記事

大阪府知事、市長選挙で自民党候補が負けたのは共産党が自首支援したから? ではなかった

衆議院議員大阪12区の補欠選挙では、自民党公認候補は維新の会に敗れ去りました。

 その前に行われた大阪府知事選挙でも大阪市長選挙でも自民党候補は敗れました。

 特に両首長選挙は、維新の会以外の政党が共産党も含めて、自民党候補を支援しました。大阪「都」構想に反対するためです。

 大阪「都」構想という新自由主義に基づく効率優先という発想で自治体の基礎組織を破壊してしまおうという政策の是非が問われた選挙です。そうした政策に賛成か反対か、これが大きな争点ですから、自民党と共産党が同一候補を推すということも十分に理由があります。共産党は、自主支援です。共産党が前面に出ると保守票が逃げていくという自民党側への配慮です。

 しかし、それでも右派議員が反発していたんですね。自主支援であろうと共産党の支援を受ければそれだけで保守票が逃げると。

大阪ダブル選挙に共産党の自主支援は迷惑? 本音は維新の会に当選させたいのかな 極右の長尾敬議員

 劣勢が伝えられるや、自民党は必至になって共産隠しに奔走していたわけです。

 結果は、自民党候補の惨敗。

 この原因は共産党が自主支援したから?

 大阪12区の補欠選挙の出口調査の結果が興味深いデータを示してくれています。

自公の協力、ほころび 出口調査分析 衆院2補選」(朝日新聞2019年4月22日)

 自民党支持層が自民党候補に投票 66%

 公明党支持層が自民党候補に投票 65%

 共産党は独自に無所属候補を立てています。共産党が支援したからではなく、最初から自民党票が維新の会に逃げていたということです。

 大阪市長選挙でも、自民党候補に投票したのは自民党支持層の50%だそうで、同じような結果が出ています。

自民票、維新へ流れる 大阪ダブル選出口調査」(産経新聞2019年4月7日)
「自民と公明党大阪府本部などの推薦を受けた柳本顕氏には、公明支持層の83%、自主支援した共産支持層の72・2%が投票したものの、自民支持層は50%しか固め切れなかった。」
 このようにみてくれば、共産党が支援したから票が逃げたわけではなく、最初から逃げています。共産党の自主支援もなく、独自候補を擁立していたら、全く勝負にならなかったという情勢でした。

 共産党の支援というだけでは自民党票が逃げたわけではないという結果です。

2019年4月14日撮影 もう春ですよ!


 他方で共産党にも課題を残しました。大阪12区の補欠選挙で現職の議員を辞職させて無所属で擁立するという奇策は不発に終わりました。自由党、社民党の支援はありましたが、立憲、国民は前面には出ませんでした。もともと維新の会の優勢が伝えられていた選挙でしたから、こうした投票結果になるのもやむなし、また立憲や国民が全面支援しなかったのも結果を見通してのことだったのかもしれません。

 前掲朝日新聞では共産党幹の「無所属にしてもうちの色が出るということになるなら、参院選でも同じ結果になる」という分析を伝えています。

 これは以前から言われていたことでもあり、民進党(民主党)と共産党で候補を一本化するとき、民進党候補に一本化するのと共産党候補に一本化するのでは票の出方は全く違っくるということです。

共産党が要求をエスカレートさせている これでは選挙協力が壊れる 共産党に自重を求める

 来たるべき参議院選挙では特に1人区での候補者一本化は絶対の要請ですが、こうした状況も視野に起きつつ、野党各党は選挙協力を進めていく必要があります。

あわせて読みたい

「大阪都構想」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    国会前の官僚残業 最悪な展開に

    室橋 祐貴

  2. 2

    NHK大河が低迷 N国の追及を警戒?

    渡邉裕二

  3. 3

    キムタク新作 視聴率12.4%低調か

    NEWSポストセブン

  4. 4

    即位の礼知っておきたいポイント

    SmartFLASH

  5. 5

    すいません禁止 飲食店が話題に

    AbemaTIMES

  6. 6

    日本が財政破綻へ? カギは少子化

    永江一石

  7. 7

    小室哲哉 KEIKOに離婚求め調停中

    文春オンライン

  8. 8

    教員いじめ 校長は刑事告発せよ

    上田令子(東京都議会議員江戸川区選出)

  9. 9

    即位の礼で改めて考える天皇制

    ヒロ

  10. 10

    女は21歳までや TOKIO城島の口癖

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。