記事

アニメ制作の長時間労働を抜本的に変えるつもりはないのか――「マッドハウス」現役社員インタビュー 自問自答の末、制作進行・Aさんは会社に団体交渉を申し入れた -「文春オンライン」編集部

1/2

 アニメ制作会社「マッドハウス」で制作進行として働くAさん。多い月には1カ月間の総労働時間が393時間に及び、帰宅途中に倒れ、救急車で病院に運び込まれることもあったという。

【図表】アニメ制作の流れと「制作進行」の業務

 現在、Aさんは、会社側に対して長時間労働の是正と未払い残業代の請求、パワハラの謝罪などを求めて団体交渉を申し立てている。その思いの丈を聞いた。

〈アニメ制作会社「マッドハウス」社員は月393時間働き、帰宅途中に倒れた〉と併せてお読みください。

『宇宙戦艦ヤマト』でアニメーターを志して

―― アニメ制作会社に入った経緯を教えてください。

 Aさん 一番のきっかけは、子どものころに『宇宙戦艦ヤマト』(1974年)を見たことでしょうか。家にレーザーディスクがありまして、幼稚園の頃から見ていました。基本SFアニメが好きなんです。

 もともと絵を描くのが得意だったこともあり、それで中学生ぐらいからアニメーターを志すようになりました。

― なぜ「制作進行」の職種だったのでしょうか。

 Aさん 美大の授業で実際に絵を1枚1枚描いて動かしてみて、アニメーターよりも作品全体への演出に興味が出てきました。妄想が好きなので絵コンテを描く際にそれを活かせたらなぁ、と(笑)。制作進行ならば、アニメーターと違って出来高制ではなく月給制ですし、TVアニメや劇場アニメの全制作工程に関われます。そこで、制作進行を経てアニメの演出になりたい、と個人的な職業目標を立てました。

現在もマッドハウスで制作進行として働いているAさん ©文藝春秋

「定時」は有名無実化しています

― マッドハウスについては、入社前と入社後ではイメージが変わりましたか。

 Aさん もともとは『時をかける少女』や『サマーウォーズ』など、私も知っている作品をいくつも手がけている大手の制作会社という印象でした。アニメ業界が激務だとは知識として知っていましたが、日本テレビの子会社ですし、会社説明会で社長や社員の方に実際に会って温和そうだったので大丈夫だろうと思っていました。ちょっと認識が甘かったですね。業界内では「マッドハウスはホワイト企業」と言われているそうですが……。

―― 就業時間の定時はあるのでしょうか。

 Aさん 就業規則上は10時から19時ですけれど、実際の出退勤は各自の判断にゆだねられています。ほとんどの社員は昼過ぎに出勤してきますが、基本的には後ろが長いので「定時」は有名無実化しています。

―― タイムカードはありますか。

 Aさん ウェブブラウザで出退勤を記録するシステムがありますが、みんな「どうせ残業代は出ないから」とあまり正確につけていない。私はきちんと記録していましたが。

もう二度と演出にはなれないんじゃないか……

―― 労働組合に入って、会社側と交渉するに当たっては、さまざまな反発もありそうです。

 Aさん 2019年3月にブラック企業ユニオンに加盟するまで、色々と悩み続けました。その間、労基署、弁護士、社労士、区の相談窓口とあちこちへ相談にも行きました。同僚や先輩後輩とはもう普通に話すこともできなくなるんじゃないか、勤務中に様々な嫌がらせを受けるんじゃないか、「組合の人間」というレッテルを貼られて転職もできなくなるんじゃないか、二度と演出にはなれないんじゃないか……。何度も自問自答しました。

 そうした中、社内で「働き方改革への対応」という説明会が開かれたのです。例えば、会社から「ホール会議室をラウンジに改装します」という提案がありました。労働時間を短くするかわりに勤務中に多く休憩を取ったことにして、「実働時間」を短くしたいという意図があるようです。

 他にも「土日出社で発生する代休を買い取ります」、「有給を5日必ず取得してもらいます」といった話がありましたが、どれも「そうじゃねぇよ!」と叫びたくなるようなトンチンカンな対応ばかり。「現在のアニメの作り方と制作進行の長時間労働を抜本的に変える取り組みをしないんだな」、「未払いの残業代についても放置するのか」と落胆して、今回の団交に踏み切りました。

「マッドハウスを潰すつもりか」という声もありますが、そういうつもりはまったくありません。きちんとした労働環境にしたい、という真っ当な思いだけです。

片っ端から電話をかけて原画マンに「営業」

―― なぜそこまで制作進行は激務なのでしょうか。

 Aさん アニメの制作には社内外の多くの人が関わっていますが、その全行程の調整役となるのが制作進行です。詳しくは概要を別表にまとめましたが、業務内容も多岐にわたります。

 とりわけ重要なのが、作画・撮影関係ですね。私たちは、脚本にもとづいて描かれた絵コンテができたら、知っているフリーランスの原画マンや中国、韓国の会社へ「営業」をかけます。片っ端から電話をかけて、「これできませんか」とお願いしていく作業です。1話分の300カットを10~20人に分担してもらうのです。

―― そこは固定のメンバーではないわけですね。

 Aさん 本当に自社作品くらい自社スタッフで作れないのかなって思いますよね(笑)。

 ほとんどの原画マンは、その都度集める「傭兵」のようなイメージです。原画は基本的に1カット4000円から5000円程度。だから、10カット描いたとしても5万円です。同じ1カットでも描いてもらう原画の枚数はシーンによって異なります。キャラクターが首から上しか映っていなくてパクパクしゃべっているだけなら簡単ですが、5人が殴り合いのバトルをしているようなシーンだと10枚、20枚も原画を描くわけです。それでも単価は一律です。当然、みなさん他の作品と掛け持ちしています。

あわせて読みたい

「労働」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    トランプ氏の大相撲観戦に苦言

    早川忠孝

  2. 2

    反安倍勢力を警察が「予防拘禁」

    田中龍作

  3. 3

    トランプ氏の「不機嫌」外交術

    井戸まさえ

  4. 4

    日米蜜月にケチつける日本の新聞

    門田隆将

  5. 5

    トランプ歓迎 国民性出た千秋楽

    早川忠孝

  6. 6

    安倍首相だけがトランプ氏と緊密

    城内実

  7. 7

    安倍首相はトランプ接待の達人か

    内藤忍

  8. 8

    トランプ接待は国民に利点ない

    階猛

  9. 9

    米中の貿易戦争は日本にチャンス

    田原総一朗

  10. 10

    結婚式のスピーチ 秘訣は緊張感

    おときた駿(前東京都議会議員/北区選出)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。