記事

原油先物が約3%上昇、米がイラン産原油制裁で免除終了へ


[シンガポール 22日 ロイター] - 22日のアジア時間の取引で、原油先物価格は約3%上昇。米原油先物とブレント原油先物はともに2018年終盤以来の高値を付けた。

米国が22日にイラン産原油を輸入している全ての国に対し、近く輸入を停止するよう求め、停止しない場合は米国の制裁対象となることを発表すると伝わったことが材料となった。[nL3N22311B]

北海ブレント先物<LCOc1>は一時3.3%高の1バレル=74.31ドルと、11月1日以来の高値を付けた。その後は上げ幅を縮小し、0452GMT(日本時間午後1時52分)時点で2.6%高の73.82ドル。

米WTI原油先物<CLc1>は一時2.9%高の65.87ドルと、10月31日以来の高値を記録。0452GMT時点は2.6%高の65.38ドル。

石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)首席エコノミストの野神隆之氏は、世界的な供給逼迫や余剰生産能力低下への懸念が原油価格をさらに押し上げるとみている。ブレント先物は2018年の高値である86.29ドルに向かって上昇し、WTIは76.41ドルを目指す可能性があると予想した。

*値動きを更新しました。

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋下氏 任命拒否の教授らに苦言

    橋下徹

  2. 2

    田原氏 野党は安易な反対やめよ

    たかまつなな

  3. 3

    iPhone12かProか...売り場で苦悩

    常見陽平

  4. 4

    コロナ禍も国内工場は異常な強さ

    PRESIDENT Online

  5. 5

    倉持由香 初の裸エプロンに感激

    倉持由香

  6. 6

    数字を捏造 都構想反対派の欺瞞

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  7. 7

    政府のデジタル化策は正しいのか

    山田太郎

  8. 8

    コロナ巡るデマ報道を医師が指摘

    名月論

  9. 9

    ベテランは業界にしがみつくな

    PRESIDENT Online

  10. 10

    のん巡る判決 文春はこう考える

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。