記事

愛子さまと悠仁さま――学習院女子高とお茶中、それぞれの新学期 - 佐藤 あさ子

1/2

 新元号「令和」の発表とともに、皇太子ご夫妻の長女・愛子さま(17)は学習院女子高等科3年生に進級された。大学進学を控えたご年齢となられると思うと、とても感慨深い。愛子さまは文系科目を選択されているようだ。気になる愛子さまの大学選びはどのように進展するのだろうか。

【写真】佳子さまのきれいにカールした前髪に注目


3月25日、JR長野駅に到着された皇太子ご夫妻と愛子さま ©JMPA

 東宮職関係者によると、第1に愛子さまご自身の希望、第2に両親である皇太子ご夫妻のご意向、第3にその大学でどのような研究がなされているか。こういった点をそれぞれ考慮されながら、ご家族で話し合って最終的に決められるという。

皇太子さまがご自身の革財布からお支払いを

 4月14日、この日は学習院の目白キャンパスで開催された恒例行事「オール学習院の集い」に、皇太子ご一家でのお出ましとなった。3年前の冬、愛子さまは「思春期やせ症」を思わせるお姿が心配されたが、今では年齢相応にいくぶんふっくらとされてとても快活なご様子だった。ご友人とおしゃべりで盛り上がりながら輪投げや射的などを楽しまれていた。

 アイメイト協会による盲導犬体験ブースで、皇太子ご夫妻と合流された愛子さま。協会のスタッフに対して、愛子さまのご友人のことを雅子さまがご紹介される一幕もあり、とても自然な雰囲気だった。

 愛子さまは内側にリバティプリントがほどこされた3つ折りの財布から千円札を取り出され、募金されていた。さらに皇太子ご夫妻がグッズ販売コーナーで、黒地にベージュで型抜きされたラブラドール犬柄のスカーフや、クリアファイル、メモ帳など2200円分をお買い求めになる場面では、皇太子さまがジャケットから、ごく一般的な革財布を取り出され「ここは僕が」という雰囲気で、お支払いをされていた。皇太子さまがお支払いをなさろうとされると、周囲にいる東宮職の職員が近寄って何かを申し上げていたようだったので、ご自身で現金のお支払いをなさるというのは珍しいことなのかもしれない。学習院大学史料館の展示をご覧になったあと、ご一家は19時前に目白をあとにされた。

 印象的だったのは構内を歩かれる皇太子ご夫妻や愛子さまに、旧知の学習院に関わりがある人々が次々と声をかけて、ちょっとした行列ができていたことだ。大きな笑い声があがることもしばしばあった。雅子さまがある生徒に対して「ずいぶん大きくなりましたね」と声をかけられたり、上品な老婦人が皇太子さまに「あんなにお小さかった浩宮さまが来月には天皇陛下におなりになるなんて」とお伝えするような場面も。皇太子さまは、微笑みを浮かべてその言葉に耳を傾けられているようだった。

愛子さまがお召しになったオフホワイトのケープ

 愛子さまは「オール学習院の集い」では制服の上にネイビーのセーターをお召しになっていたが、近頃のお召し物を拝見していると、ふんわりとした手触りやシルエットを選ばれていることに気がついた。

 3月25日、皇太子ご一家が静養のため長野駅に到着されて報道陣の前に姿を見せられた際は、愛子さまは水色のトップスの上にオフホワイトのケープを羽織っていらっしゃった。首元にポンポンが2つあしらわれているデザインで、何とも女の子らしい雰囲気だった。29日、東京駅へお帰りになった時は、ラベンダーのトップスにベージュのワイドパンツを合わせられていて、流行のボトムを取り入れられたようだ。雅子さまもラベンダーのハイネックのトップスをお召しになっていて、母娘お揃いの色を選ばれていたことも印象深い。ご家族でスキーを楽しまれ、皇太子さまの新天皇ご即位を前に、ご一家としての地方静養は最後となった。

お茶中の新入生代表に選出された悠仁さま

 一方、秋篠宮家の長男・悠仁さま(12)はお茶の水女子大学附属中学校の1年生へと進学された。お茶の水女子大学附属小学校からの内部進学だった。4月8日には、入学式に臨まれて新入生を代表した「宣誓」を行い、抱負を述べられたという。

「読売新聞」は〈同大によると、新入生代表の宣誓は今年から始まり、悠仁さまが選出された。悠仁さまは同大付属小時代を振り返った上で、中学では「広い視点から新たな研究課題について探求したい」と述べられた。〉と報じている(4月9日)。

 ある学習院関係者は、「宮さまであっても、特別扱いをしないのが学習院の校風だと思います。何か問題があれば、他の生徒と同じように叱られていたものです。悠仁さまが『新入生代表』として選ばれたと報道で知って、違和感を覚えたOBもいたでしょう」と語る。

あわせて読みたい

「皇室」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    池袋事故で20年前の職場晒す悪意

    tokyo editor

  2. 2

    幻冬舎問題 出版社は不要な存在

    かさこ

  3. 3

    保護者席に広末涼子 会場は騒然

    NEWSポストセブン

  4. 4

    幻冬舎騒動 批判すべきは見城氏

    常見陽平

  5. 5

    言論の自由訴える丸山議員は無知

    赤木智弘

  6. 6

    磯野貴理子の離婚理由に同情の声

    女性自身

  7. 7

    携帯大手3社 明暗分ける新プラン

    S-MAX

  8. 8

    結婚できない男性に特徴的なこと

    文春オンライン

  9. 9

    勉強できる人とできない人の違い

    ヒロ

  10. 10

    丸山氏バッシングする野党に疑問

    自由人

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。