記事
  • S-MAX

NTTドコモの新プラン、高いと見るか?安いと見るか?ギガホ・ギガライトの発表に伴う報道のあり方と通信料金が持つ価値について考える【コラム】

1/2
docomoの新料金プランは高いのか、安いのか?実際のケースを想定して考えてみた

既報通り、NTTドコモが15日、突然新料金プラン「ギガホ」および「ギガライト」を発表しました。“突然”というのは比喩でもなんでもなく、筆者の下へ取材案内が編集部を通じて飛んできたのは当日の発表数時間前。

通常であれば各種発表会や記者説明会は2週間以上も前に通知されることが多いため、珍しく編集部に参加を促す電話連絡もあったようで同社としては異例中の異例と呼べる緊急発表でした。

大慌てで支度をして会場へ向かいましたが、そこで発表された新料金プランは、同社が2018年10月31日に開催した決算説明会にて、

「大胆な料金プランの見直し」

「2019年4~6月を目処に同社料金プランをよりシンプルで分かりやすいものへ改定」

「月額料金についても2割~4割程度下げる予定」

と語っていたものでした。

新料金プランの具体的な内容についてはこちらの記事を参照していただきたいと思いますが、新料金プラン発表からこのコラムを執筆するまでの数日間で筆者が最も困惑したのは、その内容よりも各メディアの報道の仕方と既存ユーザーおよび一般消費者の人々の反応でした。

感性の原点からテクノロジーの特異点を俯瞰する「Arcaic Singularity」。今回はNTTドコモの新料金プランについての評価や報道のあり方、そして一般消費者にとってそのプランがどのような価値を持つのかについて考察します。

as-072-002
そもそも通信料金の「安さ」ってなんだ?

■新料金プランが注力したのは値下げよりもシンプル化

最も違和感を覚えたのは、新料金プランについて「全然安くない」あるいは「むしろ高くなる。改悪だ」という声でした。これが一般消費者の感覚的な声であれば「精査していないなら当然そう感じるかもしれない」と考えられましたが、こういった声は報道関係者や著名なモバイル系ジャーナリストの人々からも聞かれ、質疑応答でも質問が飛び交っていたのです。

もちろん、そういった声による質疑があったおかげでNTTドコモ側より、

「月々サポートを利用中のお客様は月々サポート終了後にプラン変更したほうが安くなる場合が多い」

「月々サポート終了までは現状のプランをお使いいただいたほうが良い」

といった回答を得られたわけで、すべてが悪いとは考えませんが、質問の仕方が適切であったのかはいまだに思案しています(NTTドコモ側の説明が悪すぎたとも言えますが)。

as-072-016
発表会の設定から発表内容まで、同社らしからぬ準備不足を感じた

まず、今回のNTTドコモの新料金プランの大きなポイントは、

・複雑な選択が必要だった料金体系がたった2つにシンプル化された
・永続的な割引条件もシンプル化し、家族(3親等内)の「みんなドコモ割」への加入数のみに

 (キャンペーンなどによる追加割引策は別途用意される)

という、本当に簡単なプランにまとまった点だと筆者は考えます。

NTTドコモに限らず、現在の移動体通信事業者の料金体系は非常に複雑で、積極的に勉強して裏技的な運用を行う人でもない限り、ほぼ理解されていないというのが実態です。実際に、自分がどのような料金プランに、どのような割引条件で加入しているのか正しく説明できる人が、どれだけいるでしょうか。

業界最大手でもあり、情報通信リテラシーの低い契約者も多数存在している同社だからこそ、契約時に分かりやすく選びやすいプランを、というのが何よりも大前提であったことは間違いないでしょう。

as-072-003
プレゼン冒頭でこのように示していたが、プランのシンプル化よりも値下げ幅にばかり注目が集まってしまったのは誤算だったかもしれない

■多くの人が新料金プランで安さを実感できるのは数年後から

その上で料金体系を精査してみると、今回の新プランは「通信料金部分のみでは現行プランよりも多くの場合で若干安くなるが、今後の端末購入補助施策が不明であるため、トータルとして高くなるのでは、と不安を感じている人が多い」と、まとめることができます。

例えば現行のプランであれば、端末購入価格の割引(購入サポート)を目的とした月々サポートやdocomo withといった手段が使えたため、通信料金と端末代金の合計として割安感を得られましたが、総務省による「通信料金と端末販売価格の完全分離」の提言および指導に基づくと思われる新料金体系によってこれらの恩恵はなくなり、「見かけ上の支払料金」が値上げされたように感じられるのは仕方がないことです。

