記事

私が野党共闘から距離を置いた理由

共産党から国民民主党まで揃って、安保法制廃止法案を提出。廃止すると、日米ガイドラインも、即時見直し。日米同盟の根幹が揺らぐ。残念だが、野党の現状が現れている。

https://www.sankei.com/smp/politics/news/190422/plt1904220080-s1.html

私が野党共闘に加わらなかったのは、安保の現実主義を貫くことができないから。

三浦さんとの対談でも述べたが、野党が安保法制に反対するだけで終始した責任の一端は私にもある。率直にお詫びをしなければならない。

(以下、対談からの引用)

当時、民主党の政調会長をやっていて、集団的自衛権を巡る議論は前の年から出ていたんだけど、なかなか党内議論が進まなかった。私は、何とか安保法制の民主党案をまとめたいと思っていた。100点の案はできなくても、最低限、尖閣諸島、できれば朝鮮有事への対応まで法律に書くべきだと考えていた。何とか民主党案をまとめるところまでいったが、国会には提出しないということになってしまった。私は、民主党の役員会で、民主党案を国会に提出して、与野党の党首会談をやるべきだと主張したけれど、賛同者はいなかった。早い段階で、提出していれば与野党合意の可能性はあったと思います。

結果として、対立の構図だけが鮮明になり、最終的には強行採決という形になってしまった。あそこで、日本の安保の議論というのは前時代的なものに戻ってしまった。

[画像をブログで見る]

あわせて読みたい

「安全保障法制」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「ガイアの夜明け」にねつ造疑惑

    和田政宗

  2. 2

    ミス誘ういきなりステーキの卓上

    かさこ

  3. 3

    新ふるさと納税で還元率100%も

    NEWSポストセブン

  4. 4

    茂木氏 丸山議員の診断書を尊重

    キャリコネニュース

  5. 5

    大阪・西成に響く労働者の怒号

    SmartFLASH

  6. 6

    築地の次は青山霊園を移転せよ

    毒蝮三太夫

  7. 7

    眞子さまの南米訪問は婚活の場か

    NEWSポストセブン

  8. 8

    韓国保守派の足引っ張る朴槿恵氏

    文春オンライン

  9. 9

    トランプ氏が羽田に着陸する意義

    天木直人

  10. 10

    高樹氏 田口逮捕でマスコミ批判

    BLOGOS編集部

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。