記事

東京"3大名門公立小"に通わせる親の吉凶

1/2

東京には「3大名門公立小学校」と呼ばれる学校がある。そこに通うには、決められた学区に住んでいる必要があり、そのために引っ越す家族もいる。中学受験塾を経営する矢野耕平氏は、「そうした名門校は中学受験する子がほとんどだが、だからといって学習環境がいいとは限らない」と指摘する――。

「名門公立小学校の学区です!」が不動産広告のうたい文句になる

親であれば、わが子に対して「より良い教育環境を整えてやりたい」と願うものだ。そうした動きの象徴として「学区を踏まえた住まい選び」が挙げられる。

子が生まれれば家は手狭になる。そして賃貸住宅からマイホームに移り住むには、「第一子の小学校入学」というタイミングがちょうどいい。そこで「学区」という条件が注目される。私の経験上、こんな悩みを抱える親は少なくない。

「わが子が充実した6年間を過ごせる小学校はどこなのか?」
「学級崩壊状態の小学校にはわが子を通わせたくない」
「中学受験を考えているが、どの公立小学校ならその準備を進めやすいのか?
「親同士のトラブルが少なそうな小学校を選択したい」

不動産の物件広告では、「名門・○○小学校の学区です!」などとうたっているものがよくある。また駅の構内やコンビニなどで見かける不動産情報誌でも、「エリア別の教育環境」が大きな見出しになっている。

果たして、同じ公立の小学校とはいえ、学区や学校の違いによって学力伸長の度合いは変わるのだろうか。今回、わが子を「名門公立小学校」に通わせていた、もしくは現在通わせている親たちに話を聞いたところ、意外な声を耳にした。


不動産情報誌では「学校力調べ」というタイトルで教育環境のいいエリアを特集。

私立中学受験率が90%を超える公立小学校もある

わたしは中学受験専門塾を営み、世田谷区奥沢と港区三田に教室を開いている。

近隣の小学校を見ていると、中学受験に対する「温度差」が小学校によってかなり違っていることを実感している。確かに親の教育意識、中学受験比率が飛びぬけて高い小学校があるのだ。そして、その近隣の公立小学校は反対に中学受験比率がかなり低く、大半の子が地元の公立中学校へ進むところもある。同じエリアであっても、小学校によってこんなに違いがあるのだ。

たとえば、前者のタイプの小学校に通う子の保護者は教育熱心な人が以前から多い。中学受験率も極めて高く、合格者を輩出している「名門小」という認識が、塾関係者の間にある。

難関中学に合格者を輩出する都内「名門公立小」リスト

世田谷区立松沢小学校(赤堤)・松丘小学校(弦巻)・桜町小学校(深沢)・八幡小学校(奥沢)
港区立 白金小学校(白金台)・青南(せいなん)小学校(南青山)・笄(こうがい)小学校(西麻布)
千代田区立番町小学校(六番町)・麹町小学校(麹町)
文京区立誠之(せいし)小学校(西片)・千駄木小学校(千駄木)・窪町小学校(大塚)
大田区立田園調布小学校(田園調布)
目黒区立東山小学校(東山)
品川区立御殿山小学校(北品川)・第三日野小学校(上大崎)
中央区立久松小学校(久松町)・泰明(たいめい)小学校(銀座)

このうち番町小学校、白金小学校・青南小学校は「東京3大名門小学校」と呼ばれることもある。

これらの学校の私立中学受験率は70~95%くらいに達する。わたしがヒアリングした中には、クラスの35人中、私立中学校を受験しなかった子はたった1人だけだったというケースもあった。首都圏(1都3県)の私立中学受験率が約14%なので、これらの小学校はまさに「別格」である。

名門小学校はわが子にメリットをもたらすのか?

▼目黒区の名門公立小学校のケース


※写真はイメージです(写真=iStock.com/JGalione)

「いやあ、やっぱり中学受験率の高い学校に入れてよかったです」

意気揚々とこう話してくれたのは目黒区の名門公立小学校に息子さんを通わせた母親Aさんだ。聞けば、家庭の方針として子が中学受験をするのは最初から決まっていたという。

「何しろ、大半が中学受験組ですから、親があの手この手を尽くして中学受験を勧めなくても、周囲がみんな塾通いしているし、中学受験をするのが当たり前という雰囲気だったので、息子もすんなりとその道に足を踏み入れることができました」

この母親は「ただ……」と一呼吸置いて、こう切り出した。

「みんなが塾に通っているので、そもそも普段遊ぶ友達がいないんです。これはちょっとどうなんだろう……と思ったことはあります」

あわせて読みたい

「学校」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    即位の礼 要人もどよめいた奇跡

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  2. 2

    昭恵夫人にドレスコード違反の声

    女性自身

  3. 3

    文氏低迷でGSOMIA維持派が台頭か

    高英起

  4. 4

    モテる男性が結婚繰り返す残酷さ

    NEWSポストセブン

  5. 5

    竹中平蔵氏 借金1000兆円は煽り

    PRESIDENT Online

  6. 6

    NHK大河が低迷 N国の追及を警戒?

    渡邉裕二

  7. 7

    収入ギリギリの住宅を買うリスク

    長谷川高

  8. 8

    佳子さまの十二単姿に「麗しい」

    女性自身

  9. 9

    よしのり氏「皇統の危機が心配」

    小林よしのり

  10. 10

    日本が財政破綻へ? カギは少子化

    永江一石

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。