記事

透析中止問題 情報の非対称性 批判する医療者たちは善意の第3者

HPVワクチン。問題になった当時、この有害事象は本当に副作用かもしれないと考え私は批判は控えていました。そして訴訟が行われ、患者の病気の情報がわかった時この記事を書きました。(HPVワクチンについて 副作用と言われるものがこれなら、私は自信を持って娘に打たせます)医療者としての自信からの行動です。

今回の透析中止問題。今では毎日新聞批判ばかりしていますが、記事が出た当時の記事はある程度慎重なものでした。(医師が決める寿命 透析中止は安楽死と同じ 今の時代倫理的には問題

そしてたまたま詳しい情報を得ることができ、患者さんの病態、病院の行動がわかった時、HPVワクチンの時と同じ理屈、自分の臨床経験に基づき毎日新聞への批判をはじめました。それだけ医師としての判断には自信を持っています。

ただ今回の問題を今でも善意の医療者達が毎日新聞記事を元に批判記事を出されています。もちろん医師としての寄り添いが足りない、書類不備に医師の傲慢さが出ている、命の大切さを軽く捉えているなどまさに教科書的正当性を前面に出して記事をみなさん書かれています。

細かい点は議論をすべき内容でしょう。そして批判する権利は誰にでもあります。でも患者の情報を毎日新聞から、いやメディアからの選択された情報からその医療行為の本質を批判するのはどうかとは思っています。

今までの私の臨床経験で言えることは、医学的にどんなに間違っていても、はたから見たら社会的にもおかしくても、医療者と患者の状況では納得せざるを得ないはたからみるとおかしな行動があります。細かい点で行ったら法的にもグレイな部分もいっぱいありました。

それをご自身の崇高な理念と合わないからと批判をされるのは、特に自分で患者をみていないのなら、あまり好ましいものではないと思います。それこそ情報の非対称性です。

自分が知っていると言いながら、患者さんの個人情報だから詳細は出せないという私の行為も信じられないという意見もいただいてます。だからと言って周りを納得させるために患者の個人情報を流すことはできません。5月以降の学会の発表を待ちたいと思います。

あわせて読みたい

「医療」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    毎晩の営み要求に外国人若妻嘆き

    幻冬舎plus

  2. 2

    バレてる? ポルノサイト閲覧記録

    島田範正

  3. 3

    香港巡り日本が中国に絶妙な指摘

    やまもといちろう

  4. 4

    進次郎氏「デキ婚」に伯母が激怒

    SmartFLASH

  5. 5

    香港デモの対応に困り果てる中国

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  6. 6

    韓国大使に一喝 河野外相を称賛

    一般社団法人日本戦略研究フォーラム

  7. 7

    日本中があおり運転に激怒する訳

    PRESIDENT Online

  8. 8

    反日精神を批判する韓国の講義

    一般社団法人日本戦略研究フォーラム

  9. 9

    N国「ひとり放送局」詐欺行為か

    文春オンライン

  10. 10

    埼玉県知事選の流れはほぼ決まり

    早川忠孝

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。