記事

中国が世界でばらまく「広告」の正体 「チャイナ・ウォッチ」をただの「広告」と思うことなかれ(前編) - 桒原響子 (未来工学研究所研究員・京都大学レジリエンス実践ユニット特任助教)

1/2

「China Watch(チャイナ・ウォッチ)」

さて、これが何かをご存知だろうか?

「チャイナ・ウォッチ」は、ワシントン・ポストやウォール・ストリート・ジャーナル等、米国を中心に、世界中の有力新聞の中で、目にする機会が増えたと感じるようになった。そこで取り上げられている内容は政治・経済・社会・文化といった時事ネタが中心で、紙面の構成まで、普通の新聞と何ら変わりない。

しかし、これは前述の大手新聞社が発行している新聞ではない。中国のプロパガンダなのである。中国政府が発行するもので、米国等の有力新聞社に資金を投じることで、彼らが発行する新聞の中に紛れ込ませて購読者の手に渡るよう、計算されて作られている。「チャイナ・ウォッチ」は、各国からプロパガンダ・キャンペーンと批判されている、中国のパブリック・ディプロマシー(PD)の一戦術なのである。

今回は、前編と後編の2回に渡って、「チャイナ・ウォッチ」の正体に迫ることとしよう。

[画像をブログで見る]

「正しい」情報に特化したプロパガンダ・キャンペーン?

「チャイナ・ウォッチ」は、中国政府が運営する英字新聞社「China Daily(チャイナ・デイリー)」が発行する「広告」だ。新聞記事で構成されているように見えても、新聞ではない。しかし、「広告」といえども、一般的な広告などではない。

チャイナ・デイリー社は、1981年に北京で設立され、2009年9月にニューヨークに進出して以降、徐々に規模と活動を拡大させ、今ではワシントン、シカゴ、サンフランシスコ、ヒューストンといった米国の大都市において支局を展開するまでとなった。

中国は、その経済成長を武器に、米国の大手新聞社に対する影響力を拡大し、自国にとって都合のいい情報ばかりを現地で報道させることで、米国の世論づくりに影響を与えてきたのだ。

そのチャイナ・デイリー社が発行するものの一つが、今回のテーマである「チャイナ・ウォッチ」なのである。「チャイナ・ウォッチ」と題する「広告」記事が新聞記事と混じって掲載されたり、折り込み式広告として海外の大手新聞に差し込まれたりしている。

ではなぜ、中国がここまで米国紙に影響力を持っているのだろうか。それは、中国政府、そして中国共産党がニューヨーク・タイムズとワシントン・ポストの紙面を定期的に買っているからだ。

昨年末、英国紙ガーディアンが、こうした中国のPDを「プロパガンダ・キャンペーン」として、最新状況を報じた。その記事によると、中国のこうした「広告」の目的は、“Tell China's story well”、つまり「中国を正しく伝える」ことだという。

中国共産党の管理の下、中国国内にはむろん「報道の自由」がない。その一方で中国は、「報道の自由」の脆弱性を突いて、海外の主要新聞メディアを利用し、自国にとって都合のいい報道、つまりは「中国を正当化する報道」のみを伝えるという、大胆な世論工作を行っているというのだ。

中国がこの方策を展開し始めたのは、つい最近のことである。実はこれまで、中国の世論工作は国内社会をターゲットにしたものがほとんどだった。チベット問題、台湾問題、天安門事件など、中国が世界から批判されており、このような中国が触れてほしくない、つまり中国の悪いイメージが海外で伝えられている情報は、国内ではことごとく排除され、中国国民の目や耳に入らないよう情報統制されてきた。いわば、「防御的」世論工作だ。

それが、この10年あまり、中国はその方策をより洗練させ、攻撃的な戦略へと舵を切り出した。つまり、ターゲットを国際社会にした「攻撃的」世論工作である。その手法が、世界中の情報環境に資金を投入し、対外的に中国がポジティブで好印象と映るよう、中国に関するニュースを操作させるというものなのだ。それが、“Tell China's story well”というわけである。

日本が標的に!
米国で尖閣巡りプロパガンダ・キャンペーンを展開

「チャイナ・ウォッチ」の存在が日本国内でも知られるきっかけとなったのは、2012年9 月11日の日本政府による尖閣諸島の国有化である。これに対し、中国がすぐさま激しく反発したのは、記憶に新しいところだろう。

実は、その直後の2012年9月28日、ニューヨーク・タイムズおよびワシントン・ポストの有力新聞が中国の尖閣諸島に関する「広告」を同時に掲載した。しかも、「尖閣諸島は中国のものだ」といった報道ぶりで、だ。

両紙は、これまでも「チャイナ・ウォッチ」を数多く掲載してきたが、この回に限っては日本の安全保障の立場にとって大変不利になる深刻なネタであり、そういった書きぶりがなされていた。

