記事

『名探偵コナン』ブームはどこまで行くのか?映画もマンガも記録更新の予想

2/2

 『週刊少年サンデー』を擁する小学館第二コミック局の縄田正樹チーフプロデューサーがこう語る。

 「『週刊少年サンデー』編集長は『名探偵コナン』の連載がスタートした時期に続く“第2次コナンブーム”と言っていますが、確かに『名探偵コナン』のコミックスだけでなく、スピンオフ作品の『犯人の犯沢さん』『ゼロの日常(ティータイム)』も非常によく売れています。

昨年は、『週刊少年サンデー』で特集を組んだり付録を付けたりすると非常によく売れて、金額ベースでは対前年で微増になりました。今はマンガ雑誌がどこも対前年マイナスですから、特筆すべきことだと思います

 そのほかにもムックやノベルス、辞書などもコナン絡みで刊行されたし、『日本史探偵コナン』という歴史マンガも出ました。いずれもよく売れています」

『ゲッサン』で2つの作品をコラボ(筆者撮影)

 2018年は『ゲッサン』創刊の目玉だったあだち充さんの野球マンガ『MIX』が、日本テレビ系でアニメ化されて人気が加速したが、今回、『名探偵コナン』の映画公開にあわせて、『ゲッサン』では、あだちさんと青山さんの対談を掲載。表紙でも両作品がコラボしている。

 小学館ではもうひとつ、『ビッグコミック』連載のかわぐちかいじさんの『空母いぶき』の実写映画が5月24日に公開予定だ。映画公開へ向けてコミックスの1・2・3巻をシュリンクして1巻分の値段で販売するというキャンペーンを行うなど、こちらも期待が持たれている。

 映画との連動が、マンガの売れ行きにどのくらい跳ね返るか。この春の動きは非常に興味深い。

※月刊『創』5・6月合併号 特集「マンガ・アニメ市場の変貌」


※Yahoo!ニュースからの転載

あわせて読みたい

「マンガ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「病床に余力」医師提言に課題も

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    米議事堂襲撃 副大統領は間一髪

    WEDGE Infinity

  3. 3

    総額6.7兆円 不良債権回収の苦難

    BLOGOS編集部PR企画

  4. 4

    菅首相発言が「絶対アカン」理由

    郷原信郎

  5. 5

    菅首相は玉木氏提案を受け入れよ

    早川忠孝

  6. 6

    五輪判断 どう転んでも政府苦境

    内藤忍

  7. 7

    家計が炎上した年収1000万円夫婦

    PRESIDENT Online

  8. 8

    広島県の大規模PCR検査は愚行

    青山まさゆき

  9. 9

    母がマルチ商法に心酔 娘の悲劇

    PRESIDENT Online

  10. 10

    非現金決済は差別? 米社会で変化

    後藤文俊

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。