記事

文在寅氏vs韓国大学壁新聞の行方、「ほめ殺し」が侮辱罪に

国民の怒りは限界(EPA=時事)

〈南朝鮮の学生への手紙〉──4月1日、韓国全土の大学、役所、裁判所など450か所に、こんなタイトルの壁新聞が掲げられた。

「雇用王 文在寅」「経済王 文在寅」「外交王 文在寅」と大仰な枕詞を付けながら、「通貨危機以降最高の失業率を達成した」「最低賃金の引き上げで小商工人が滅び、アルバイトは永遠に休みになった」と、“北朝鮮流”の扇動文章で徹底的に文政権を皮肉っている。

「今回の壁新聞を出した学生団体は、昨年末にも同様の壁新聞を全国100か所以上の大学に出している。ネット上では『文在寅王シリーズ』として、次の“刊行”を楽しみにするファンまで現われています」(韓国の全国紙記者)

 韓国民が唖然としたのは、この壁新聞に捜査当局が動き出したことだ。

「大統領への侮辱罪に当たるとして、ソウル警察庁が内偵捜査を始めたのです。事実関係を調べ、近く正式捜査に切り替えるか決定する。これには現地メディアも『無理な法適用だ』と猛反発しています。学生による単なる風刺で、そもそも壁新聞は“ほめ殺し”なので侮辱にあたる言葉がない。政権の顔色を窺った警察の暴走です」(同前)

 なお朝鮮日報は、今回の壁新聞について、〈この国の現状を正確に指摘している〉と、社説でその中身に“お墨付き”を与えている。

 4月11日のトランプ大統領との会談が2分で終わり、文大統領の外交手腕が改めて問われる中、今度は国家権力が暴走──国民の支持は下がるばかりだ。

※週刊ポスト2019年5月3・10日号

あわせて読みたい

「韓国」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    武漢閉鎖 中国の感染対策に懸念

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    減るべくして減った日本人の賃金

    城繁幸

  3. 3

    東大卒は経済的勝者になれない?

    内藤忍

  4. 4

    1億5000万円の衝撃 河井議員疑惑

    大串博志

  5. 5

    ブレグジットで英BBCが危機状態

    小林恭子

  6. 6

    e-Taxの確定申告 認証設計に不安

    tokyo editor

  7. 7

    武漢から帰国の日本人が語る変化

    AbemaTIMES

  8. 8

    進次郎氏育休に純一郎氏が激怒か

    NEWSポストセブン

  9. 9

    眞子さまが詠んだ小室氏への思い

    NEWSポストセブン

  10. 10

    米作家 人口減少は日本に利ある

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。