広告の大見出しは「尖閣諸島(中国語原文では釣魚島)は中国に帰属する」とされ、誌面の中央には、巨大な尖閣諸島の写真が掲載されていた。その写真の周りをぐるりと囲むような格好で、尖閣が中国の領土である理由等が、かなりの分量で書かれていた。そして両紙は、紙面区分が報道に見えるよう、つまり、一般紙面に完全に紛れ込ませた格好で、2ページ見開きでこれを掲載した。

新聞の字は細かい。両広告とも最上段に小さく「広告」と記されてはいるが、その直下にでかでかと「China Watch(チャイナ・ウォッチ)」「China Daily(チャイナ・デイリー)中国日報」とあるため、「広告」の主張は全くと言って良いほど目立たない。いや、むしろわざと目立たなくしているのだ。目を皿のようにして隅々まで読まないと、普通の新聞記事、つまりそれが「ニューヨーク・タイムズ」だったり「ワシントン・ポスト」の報道記事であるかと思い込みかねない。

これが、中国の「広告」戦術の一つである。この戦術における中国の狙いは、米国政府ではなく、米国民だといえる。米国政府は「尖閣諸島は日本の施政権下にあり、日米安全保障条約の適応対象となる」との立場を示しているが、米国政府の政策決定に影響を与える米国民に対し「尖閣諸島は中国のものである」との宣伝工作を仕掛けることによって、米国世論を味方につけようというのだ。

中国は「船」を借り、米国、そして、世界へ

中国は、なぜ自国のメディアを使って海外の世論に直接働きかけないのだろうか。それは、中国が世論づくりの構造をよく理解しているからだろう。自分にとって「正しい」情報を伝えるにも、伝え方を誤ると、逆にそれが相手に独りよがりに映ってしまい、せっかくの広告が反感を買うだけの結果に終わってしまう。

そこで、中国がとっている方法が、“Borrowed boats strategy”、「借り船戦略」である。「借りた船」、つまり、他国の報道機関(=船)に、自国の宣伝・世論工作を載せる(乗せる)戦略を指す。チャイナ・デイリー社は、少なくとも海外の30社以上の新聞社と契約しており、毎回、4~8ページに渡る広告「チャイナ・ウォッチ」を各新聞に折り込んでいる。

こうした手法はあからさまなプロパガンダともみられ、効果などないように思えるが、実際、この「借り船戦略」が、世界中の主要都市新聞にまで進出しているという実績もある。

ガーディアンの昨年末の報告によれば、中国のプロパガンダ戦略は、北米、欧州、豪州への進出が最も顕著であり、とりわけ中国が一番重きを置いている北米に関しては、上述の「広告」印刷部数は、ニューヨーク・タイムズ1,700,000部、ウォールストリート・ジャーナル1,300,000部、ロサンゼルス・タイムズ1,600,000部と、桁外れに多い。(ちなみに、ワシントン・ポスト910,000部、デモイン・レジスター164,000部、シアトルタイムズ611,000部となっている。)

現状では、上述の米国の主要新聞は、かなりの資金をチャイナ・デイリー社から受け取っているようだ。ガーディアンによると、チャイナ・デイリー社は2017年より、2,000万ドル以上を米国の新聞社につぎ込んでおり、着実に「チャイナ・ウォッチ」の浸透を図ってきたという。

世界中の大手メディアが、これほどまでに中国のプロパガンダ記事を自社の報道紙面に盛り込めば、購読者が、中国の広告をそのメディア側の主張であると勘違いをするのはやむを得ないだろう。実際、中国当局の「借り船戦略」は、信憑性の獲得を狙っていると考えられる。

中国のこうした戦略は、学術的にも裏付けられたものである。世論はメディアに影響を受けやすく、冷戦やベトナム戦争に関する報道は世論を大きく動かした。そして、メディアに影響された世論に影響を受けるのが政府であることは、広く認識されている。また、米国メディアに重きを置くことにも大きな意義がある。特にニューヨーク・タイムズに関しては、米国の著名ジャーナリストによれば、世界の報道の議題を設定する役割を果たしており、他のメディアは、ニューヨーク・タイムズが取り上げるニュースを見て、自紙の議題を設定して報道するとも言われる。

こうした世論とメディアの構造に鑑みても、政府を味方につけるために、まずは世論づくりに勤しむという中国のやり方は、非常に計算高く戦略的といえよう。

あわせて読みたい

「中国」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    千葉停電で数万円の発電機が活躍

    かさこ

  2. 2

    河野氏の停電対応 元医官が絶賛

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    真実知らされぬ韓国国民を心配

    小林よしのり

  4. 4

    韓国が戦略石油備蓄の放出検討へ

    ロイター

  5. 5

    韓国消える 文政権高官が危機感

    文春オンライン

  6. 6

    デビルマンに凝縮した戦争の真実

    SmartFLASH

  7. 7

    食材追求した料理人に農家で皮肉

    幻冬舎plus

  8. 8

    「愛」を描いた京アニ映画を称賛

    狐志庵

  9. 9

    世界大学ランキング 日本の課題

    ヒロ

  10. 10

    二宮和也 3億円新居で結婚決断か

    女性自身

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。