記事

「朝6時に挨拶儀礼」私立教員の劣悪待遇

1/2

2019年1月7日、東京都千代田区の私立高校・正則学園高等学校の教員25人がストライキを行った。毎朝6時から行われていた理事長への「挨拶儀礼」を拒否したのである。なぜ教員たちはストに訴えたのか。NPO法人POSSE代表で、雇用・労働政策研究者の今野晴貴氏が解説する――。 教師たちが提出した「傘連判状」(画像提供=今野晴貴)

■中学校での「勧誘の業務」も課せられる教員

今年の1月7日、東京都千代田区にある正則学園高等学校という私立高校の教師たちが、個人で加入できる労働組合「私学教員ユニオン」に加入し、ストライキを行った。また、1月11日には、東京都文京区にある私立高校、京華商業高等学校の非正規教員2人が同ユニオンに加盟し、1月18日にストライキを行っている。

昨年度末にかけて、私立学校の教師たちが相次いで労働争議を起こしていたのだ。このことはメディアでも大きく取り上げられたが、問題の本質に触れる報道は少なかった。なぜ今、私立学校で問題が起きているのだろうか。本記事では、私立学校の教員のストライキが相次いだ背景を探っていきたい。

ストライキが相次いだ第一の背景には、人員削減の結果、私立学校の正規教員たちに多様な業務が課されることによって生じた過重労働の問題がある。例えば、私立学校では、多くの生徒を獲得するために他校との差異化が図られ、中学校などでの勧誘の業務が教師に課されるようになっている。

また、進学実績を上げるために補習の実施が求められることも多い。その結果、一人の教員が担当する授業が増えているにもかかわらず、教員の増員はされない。むしろ、人員が削減されるなかで新たな業務が課されている場合が多いのだ。

■私立学校が抱える「教員の非正規雇用問題」

第二の背景に、私立学校に広がる教員の非正規雇用問題がある。冒頭で触れた京華商業高校のストライキは、年度いっぱいでの非正規教員の雇止めに反対して行われた。また、私学教員ユニオンは3月8日、非正規教員への不当な雇い止めを問題に、安田学園中学校・高等学校に団体交渉の申し入れを行っている。

「教育」という極めて重要な社会の基盤が、低賃金・細切れ雇用の非正規教員により支えられている……。違和感を抱く方は少なくないはずだ。

このような正規教員の過重労働と非正規教員の低賃金・不安定雇用の問題の両方が原因となってストライキが起きたのが、冒頭に述べた正則学園高校だ。

■1日の労働時間は「約14時間半」に及んだ

同校の専任教諭(正規教員)の長時間労働は、過労死ライン(月80時間残業)を優に超える月100時間以上であった。朝6時半頃から夜9時頃まで休憩もなく働き、1日の労働時間は約14時間半。帰宅時間が終電間際になったり、学校に泊まり込んだりする教員もいたという。

長時間労働の結果、精神的余裕がなくなり、体調を崩してしまう教員も続出した。このような状態では、生徒に対して十分な教育やケアを行うことは難しくなる。

その上、早朝6時半からの理事長への「挨拶儀式」が義務付けられており、さらに教師たちを疲弊させていた。この「儀式」は、数十人の教職員全員が理事長室の前の廊下に一列に並び、一人ひとり理事長に挨拶をするというものであった。

また、同校は非正規雇用の問題も抱えていた。非常勤講師の賃金は授業時間1コマに対して約2000円のみで、授業以外の授業準備・教材研究、試験作成・採点、講習などはすべて未払いだった。

ほぼフルタイムで働いても、月の手取りは15万程度で、最低賃金水準の収入であった。その上、私学共済(私立学校の教職員を対象とした健康保険と年金の制度)には加入させず、一年ごとの有期雇用契約で、将来の見通しが立てられない状態にあった。

このような不安定な待遇に置かれ、十分に教育に集中することができるのだろうか。疑問を感じざるを得ない。

■理事長への早朝の「挨拶儀礼」を拒否

正規教員の過重労働と教員の非正規化が「教育の質」を低下させ、生徒の教育に悪影響を与えていることは、現場の教師たちにとって明らかであった。このことこそ、正則学園高校の教師たちが立ち上がりストライキに踏み切った一番の理由だったという。

こうした問題を改善するため、教師たちは私学教員ユニオンに加入し、ストライキを行った。具体的には、上述した理事長への挨拶儀礼を拒否したのである。

もしこの儀式がなければ、授業の準備や教材の研究、生徒のフォローなど、さまざまなことに時間を使える。この「無益なサービス労働」の強要に、教師たちの我慢は限界を超えていたのだ。なお、このストライキには教員25人が参加し、授業などには影響をだしていない。

教師たちは、単に自分たちの待遇改善を求めているのではなかった。「理事長のためではなく生徒のために時間を使いたい。そのために学校の体質を改善したい」。このような想いこそ、彼らがこのような行動に出た理由なのである。

あわせて読みたい

「非正規雇用」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    国内外で「ナカムラ」の死悼む声

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    年収10倍のマイホーム購入は危険

    内藤忍

  3. 3

    野村克也氏「イチローは超一流」

    幻冬舎plus

  4. 4

    韓国で成功諦める低所得層の実態

    ロイター

  5. 5

    韓国より低成長 認めぬ安倍首相

    PRESIDENT Online

  6. 6

    馬毛島の買収は高評価されて当然

    原田義昭

  7. 7

    森ゆうこ氏の情報漏洩は人権侵害

    塩崎恭久

  8. 8

    口座手数料より銀行がすべきこと

    内藤忍

  9. 9

    よしのり氏 中村医師の死は残念

    小林よしのり

  10. 10

    中村医師「裏切られても憎まず」

    小沼 大地

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。