を厳選し、堅実な選挙戦を展開していたことは、この一事で分かる。

多分、東京の維新も同じだったと思う。
かつての、ふわーっとした風に乗る選挙から、候補者を厳選し地道に活動を展開する堅実な選挙に変貌してきているのは確かである。

大阪の維新が橋下徹氏から自立して独り歩き出来るようになったのと同様に、東京の維新も都民ファーストも実に堅実な選挙を展開するようになり、それぞれの生みの親から自立し始めたということだろう。

多分、選挙参謀も変わったはずである。

いいことである。

あわせて読みたい

「統一地方選挙」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    国際法秩序破る中国に世界的反発

    WEDGE Infinity

  2. 2

    自民党内「国賓中止はやり過ぎ」

    赤池 まさあき

  3. 3

    研究者に転身 いとうまい子の今

    NEWSポストセブン

  4. 4

    綾瀬はるか交際報道 相手は憔悴

    女性自身

  5. 5

    男子中学生と性交 40歳妻の素性

    文春オンライン

  6. 6

    「山本太郎は男を下げた」に反論

    早川忠孝

  7. 7

    東出の自虐発言に長澤まさみが涙

    女性自身

  8. 8

    すごい展開 優樹菜に芸能界驚き

    SmartFLASH

  9. 9

    河井氏問題巡る検察と朝日の癒着

    青山まさゆき

  10. 10

    都の感染急増 表面だけ報じるな

    青山まさゆき

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。