記事

なぜ役員と平社員で成果に大差がつくのか

1/2

なぜ同じ時間働いても、役員と平社員では成果に大差がつくのか。その秘密は睡眠にあった。会社では決して見せない役員の毎日の習慣が判明した!

■役員の4分の1は、ミスを犯す危険あり

「アンケート結果を見ると大多数の人が睡眠不足。しかもそれが蓄積され、大きな“睡眠負債”を抱えています。心身を病むリスクが高くなり、仕事や生活における活動の質を低下させてしまいます」


そう警鐘を鳴らすのは、睡眠に関する調査・研究・コンサルティングを行う睡眠評価研究機構代表・医学博士の白川修一郎氏だ。白川氏によると「理想の睡眠時間は7~9時間。最低でも6時間は必要」。ところが、平日に7時間以上の睡眠をとれている人は、役員・平社員ともに15%程度。それどころか、5時間未満という人が役員で14%、平社員も16.7%いる(図1)。

「5時間未満の睡眠で十分という人は、ほとんどいません。交通事故発生リスクは、過去24時間における睡眠時間が7時間以上だった人に比べ、4~5時間の人は約4倍以上、5~6時間の人でも約2倍にまで高まります。睡眠不足が続き、睡眠負債を抱えている人なら、いつ事故を起こしてもおかしくないほどにリスクが高まります」

そうなると、役員や平社員が睡眠負債を抱えていれば、企業活動においても支障が出てきそうだ。

「役員、平社員ともに、判断ミス、オペレーションミスを起こしやすくなるでしょう。ミスを挽回するには多くの時間や手間、コストを費やします。企業経営を上向かせたい、効率化を図りたいと考えるなら、会社を挙げて睡眠負債解消への取り組みが欠かせないのです」

「昼間眠くなることはありますか?」の質問に対し、「ほぼ毎日」と答えたのは、役員25.2%、平社員35.2%(図5)。これも睡眠負債の蓄積を感じさせる結果だ。

「つまり役員の4分の1は責任判断をしてはいけない人たち。現場の平社員だって3分の1以上が、脳がちゃんと働いていない状態で仕事をしている可能性が高いです」


▼時間編
起床、残業、就寝……疲れをためない理想の時間は


■生活パターンを見直すだけで眠れる

平日の起床時間と就寝時間を「決めている」のは、平社員がそれぞれ88.9%、65.7%で、役員の79.4%、57.9%を上回っている(図1、図3)。


「今回の結果では、睡眠時間は、役員のほうが平社員より長くとれています。その要因としては、役員はスケジュール管理を自分の裁量で行える範囲が広いのに対し、平社員はスケジュールを自分でコントロールできないこと。また、役員より通勤時間がかかるところに住んでいることが考えられます」

たしかに、平社員のおよそ9割が起床時間を決めているのは、出社時間に縛られているからだろう。就寝時間は、残業や酒の付き合いなどによって流動的になることはあっても、朝は定刻通り出勤する律儀な姿が浮かんでくる。また通勤時間を見ると、役員は10分未満が32.7%、30分未満にまで広げると6割近くになる。これに対し平社員は10分未満が約2%にすぎず、1時間以上が23.1%もいる(図5)。当然、出勤時間が早く、通勤時間がかかる平社員のほうが、起床時間を早くせざるをえない。


気になるのは、役員も平社員も6割以上が「18時台までに退社」し(図7)、5割以上が「19時台までに夕食」をとっていると答えている点(図8)。これなら十分な睡眠時間を確保できるはずだ。


「役員の場合、夕食といっても取引先との会食で、実質的には残業である可能性もあります。最近多いのが『スマホやテレビを見たり、なんとなくダラダラと時間をすごしている』というタイプ。平社員はこれかもしれません」

そうなると、生活パターンを見直せば睡眠負債を返済できるという人は、かなりの数に上りそうだ。

「仕事が詰まっていない時期に、1週間だけでも毎日7~9時間の睡眠をとることを中心に据えたスケジュールを立ててみてはいかがでしょうか。これを実践すれば、体調の改善や脳の働きの正常化により、短い労働時間でも仕事をこなせることに気づくはず。睡眠の大切さが身にしみます。睡眠薬などに頼らずとも、生活習慣を見直すことで睡眠時間を十分確保でき、睡眠の質も向上するのです」

ちなみに、「土日に寝だめをしたい」という人もいるだろう。ふだんより夜は1時間早く寝て、朝は1時間遅く起き、計2時間ほど多く睡眠をとる形であれば、体のリズムは崩れにくいそうだ。

▼入眠編
寝酒、読書、音楽……すっと眠れる方法は


■役員に多い寝酒は、何が問題なのか

役員の場合、“寝酒”をする人も多い。37.4%は就寝前1時間以内まで飲んでいる(図2)。


「お酒を飲むと、基本的に悪い睡眠しかとれません。夜中にトイレに起きる可能性が高くなります。また、自律神経が休めないので、朝になっても疲労回復しません。飲むなら寝る3時間前まで、日本酒なら1合までにしましょう」

就寝直前までスマホにかじりつくというのは、近年ならではの傾向だろう。平社員はテレビも含め、布団やベッドに入ってからも見ているのが、40.7%にも上る。役員ですら33.6%もいる(図3)。

「スマホは光を放つ画面に顔を近づけて見るうえ、集中しやすい。だから脳が興奮して寝付けなくなります。就寝1時間前にやめるだけでも、睡眠の質が改善します」

「よく眠るための工夫」として、役員は5人に1人が読書を挙げる(図4)。

「就寝1時間前までなら、勉強のための本や、頭をフル回転させるような内容の本を読むのに適しています。しかし、1時間前になったら、リラックスするため気楽に読める本が向いています」

あわせて読みたい

「睡眠」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    文氏が天皇陛下宛の親書を送達か

    天木直人

  2. 2

    陛下の立ち位置を批判する朝日

    木走正水(きばしりまさみず)

  3. 3

    竹中氏「日本人は童貞そっくり」

    PRESIDENT Online

  4. 4

    韓国LG 市場予想上回る営業赤字

    ロイター

  5. 5

    女系天皇を認めたくない愚かさ

    志村建世

  6. 6

    天皇制は選挙方式にすれば合理的

    紙屋高雪

  7. 7

    雅子さまの「祝宴ドレス」に注目

    文春オンライン

  8. 8

    即位の礼 要人もどよめいた奇跡

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    韓国の李首相と枝野代表らが会談

    立憲民主党

  10. 10

    文氏低迷でGSOMIA維持派が台頭か

    高英起

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。