記事

「プリウス」は欠陥車なのか?

2/2
解説しているブログが以下に。

「新型プリウスのペダルレイアウト」ヒタッチーのブログ | いんすぱいあ ざ ネクストな日々 – みんカラ

ついに新型プリウスが発売されましたね。早速ディーラーに見に行ってきましたが、乗り込んでペダルを見た瞬間にガックリしてしまいました。

まずは新型プリウスのペダルレイアウトを見てください。

ブレーキペダルが体の中心線より左に来ています。
右足で踏もうとすると足首をかなり左に捻るか、右足全体を左に向けなければなりません。
これでは左足で踏んだ方が明らかに楽です。

そもそもアクセルペダルの位置が左に寄りすぎです。
ブレーキペダルはもう少し右に設置することも出来ますが、そうするとブレーキペダルを踏んだ時にアクセルペダルまで一緒に踏んでしまう可能性が出てきます。
それを避けるためブレーキペダルがここまで左に追い出された形になったと推測できます。
でもこれが理想のペダルレイアウトと言うことが出来るでしょうか?

プリウスのペダル配置は、以下のようになっている。(プリウスのサイトより)

プリウスの運転席

元画像が暗いので、ペダルが見やすいように明るくした。
車内空間を広くとるために、前輪のタイヤハウスが干渉して、アクセルペダルが内側に寄せられているらしい。
その分、ブレーキペダルも内側に寄っているとのこと。

なるほど、これではブレーキを左足で踏んだ方が楽そう。右足で踏むのは、かなり苦になるだろうね。

なぜ、アクセルは右足、ブレーキは左足としないのか、根本的に疑問だ。
マニュアル車のクラッチがあるのと違って、左にスペースは空いてるわけだからね。
行政指導的な問題らしいが、これは構造的な欠陥ともいえる。

ブレーキを左足で踏むための、改造を請け負う業者もいるとのことで、安全性を高めるのにはいいかもしれない。

バイク乗りからすると、アクセルとブレーキが同じ足というのは、感覚的に納得できない(^_^)。
人の意識は、異なる動作をするときには、左右に振り分けて行うことで負荷を分散する。
たとえるなら、野球で捕球は左手、投げるのは右(サウスポーは逆)というように。右手のグローブで捕球し、投げるのも右だったら、時間がかかるし混乱する。

年齢に関係なく、異なることをほぼ同時に行うことは、人間は苦手だ。
脳の処理速度、脳の指令が手足の末端まで届くのに時間がかかるからだ。しかも、この反応速度は個人差が大きい。
運動神経がいい人は100ミリ秒(どんなに優秀なスポーツ選手でも、これ以上は速くならない)でできても、鈍い人は1秒以上かかる。その差は10倍以上。
これに高齢が加われば、運動能力は落ちているし、認知機能も低下しているから、100倍くらい違っても不思議ではない。

「二度とこういう事故が起きないように……」
このセリフは、呪文のように繰り返される。

しかし現実には、事故原因は様々ではあるが、年間3500人以上の人が、交通事故で亡くなっている。
二度とどころか、3500回以上繰り返されているわけだ。

これほどのリスクがあっても、「自動車禁止」とはならない。
喫煙による年間超過死亡数は12~13万人とされているので、それに比べれば桁違いに少ないからなのだろう。
交通事故リスクは、タバコに比べたら微々たるものだから、禁止するほどではないということか。
リスクより利便性を取る、ということでもある。

池袋の事故現場は、妻の以前の勤務先の目の前だそうだ。事故の起きた時刻がお昼時なので、もしそこに勤めていたら、巻き込まれる可能性があったかもしれない。

明日は我が身だ。
交通事故死・9人/日のひとりになる可能性は、常にある。
誰も、明日、事故に遭って死ぬなんて思っていないのだから。

あわせて読みたい

「プリウス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「韓国に学べ」となぜ報じないか

    水島宏明

  2. 2

    瞳から家バレ 襲われたアイドル

    阿曽山大噴火

  3. 3

    リーマン当時と違う業界別壊滅度

    Chikirin

  4. 4

    都からの移動者 厳しい対応必要

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    休業要請 ネカフェ難民どうする?

    水島宏明

  6. 6

    家賃支払いが不安な人への支援策

    中川寛子

  7. 7

    専門家組織がたばこ生産停止要請

    ロイター

  8. 8

    緊急事態の効果示したテレ朝番組

    水島宏明

  9. 9

    30万円給付に与党からも不満続出

    藤田孝典

  10. 10

    買い溜めで混乱 姿を消す食品は

    BLOGOS編集部

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。