記事

国公立大医学部に異変 「東大・京大より地元医学部」顕著に

大学受験で地方の国公立大医学部を目指す傾向が年々強まっている

 医師不足が叫ばれて久しいが、近年の大学受験を振り返ってみると、国公立大学の医学部人気が続き、各大学とも定員を増やしているという。その背景とは何か──。大学通信・常務取締役の安田賢治氏が、「国公立大学医学部合格高校ランキング」とともにレポートする。

 * * *

 国公立大医学部人気が続いている。特に西日本を中心に進学トップ校での人気が高い。きっかけとなったのは、医学部の定員増だ。

 2006年に医師不足が深刻な自治体を対象に「新医師確保総合対策」が実施され、さらに2007年に「緊急医師確保対策」により全都道府県での定員増が認められるようになった。その結果、2008年から医学部定員が増え、その後も増加が続いている。

 この対策が始まる前に7625人が定員だったが、今年は9420人になった。この間1555人、20%以上定員が増えたことになる。医学部を新設した東北医科薬科大、国際医療福祉大を除き、全大学が定員を増やしている。

 もっとも増やしたのは順天堂大で90人から50人増えて140人になった。国公立大では福島県立医科大が80人から130人、筑波大が100人から140人に増やしている。

 いうまでもなく医学部は最難関学部だが、定員が増えている一方で、少子化により受験生数は減っていることから、国公立大医学部が以前より入りやすくなった。受験生も難関大の理学部や工学部に進学しても、大学院に進学するのが当たり前になりつつあり、修業年限が6年なら国公立大の医学部に進学しようとの考えが広がっていった。そのうえ、近年の高校生は「困っている人を助けたい」考えが強く、医師はうってつけの職業だ。

 それだけではない。保護者の考えが変わってきたこともある。少子化で子どもの数が少なく、できるだけ手元に置いておきたい気持ちが強くなった。受験生も地元大学進学を第一に考えるようになったが、地方では優秀な理系学生の就職先が限られることも影響し、その結果、東大、京大の医学部を除く理系より、地元の国公立大の医学部を目指す傾向が強くなったのだ。しかも、医師免許を入手すれば、地元に戻って医師として働くことも可能だ。

 難易度でも東大、京大の理系に合格できる力があれば、合格可能な国公立大医学部は少なくない。特に手に職をつけたいと考える女子受験生に、医学部人気が高まっている。その結果、東大、京大より医学部との考えが強くなってきた。東大の地元関東地方からの入学者が増えている。

 また、中高一貫校では保護者が医師という場合も多く医学部人気は高い。最近では難関中高で、文系、理系分けの際に理系を選ぶ生徒が多いという。進路指導教諭が「増えているのは理系というより医系」というほどの人気ぶりだ。山中伸弥京大教授が2012年にノーベル生理学・医学賞を受賞したことも人気に拍車をかけた。医学の分野で研究という道もあることが分かったからだ。

 その人気の国公立大医学部に強い学校はどこなのだろうか。

 トップは12年連続で東海(愛知)で、今年は116人が合格している。男子校で、日本でもっとも医師を生み出している学校だ。内訳を見ると、地元の名古屋大に29人、名古屋市立大に23人合格している。この2大学では全国トップの合格者数だ。他にも近隣の三重大9人、岐阜大8人で、東海地区の大学で合格者の6割近くを占めている。

 2位は灘(兵庫)の90人。京大26人、東大理III 21人、大阪大10人など。この3大学は全国トップの合格者数だ。今年は卒業生219人中、文系は30人未満だったという。8割以上が理系で、医学部志望者が多かった。医学部現役合格者は58人で、全国トップだった。

 3位は洛南(京都)の78人だ。元は男子校だったが、共学化後、医学部合格者が増えている。洛南は長らく京大合格者数トップだったが、ここ2年は大阪の府立高の北野にトップを奪われている。この4年は国公立大医学部合格者数が京大合格者数(京大医学部合格者を両方とも含んでいる)を上回っている。やはり医学部人気が高い。

 4位はラ・サール(鹿児島)の68人、5位は開成(東京)の65人、6位は甲陽学院(兵庫)の63人だ。ここまではすべて私立の中高一貫校で、洛南を除くとすべて男子校だ。

 7位は公立の札幌南(北海道)と久留米大付設(福岡)の56人。札幌南は北海道大21人、札幌医科大22人で、この2大学の合格者数トップだ。旭川医科大にも9人が合格し、北海道の3大学で合格者の9割以上を占め、強さを発揮している。

 9位は東大寺学園(奈良)、10位は昭和薬科大附(沖縄)で、開成を除くとすべて首都圏外の学校だ。首都圏には国公立大医学部の設置が少ないこともある。東京に2校、千葉に1校、神奈川に1校の4校しかない。近畿の2府4県には、8校も設置されている。この差は大きいようだ。女子校トップは13位の四天王寺(大阪)の46人、次いで20位の桜蔭(東京)の39人だった。

 大学別の合格者トップ校を見ると、医学部のある50大学のうち、地元の学校以外がトップだったのは、東大、京大、大阪大の灘、千葉大の開成、奈良県立医科大の大阪星光学院(大阪)の5大学だけだ。他は地元のトップ校が合格者数1位だ。

 なぜ地元高校が強いかというと、医師不足に悩む自治体にある大学では地域枠を設け、地元の受験生を優遇しているためだ。他県から受験に来て、地元に定着しない医師を減らすことが狙いだ。そのため、今までトップ校からしか医学部合格が厳しかったが、最近では2番手校からの合格者が増え、医学部合格校のすそ野が広がっている。

 国公立大医学部志望者にスベリ止めはないと言われる。それは学費の問題だ。

 初年度納入金が国立大では標準額で81万7800円だが、大学通信によれば、私立大では平均で738万にもなる。およそ国公立大の9倍で、6年間で3000万円を超える。この差を考えると、国公立大志望者が私立大を併願するのが難しいことになる。

 今後も国公立大医学部人気は衰えそうもない。東大は地方からの受験生を増やそうと躍起だが、地元国公立大の医学部に地方の優秀な受験生が進学する限り、なかなか思い通りにいきそうもない。

あわせて読みたい

「大学入試」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    国会前の官僚残業 最悪な展開に

    室橋 祐貴

  2. 2

    NHK大河が低迷 N国の追及を警戒?

    渡邉裕二

  3. 3

    キムタク新作 視聴率12.4%低調か

    NEWSポストセブン

  4. 4

    即位の礼知っておきたいポイント

    SmartFLASH

  5. 5

    すいません禁止 飲食店が話題に

    AbemaTIMES

  6. 6

    日本が財政破綻へ? カギは少子化

    永江一石

  7. 7

    小室哲哉 KEIKOに離婚求め調停中

    文春オンライン

  8. 8

    教員いじめ 校長は刑事告発せよ

    上田令子(東京都議会議員江戸川区選出)

  9. 9

    即位の礼で改めて考える天皇制

    ヒロ

  10. 10

    女は21歳までや TOKIO城島の口癖

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。