記事
  • ヒロ

どこに向かう、日産とルノーの戦い

ルノーが日産に対して4月に経営統合を申し入れていたことが分かったと報じられています。3月にルノーのスナール会長が経営統合についてはいったん棚上げというスタンスを受け、日本での会議は成功裏に終わったという印象が強かっただけに今回の経営統合を申し入れていたというニュースは違和感を感じます。

報道では日産はこの申し入れを拒否するだろうと報じています。個人的には日産をめぐる話がなぜ二転三転するのか、ここが気になります。

4月19日に日経は「日産、世界生産15%減 19年度計画 9年ぶり低水準 」と報じました。これに対して日産側はそんな話はない、と全面否定、同社は「5月の決算説明会の際に生産計画は発表する」と反論しています。おそらく時々ある日経のチョンボだった可能性もあり、ブルームバーグなどでは誤報だったのでは、と憶測されていますが、販売が順調ではない印象は強く与えました。

仮にどんな形にしろ、4月中旬に日産に弱気の見通しがあったとすればルノーが「だからやっぱり経営効率を上げよう」と切り返してくる余地を作ったという見方はできます。そのルノーも18年12月決算は純利益が前年比36%落ち込んでおり、その主因が日産にあると分析されています。つまり、子がこければ親もこけるという体質が根本にあり、ルノーとしてはどうにかして子供をフルコントロールできる親権を確保したいという希望があるのでしょう。

そして、更にその後ろにはフランス政府という筆頭株主、そしてフロランジュ法という長期株主の議決権を2倍にするという国家主導型で面倒な支配関係が見え隠れします。

そのフロランジュ法を主導したマクロン大統領はどうなのでしょうか?不人気だった同大統領の支持率は12月頃に底打ちし、現在ではある程度盛り返してきているようです。フランスを取り巻く問題は山積していますが、現時点でマクロン大統領の政治生命が絶たれるような状況は想像しにくいかと思います。

では日産の本業はどうなのでしょうか?印象としてはヒットに恵まれない状態が続いているとみています。日本では「ノート」が18年度爆発的に売れましたがこのe-POWERのついた車は日本のみの発売ですし、海外では「ノート」は正直ちゃちなクルマという印象があり売れているとは思えません。(私はレンタカー業を通じて常に「ノート」は在庫をもっていますが、白人顧客層からは敬遠されます。)

日産がトヨタのレクサスに対抗して作っているインフィニティ ブランドも正直、「ん?どんな車があったか?」と名前を挙げることすらできないのです。個人的にはインフィニティの本社を香港に移した2012年ごろからレクサスに完全に水をあけられたとみています。販売力も製品も失速です。先端技術なりデザインなりに「へぇ」と思わせる車が一つもないことは販売不振の主因の一つでしょう。

つまり日産が失ったものは魅力あるクルマ作りそのもののように見えるのです。挙句の果てに北米ではSUVばかり新車を出し、もはや何が何だかわからないほどSUVのラインナップが増えてしまっています。マーケティングそのものも散々な状態であります。

多分、この流れはゴーン氏体制の中で起きた話であります。もともとゴーン氏は「コストカッターだが、売る方はどうか」といわれていました。が、氏の手法は合併などを通じて個別車種の販売力ではなく、会社ごと買ってきて「ほれ、クルマ、売れているだろ!」というスタイルで日本の本質的やり方とは異なるものだったと思います。その間、日産は世界最大手の一つとして舞台に上がったもののさて、売れている車は何、といえば世界を制する大ヒットにはつながるものが少ない感じがします。

確かにゴーン氏が1999年に着任した時の手腕は瀕死の日産を救ったという意味で衝撃でありましたが、日本の会社に日本らしくない経営を持ち込んだことが異彩を放つ今のゴーンの亡骸である日産となったのでしょうか?

これから先、日本的経営で車づくりに専念し、数は二の次、質で勝負するのか、ルノーの求める数の論理を足し算と効率化で乗り越えるのか、究極の選択にあるとも言えます。個人的にはもちろん、前者、日本的生産の良さを取り戻してもらいたいと思っています。

では今日はこのぐらいで。

あわせて読みたい

「カルロス・ゴーン」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国すり寄り止まらぬ岩屋防衛相

    木走正水(きばしりまさみず)

  2. 2

    ラオスのダム決壊 韓国と協議中

    tenten99

  3. 3

    妊娠で退学 祝福されぬ高校生母

    田中俊英

  4. 4

    堀江氏の恋愛論 ケチはモテない

    GOETHE[ゲーテ]

  5. 5

    「面接大喜利」得意な学生は淘汰

    シェアーズカフェ・オンライン

  6. 6

    糖質制限をめぐる異なる説に困惑

    諌山裕

  7. 7

    水沢アリーが暴露したTV業界の闇

    NEWSポストセブン

  8. 8

    老人より事故多い若者 対策急げ

    毒蝮三太夫

  9. 9

    嫌韓が高齢者に多いのはなぜか

    WEDGE Infinity

  10. 10

    丸山議員「絶対に辞められない」

    AbemaTIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。