記事

「正しい介護」をしていても人間は不死身にはなりません

文春記事です。
「ドーナツで窒息死」ベテラン准看護師に有罪判決の波紋 無罪を求める署名は40万超え

特別養護老人ホームで急死した85歳の認知症患者の事件です。まずはお悔やみ申し上げます。

女性に「異変」が起きたのは12月12日。そして翌年1月16日、おそらく延命処置をしながらの死亡が予想できます。死亡診断書には直接の死因が「低酸素脳症」、その原因が「来院時心肺停止」と記載されているとのことです。そうすると病院では正直なぜ死んだのかはわからないというのが現実です。(来た時にはもう死んでいて、心肺は一度は戻ったがそれまで)だから「不審死」ということなんでしょうが。
>「食事や入浴、排泄などで常に介護が必要な方をお世話します」
>「20人前後を1ユニットとして、生活の場であることを大切に、手と目が行き届いた介護をめざしています」
手と目が行き届いた介護、それは以前転倒している認知症高齢者の不死身、異変の防止を約束するものではないです。でも文面から印象を受ける、正しい介護をしていれば人間はおかしくならないという考えがみえてしまいます。
>裁判の争点は2つ。(1)女性の死因が「窒息死」だったのかどうか、②山口被告に「過失」があったのかどうか
まあ「窒息死」、つまらせたことで死亡した、つまりドーナツを食べさせていたのに注意をしていなかった、それは過失でちゃんと介護すれば予防できたかという点が一番のポイントです。
>窒息死の前兆となる「むせり」「もがき」がなかった
だから窒息は予想できなかった。本当に患者さんに正しい嚥下等の反射ができる機能がある程度残っている方なら、この「むせり」「もがき」は出てくれたでしょう。ただ機能が衰えてしまえばこの反射は出ないことがありますし、逆に出ないような人はいつものをつまらせてもおかしくないでしょう。そう高齢者の「窒息」は正直予測はむずかしいのです。同様に心臓や脳などの他の疾患の突然の出現も予測できません。そう子供と同じように高齢者の急変は予想はつきにくいです。
>女性へのおやつは、より柔らかいゼリー系にすると決まっていた
実際専門家によれば、ドーナツ、菓子パンはつまりやすい食事だそうです。ではなぜゼリーではなくドーナツが彼女に投与されたのか。この記事ではよくわかりません。少なくとも配膳含めてこの人個人の問題ではなく、あったとしても組織の問題がします。
>「全ての責任が被告にあるとも言い難い」として「非難の程度は必ずしも大きくない」と表現した。有罪判決はやむを得ないまでも、山口被告には同情できる
つまらせて窒息、それを見逃した事による不適切な介護、個人の過失による死亡という構図。わからないでもないですが、「正しい介護」をしていても人間は不死身にはなりません。であればこの方個人の有罪判決はやはりやむを得ないのでしょうか。

いつか人間は必ず死ぬのに、急変の予防が物理的に不可能であっても、「正しい介護」をおこなっていないから罪になる。「正しい介護」っていったいなんなのでしょう。私には司法が要求しているものは不可能という言葉しか浮かびません。不可抗力という概念は司法にはないのかな。もちろん専門家からみれば後出しジャンケン的過失なのかもしれませんが。

あわせて読みたい

「老人ホーム」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    山中教授が「被害者」になる日本

    やまもといちろう

  2. 2

    神奈川HDD流出 社長辞任させるな

    山口利昭

  3. 3

    糖質制限を覆す研究 Nスぺに驚き

    NEWSポストセブン

  4. 4

    支持率に影響出ない桜見る会問題

    非国民通信

  5. 5

    行き詰まる韓国 中国に寝返るか

    ヒロ

  6. 6

    グレタさんCOP25で西側政府糾弾

    ロイター

  7. 7

    麻生大臣が「安倍4選」に初言及

    文春オンライン

  8. 8

    悠仁さま後見役はなぜ佳子さまか

    女性自身

  9. 9

    読解力低下 背景にスマホ普及か

    幻冬舎plus

  10. 10

    元楽天・一場 自己破産していた

    SmartFLASH

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。