この点についてはNTTドコモの失策とも感じられます。なぜ唐突に通信料金体系のみを発表したのでしょうか。同時に端末割引や購入サポートに関連する新プランなどを発表しない限り、消費者から「通信料金は少し安くなるかもしれないけど端末が高くなるのでは結局値上げじゃないか」と思われて当然です。

as-072-004
長い間端末とのセット販売を推奨しておきながら、端末の割引施策を発表せずに通信料金分だけで比較するのはあまりにもナンセンスだ

この点について、NTTドコモは質疑応答や囲み取材の場で、

「端末購入補助については、今後まったくないというのはお客様的に難しい。現在アイデアを検討中」

「フラッグシップ端末については正価で、となると負担が重くなるため、何らかのお求めやすくなる工夫を検討している」

「(料金区分を)分離したから端末値引はゼロ、などということはない」

と何度も答えていますが、それならばなおさらに端末の割引施策と同時に発表できるまで通信料金体系も発表すべきではなかったのではないか、と考えるところです。

今後は「通信料金は通信料金として、端末代金は端末代金として請求する」という仕組みになるため、前述のように月々サポートやdocomo withなどを利用している場合、それらが満了してから新料金プランへ変更するか、もしくはそのプランを永続的に使い続けるほうが安くなる場合があるのは理解できます。

そのため、NTTドコモ側も

「月々サポートが終了するタイミングで切り替えていただければ問題ない」

「多くのお客様に新プランの安さを実感して頂けるようになるには数年かかる。2年や3年ではない」

と明言しています。新プランが導入されたからと言って、すぐに切り替えれば安くなるというものではないのです。この点について正しく報道しているメディアが少なすぎるため、人々に誤解と不信感を生んでいるのです。

as-072-005
プレゼン内で説明がなく、質疑応答でようやく新料金プランで「おトクになる」顧客層や時期が明らかになるのはあまり良い発表方法とは言えない

また「4割安くなるのは一部の人だけじゃないか」と憤慨する人々もネット上では少なからず散見されますが(驚くべきことに取材記者の中にもいた)、NTTドコモはそもそも「新料金プランで4割安くなる」とは、過去に一度も公式には発言していません。前述したように、2018年10月の決算の場で「2割~4割程度下げる予定」があると述べたのみです。

顧客全体が平均的に4割安くなるとも、各種割引条件を付帯せずに4割安くなるとも述べていません。これに関しては完全にメディア・リテラシーと報道姿勢の問題であり、発言の一部を切り取って大々的に報じたことで、消費者に誤解とあらぬ期待が拡がってしまったのです。

筆者としてはむしろ「付帯条件はあるにしても、本当に2割から4割程度下がるプランを一部の特殊な条件の人々向けではなく、同社がメインターゲットとする主要顧客層に向けて用意してきた」ことを素直に評価したいところです。

as-072-006
ギガライトの1GB未満で4割安くなる条件が適用できるユーザーの割合は、NTTドコモのスマートフォン(スマホ)向け通信プラン契約者の約4割にのぼる

さらに、ネット上で「新料金プランで高くなる」と言っている人々の契約形態を調べてみると、1人でシェアパックを複数台契約して1契約あたりの平均支払い単価を下げている人や、一括0円や一括1円などの格安でスマホの購入をdocomo withで契約し、そのSIMカードを別のSIMフリースマホで運用するなど(その2つを併用する方法もあり)、特殊な運用をしている人々が多いことが分かります。

いずれのケースも端末代金の原資を他者の通信料金で賄っていた、これまでのビジネスモデルを利用した「裏技運用」に近く、完全分離プランである新料金プランでそれらが不可能になるのは仕方のないことです。

料金の完全分離と全体的な通信料金の値下げによる減収のしわ寄せが、こういった特殊な運用および契約の排除に向かうことは必然であり、不可避であったと言えます。

端的に言ってしまえば、さまざまな割引や複合契約を駆使して「この端末は実質0円運用だ」と誇ることが健全な契約や健全な通信インフラの利用方法と言えるのか、ということです。

総務省が是正したかった部分こそがここであり、端末と通信インフラの双方で「利用者が利用分の対価を正しく支払う」という姿に健全化したかったのではないでしょうか。

as-072-007
>プレゼンでも「家族の誰がどれだけ通信を利用したか」を明確化する点を強調していた

とはいえ、新料金プランが導入されたとしても過去に契約したプランが強制的に解除されたり新料金プランへ移行されるものではないため、シェアパックやdocomo withを活用して安価に利用していた人は、そのまま使い続けるのが正解でしょう。

as-072-017
新旧プランを比較精査し、自分の使い方で安くなる方を選択しよう

あわせて読みたい

「ドコモ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    夏のユニクロ肌着 苦手な男性も

    NEWSポストセブン

  2. 2

    シンガポールで面白自販機が増殖

    後藤百合子

  3. 3

    丸山議員の診断出した医師に憤り

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    増税こそリーマン級不況生む恐れ

    自由人

  5. 5

    スルガ銀行を助ける金融庁の本音

    大関暁夫

  6. 6

    書類を即処分 桜を見る会の異常

    猪野 亨

  7. 7

    来日した韓国議員団の反日言行録

    NEWSポストセブン

  8. 8

    「ガイアの夜明け」にねつ造疑惑

    和田政宗

  9. 9

    自民による野党批難は不安の表れ

    大串博志

  10. 10

    トランプ相撲観戦で割食う高須氏

    SmartFLASH

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。