記事

4月22日(月)ムネオ日記

 昨日投開票された衆院補選で、大阪12区では維新の候補者が、沖縄3区では野党系の無所属候補者が当選した。

 大阪については自民党議員の死去に伴う補欠選挙で、自民党は議席を失ったことになる。

 大阪府知事選挙、大阪市長選挙での大阪維新の勢いが継続された形である。

 沖縄は県知事になった玉城デニー氏の後継を決める選挙で、野党候補が勝って当たり前である。

 自民党にとって1敗0分けというところだろう。

特に大阪の場合、自民党議員の死去に伴う補欠選挙で、弔い選挙をするなら親子か兄弟、近い関係でなければならない。叔父、甥の関係では、今一つ同情が沸かない。こうした点も微妙に影響したのではないか。選挙は難しいものである。

 統一地方選挙第二ランド、新党大地が支援した現職は無事当選でき、新人では網走・苫小牧・旭川・名寄で当選することが出来た。

 残念だったのは帯広の宮野明秘書で、当選できなかった。出馬表明が3月28日とあまりにも遅かった。そして4月14日告示で、正味2週間での選挙入りは無謀と言われても仕方ない。それでも951票という尊い重い票を戴いた。心ある皆さんに感謝の気持ちで一杯である。

 統一地方選が終わり、次は夏の参院選挙、そしてもしかしたら衆院選挙もあるかもしれない。いかようにも対応できるように頭の体操をしっかりしておきたい。

 さまざまなシミュレーションを描いてその時を待ちたい。

あわせて読みたい

「統一地方選挙」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    丸山議員の診断出した医師に憤り

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    「ガイアの夜明け」にねつ造疑惑

    和田政宗

  3. 3

    スルガ銀行を助ける金融庁の本音

    大関暁夫

  4. 4

    専業主婦ではない無職人妻に同情

    キャリコネニュース

  5. 5

    乙武氏の義手・義足姿に大反響

    AbemaTIMES

  6. 6

    トランプ氏の対中政策は正しい

    奥山真司

  7. 7

    メイ氏辞任 EU離脱の元凶は何か

    舛添要一

  8. 8

    山口 移籍前夜の運営批判が波紋

    女性自身

  9. 9

    米中冷戦で日本は主戦場の可能性

    文春オンライン

  10. 10

    書類を即処分 桜を見る会の異常

    猪野 亨

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。