記事

野茂英雄氏の代理人が今明かす「MLB移籍への作戦A、B、C」

トルネード投法は日米を席巻した(AFP/AFLO)

平成の31年間では数多くのアスリートが輝きを放った。そのなかでもひときわ強い光を放ち、人々の記憶に残る選手のひとりに、「トルネード投法」と呼ばれる独特の投法でメジャーリーグのマウンドに立ち、三振の山を築いた野茂英雄氏(50)の名前が挙がるだろう。日本球界からメジャーリーグへ移籍するには、様々な困難があった。それまで契約していた近鉄バファローズを退団し、1995年にロサンゼルス・ドジャースとの契約にこぎつけたときのエージェント、団野村氏が、MLB移籍への3つの作戦を語った。

【写真】野茂の移籍を実現させた団野村氏

 * * *
 野茂君と初めて会ったのは、彼がメジャー移籍する前年、1994年の春でした。共通の知人を通じてアプローチがあり、野茂君の口から「メジャーでプレーしたい」と聞きました。早速私は日本球界からメジャーへ行く方法を調べ始めました。その過程で浮かび上がったのが、最終的に彼をメジャーに導く「任意引退」という言葉です。

 私は日米協定や日米の野球協約を読み返すうちに、この言葉が日本にだけあることに気が付きました。まず日米のコミッショナー事務局へ確認。すると米国では日本の野球協約は適用外で、日本の任意引退はFAと解釈されており、覚書もあることがわかった。これによって「任意引退すれば、国内では最終所属球団が保有権を持つので自由に移籍してプレーはできないが、米国は対象外のためプレーできる」という確信を持ちました。

 すぐに米国のエージェントから問い合わせ、「日本の任意引退選手は海外ではプレー可能」という日本のコミッショナーからの書面も残すことができた。これがオールスターの時点。問題はどうやれば任意引退にできるか、それが最大の難関でした。

野茂移籍を実現させた団野村氏(時事通信フォト)

 そこで私は3つの作戦を立てました。まず作戦Aは契約更改で巨大契約を要求すること。具体的にはFA取得までの6年間で24億円です。当時あまり例のなかった複数年契約を持ち出せば、球団は認めるどころか、怒って他球団でもプレーできないよう任意引退にする制裁措置に出るだろうと読みました。万が一認められてもそれは野茂君の利益になる。彼は「6年契約を認められるより、すぐにメジャーへ行くほうが嬉しい」と本音を漏らしていましたが、「時代を変えていく一つのきっかけにはなる」と乗り気でしたね。

 作戦Bは契約を蹴られた場合に徹底抗戦すること。春季キャンプにも参加せず、1年間プレーしなければ自動的に任意引退となるので、これを狙いました。

 そして作戦Cは任意引退が封じられた場合。米国で裁判を起こす予定でした。職業選択の自由に反すると、労働側が強いカリフォルニア州で訴えれば99%勝てるといわれていました。この作戦は半年ぐらいかかるが、日本ではもう少しイメージがよかったかもしれませんね。

 結局は当初の読み通り作戦Aが当たり、「契約しないと任意引退にする」というセリフが出た。球団は脅しのつもりが、野茂君が素直に応じたので困惑したみたいです。翌日、球団関係者やマスコミが任意引退の意味がわかって大騒ぎとなりました。

 ただ、ルールを守ったはずなのに我々はマスコミから大バッシングを受けました。これを覆すには成績を残すしかないと決意した野茂君は、1年目から素晴らしい活躍を見せ、日米で「NOMOマニア」という言葉が生まれるほどの人気を得たのは、周知の通りです。まあ、私はいまだに悪者ですけどね(苦笑)。

●取材・文/鵜飼克郎

※週刊ポスト2019年5月3・10日号

あわせて読みたい

「野茂英雄」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    即位の礼 要人もどよめいた奇跡

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  2. 2

    NHK大河が低迷 N国の追及を警戒?

    渡邉裕二

  3. 3

    収入ギリギリの住宅を買うリスク

    長谷川高

  4. 4

    国会前の官僚残業 最悪な展開に

    室橋 祐貴

  5. 5

    竹中平蔵氏 借金1000兆円は煽り

    PRESIDENT Online

  6. 6

    日本が財政破綻へ? カギは少子化

    永江一石

  7. 7

    昭恵夫人にドレスコード違反の声

    女性自身

  8. 8

    よしのり氏「皇統の危機が心配」

    小林よしのり

  9. 9

    文氏低迷でGSOMIA維持派が台頭か

    高英起

  10. 10

    即位の礼で改めて考える天皇制

    ヒロ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。