記事

美智子様の側で過ごした内掌典が生前明かした知られざる1日

結婚60年の祝賀行事を終えた天皇皇后両陛下(時事通信フォト)

 天皇皇后のご在位30年は、お二人のご成婚60年でもある。その長い年月の出発からの道程を、宮中で間近に見ていた人物がいた。昨年5月に94歳で亡くなった元内掌典の高谷朝子氏である。生前の彼女を数度にわたり取材したジャーナリスト、児玉博氏が、「美智子妃が在位の間は書かないでほしい」との約束のもとに秘めてきたエピソードを、知られざる宮中の様子とともに明かす。(文中一部敬称略)

【写真】元・内掌典の高谷朝子さん

 * * *

 日韓共同開催によるサッカーワールドカップの熱狂が日本中を包んでいたちょうどその頃、私はある宮内庁関係者に伴われて、皇居和田倉門から皇居に初めて足を踏み入れた。舗装された道をゆっくりと走る。しばらくすると、東京の中心にいることがウソのような、原生林かと見紛うほどの木々が繁茂する。真夏であっても、周辺より2度は気温が低いと言われる皇居の一端はこうした木々のためだろう。

 一般人が立ち入ることができぬ皇居の最深部に車を走らせていたのは、ある人物に会うためだった。名は高谷朝子。内掌典という、聞き慣れぬ肩書きを持つ78歳の老女である。

 内掌典──。ナイショウテンと読むこの肩書きは、「宮中三殿」と呼ばれる賢所(かしこどころ)、皇霊殿、神殿の3つの社にお祀りしている神々に仕える女性の内廷職員のことである。男性のそれは掌典と呼ばれる。この聞き慣れぬ役職を持つ人々は、宮内庁の職員とは違い、天皇が個人として生活の面倒を見ているのだ。

 賢所には天照大御神が、皇霊殿には神武天皇に始まる歴代天皇、皇后、皇族の面々が、そして神殿には天地神祇、八百万の神々が祀られている。

 外部からはまったく窺い知ることができぬ皇居の内側で、彼女ら内掌典と呼ばれる人々がどのような日常生活を過ごしているのか。天皇や皇族とはどのような関わりを持っているのか。そもそも、どういった者がそこにいるのか。興味は尽きなかった。

 車を降りると、目の前に木造の、お世辞にも立派とは言い難い建物が見えて来た。その畳敷きのおよそ8畳ほどの部屋で、正座姿で高谷は我々を迎えてくれた。もう80歳に手が届こうという年齢ではあったが、生成り色の着物に白髪を奇麗に結っていた。凛と伸びた背筋が印象的だった。

 型通りの挨拶をニコニコしながら聞いていた高谷は、「どうぞ。御上(おかみ)が3時にお上がりになられたものです」といって、恐らく東京・赤坂に本社を置く和菓子屋の羊羹をお茶と共に差し出してくれた。

「おかみ?」と怪訝そうな顔をすると、高谷は、「陛下のことですよ」とニッコリとされた。そう、宮中では天皇陛下は“御上”と呼ばれる。

◆昭和天皇と映画鑑賞

 内掌典の1日は朝6時の起床から始まる。宮中三殿に祀られる神々に仕え、そのため常に一般人が考えるならば過剰とも思えるほどに“潔斎(けっさい)”に努める。

 そして、祈る。

 トイレに入る時は着物をすべて着替える。出る時は桶の水で手を洗い、さらに水道水でも洗う。血は穢(けが)れとされ、血を流すような怪我をした時、生理になった時には仕事は一切しない。生理の時の日用品は、それ以外のそれとは峻別する。下半身には手を触れない。手が触れた場合は、その都度、水や塩で清める。

 足袋は地を踏む穢れなので、それに手が触れたら水、塩で清める。お金を触ったら清める。郵便物など外部から来た物に触ったら清める。布団は風呂敷に包んで出し入れする。床に直接は置かない。足は穢れなので、長い夜着で包むようにする。布団には直接触れてはならない。

 内掌典の重要な役目の一つが、御殿の御燈(ごとう)の油を継ぎ足すことだ。この火を消してしまうことは許されない。地震の時、内掌典はすぐに、それが真夜中であろうと御殿に行かねばならない。

 ゆえに、寝間着も昼間と同じ着物を着る。急に御殿に行く時は上の寝間着だけは昼着に着替えて御燈の無事を確認しに行く。会って何回目だったろうか、高谷はこの御燈にまつわるいささか神秘的なエピソードを教えてくれた。

 昭和天皇の病状が重篤となった時のことだった。御燈に油を注いでいた時、ふとその揺らめく、まさに幽玄な雰囲気の中で揺らめく火の向こう側に昭和天皇の姿が浮かびあがったという。高谷は、御上がお姿を見せてくれている、と感激に震えた。それが、病状が深刻になる毎に、その現われる姿が徐々に薄くなっていったという。

 高谷のもとには、ひっきりなしに若い内掌典が指示を仰ぎにやってくる。内掌典の仕事に文書化されたマニュアルはない。全ては口伝で教えられる。昭和18年に宮中に入り、57年間にわたって内掌典を務めた高谷はまさに生き字引だったのである。

 そして高谷は、宮中の目撃者でもあった。

 昭和20年8月14日。終戦前日。高谷は、皇居を近衛部隊の数十名の兵隊が大砲のようなものを引っ張るなど、喧しく走り回っていた姿を目撃する。後日、兵隊らは玉音放送の録音盤を奪おうとしていたことを知らされる。

 内掌典として宮中に入る時、念を押された一つが、一度宮中に入れば、親の葬儀以外に外には出られないというものだった。そうした内掌典を不憫に思って昭和天皇が配慮し、天皇らと一緒に映画やニュースを見るような機会を持ってくれた。

◆児玉博(ジャーナリスト):1959年生まれ。早稲田大学卒業後、フリーランスとして取材、執筆活動。著書に大宅壮一ノンフィクション賞(雑誌部門)の受賞作を単行本化した『堤清二 罪と業 最後の「告白」』(文藝春秋刊)、『テヘランからきた男 西田厚聰と東芝壊滅』(小学館刊)など。

※週刊ポスト2019年5月3・10日号

あわせて読みたい

「皇室」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    大阪警官刺傷 子ども移動控えて

    橋下徹

  2. 2

    香港デモ 怒り背景に中国不信も

    BLOGOS編集部

  3. 3

    朝日の信頼度 今年も全国紙最低

    島田範正

  4. 4

    イランが日本船を狙うのは可能か

    木走正水(きばしりまさみず)

  5. 5

    雅子さまと明暗分かれた紀子さま

    NEWSポストセブン

  6. 6

    よしのり氏 なぜ休日増やすのか

    小林よしのり

  7. 7

    老後2000万円批判は大人の居直り

    AbemaTIMES

  8. 8

    老後2000万円 大本営発表状態に

    大串博志

  9. 9

    宮内庁楽部のNO.2が教え子と不倫

    文春オンライン

  10. 10

    報道のWEB有料購読 浸透せず苦境

    ロイター

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。