記事

費税アップ3度目の正直

 安倍政権はこれまで2015年、2017年と2回にわたり消費税を10%に上げることを延期してきた。いずれもアベノミクスによるデフレ脱却と景気回復が十分ではないとして、その都度国民に真を問う形で政策変更をしてきた。

 しかし2019年10月に予定している消費税引き上げは、景気動向を踏まえつつも不退転の決意、「三度目の正直」という意気込みで、政府与党として周到な準備をしてきた。増税による落ち込みを防ぐためのポイント還元、軽減税率の導入に伴う複数税率に対応するレジシステムの更新、さらには増収の一部を幼児教育・保育の無償化や高等教育の無償化に充てるための法的・制度的な整備を着実に進めてきた。

 足元の景気に翳りが感じられ始めた春先から、確かに政府与党内では税率引き上げのさらなる延期がささやかれ始めたのは否めない。しかし自民党の幹部から個人的な考えと断りつつも、「6月の日銀短観の数字が悪ければ延期もありうる」という発言が突然なされたことにショックを受けたのは、私だけではあるまい。

 仮に延期となると、これまで官民挙って進めてきた努力も水泡に帰すことになりるばかりか、教育・保育負担の軽減を待ち望んでいる多くの保護者を落胆させることは間違いない。また国内外のエコノミストや投資家には「増税出来ないほど日本経済の足元が弱っているのか」という負のイメージを与えかねない。

 確かに経済は生き物であり、今後何が起こるかわからない。リーマンショック規模で経済がシュリンクする可能性も否定できない。また当該発言には政局の複雑な駆け引きが含まれているのかも知れない。しかし長い目で見ると、増税延期は子供たちに借金のツケをさらに回すことになり、財政再建の旗印も捨て去ることになる。増税延期はメリットよりもデメリットの方が遥かに大きい。

 これからの日本経済は人口減少という制約を受け始めており、今回の消費税引き上げを延期した場合は、次回のタイミングを失いかねない。歴代内閣が消費税を巡って危機に瀕した例は多々ある。それほど消費税というのは、政治的に極めて難しい課題である。だからこそ安倍政権がこの難題に不退転の決意で臨み、用意周到に政策パッケージを実施し、それを成し遂げてこそ、評価が高まるのではないか。

あわせて読みたい

「消費増税」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。