記事

「マジンガーZ」や「デンジマン」の歌も……小池一夫のもうひとつの偉業 「子連れ狼」だけじゃない - 岩佐 陽一

1/2

『ルパン三世』(’67年)の原作者、モンキー・パンチの訃報から数日と空かず『子連れ狼』(’70年)の原作者・小池一夫の訃報が届いた。新元号の令和を前に、二時代前となった昭和の大作家が二人も続けて亡くなったことで、つとに「昭和は遠くなりにけり」の感を強くする。


パリで開かれる「キャラクターアート MANGA パリ展」発案者で漫画原作者の小池一夫さん(2008年04月14日)

 去る2019年4月17日、漫画・劇画原作者、作詞家として著名な小池一夫が逝去した。死因は肺炎。満82歳だった。小池は1936年5月8日生まれの秋田県大仙市出身。本名は俵谷星舟、旧名は俵谷譲。モンキー・パンチは絵とストーリーの両方を描く原作者だったが、小池一夫は漫画・劇画の設定とストーリーを担当する、言葉の意味合いどおりの原作者だった。

 先に『巨人の星』(’66年)や『タイガーマスク』(’68年)等で世を席巻した梶原一騎ともども“漫画(劇画)原作者”の知名度を上げ、広く世間に浸透させた。“一夫”の筆名は1976年からでそれまでは“一雄”名義で筆を執っていた。後進の育成にも力を注ぎ、幕末の思想活動家・吉田松陰の私塾・松下村塾にちなんだ“劇画村塾”を開設。高橋留美子、原哲夫、堀井雄二、さくまあきら、山本直樹らの才能を輩出した。その業績の多くは先の『子連れ狼』を筆頭に『御用牙』(’70年)、『修羅雪姫』(’72年)、『弐十手物語』(’78年)など主にアナーキズム溢れる時代劇作品に集約されるが、そのいずれもが幾度も映画やテレビドラマ化され、映画監督のクエンティン・タランティーノやジョン・ウーなどに世代・国境を超えて愛され続けている。

あわせて読みたい

「漫画」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    大阪警官刺傷 子ども移動控えて

    橋下徹

  2. 2

    香港デモ 怒り背景に中国不信も

    BLOGOS編集部

  3. 3

    朝日の信頼度 今年も全国紙最低

    島田範正

  4. 4

    イランが日本船を狙うのは可能か

    木走正水(きばしりまさみず)

  5. 5

    雅子さまと明暗分かれた紀子さま

    NEWSポストセブン

  6. 6

    よしのり氏 なぜ休日増やすのか

    小林よしのり

  7. 7

    老後2000万円批判は大人の居直り

    AbemaTIMES

  8. 8

    老後2000万円 大本営発表状態に

    大串博志

  9. 9

    宮内庁楽部のNO.2が教え子と不倫

    文春オンライン

  10. 10

    報道のWEB有料購読 浸透せず苦境

    ロイター

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。