記事

盛り上がる迷惑老人ネタ 指弾しているだけでいいのか

ごみ収集車と乗用車が衝突し、歩行者がはねられた事故現場を調べる警察官(時事通信フォト)

 東京・池袋で80代男性が運転する自動車が暴走し、次々と10人もの歩行者をはねる事故を起こした。こういった事故がおきると「老人による暴走」であることが強調されるしかし、ことさら「老人による迷惑行為」であることを強調するピックアップの仕方は、そろそろ限界があるようにも感じる。ライターの森鷹久氏が、いつかは誰もが老人になることを念頭に置いて、近ごろの迷惑な高齢者問題について考えた。

 * * *

 横浜市内を走るバス内で酒に酔い、女性客と口論をする高齢男性が、幼い子供が座る一人がけ席に強引に割り込み「老人に席を譲れ」「こんなチンピラ(な子供)」と暴言を吐き続ける動画がSNS上で拡散し、テレビでも報じられた。ネット掲示板でも話題になり、この高齢男性への非難が相次いでいる。騒動の起きたバスに偶然乗り合わせた会社員の男性(46)が苦々しい表情で証言する。

「はっきり言ってよく見る"迷惑な老人"の光景ではありました。また老人か、と周りは最初見て見ぬ振りをしていましたが、彼があまりにも傍若無人な態度だったので、周囲からも非難のささやきや舌打ちが漏れ聞こえていました」(会社員の男性)

 その数日後には、愛知県内の地下鉄で、閉まろうとするドアになぜか手や荷物を何度も意図的に挟み続ける高齢男性の動画が撮影され、ネット上で拡散した。車内は多少混んでいたものの、それでもドアの開閉に支障をきたすほどの混雑具合ではない。動画を見ると、

その男性は確かにわざと手や荷物をドアに挟もうとしている。

「取材したところ、その男性は最初急にドアがしまったことに驚いていたようでした。近づいた駅員に文句でも言おうとしていたようですが、聞き入れてもらえないとなるや、何度も手でドアを塞ぎ、抗議しようとしていたそうです。最後には近くにいた客に咎められた。この件で地下鉄のダイヤが数分乱れたそうです」

 目撃者などに取材した民放局のディレクターはこう説明をするが、同時に“大した話”ではないとも話す。

「いや…これをテレビで流すのはどうかと思いましたが、ネットでも盛り上がっているし放送されたみたいですね。ワイドショーなどではそこそこ反響もあり、長尺で取り上げられました。バスの件と同様、迷惑老人ネタは数字(視聴率)を稼げるのかもしれません」(民放局ディレクター)

 ちょうど一年前、昨年四月にも同様の「迷惑老人ネタ」がネット上で盛り上がったという。

「東北地方の電車内で“敬老者が座る”と書かれた紙が座席に置かれている写真がSNS上にアップされました。地元の老人会メンバーが電車に乗って花見に行くところだったそうですが、関係者が"気を利かせて"老人たちが乗り込む駅よりも手間で、座席に紙を置いて回ったのです。うちの番組では“ネタにはできない”となりましたが、ワイドショーやネット上では盛り上がっていました。この一年で、迷惑老人ネタは一気に取り上げられるようになり、コンテンツの一つになったという感覚はあります」(民放局ディレクター) 

思い返せば確かにそうだ。コンビニやスーパーに、ブレーキとアクセルを間違えて車で突っ込む高齢ドライバーのニュースは、一時期目にしない日はないというほどだったし、最近も逆走したり歩道を車で疾走する高齢ドライバーのニュースが相次いだ。ネット掲示板でも「迷惑老人」をネタにしたスレッドは大いに盛り上がり、伸び続ける。

 筆者も、通勤通学客で溢れかえる早朝の電車内で、登山ルックに身を包んだ5~6名の高齢客が、4名ずつ、計8名が座れるボックス席に荷物を置いて陣取り、間にいる別の客におかまいなしに大声で喋りまくり、挙げ句の果てには酒盛りまではじめるという光景をついこの間、目撃したところである。見かねた中年女性が高齢客をとがめようとすると、高齢客のうち一人が「敬老者に向けその態度はなんだ」と悪態をついてきた。

 周囲の他の客は、見て見ぬふり。中年女性は居づらくなったのだろう、次の駅で逃げ出すように車両を降りた。その後も「若者がダメ論」を振りかざしながら、酒盛りに興じる高齢者たちを見て、腹が立たないわけがない。とはいえ、面と向かっては言えず、ただ睨みつけるのみで、憎さだけが湧き上がるのだった。

 一方で、同じように混雑した車両内で、腰の丸まった高齢夫婦が周囲のサラリーマン客に押しつぶされそうになりながら手を繋ぎ、声にならないような悲鳴をあげているところを目撃したこともあった。夫婦がどんな用事で電車に乗っていたのかは定かではないが、その時、周囲からは舌打ちが相次ぎ、しまいには「こんな時間に乗るなよ」という声すら聞こえた。

 車に乗れば危ないから免許を返せ、危険だから運転するなと言われ、酒を飲み面白おかしく過ごしていれば白い目で見られ、普通に過ごしていても邪魔者扱いされる。もちろん、筆者が見た事例では高齢者の側に非があることも多々あったが、高齢者を敵視するかのような日本社会そのものが、彼らにとって生きづらくなっているのは間違いないだろう。

 もちろん、どんな世代にも迷惑な人はいる。年齢別人口でもっとも人数が多いのが第一次ベビーブーマー(64~66歳)であるため、同じ割合で傍若無人な人がいるのに母数が多いぶん、目立っている可能性もある。世代でくくるのは簡単だし反響も得やすいが、「けしからん」以外の建設的な取り上げ方をそろそろ考える時期になっているのではないだろうかと思う。

 人間ならば、誰でもかつては赤ん坊や子供だったし、いつかは老人になる。年老いた人の身勝手な振る舞いに腹を立てていた自分が、未来にはワガママすぎる老人の仲間入りをしているかもしれない。勝手な言い分かもしれないが、それでも自分が年老いたとき、高齢者がおだやかに生きるのを拒むような社会にはなっていてほしくない。だが、もし高齢だというだけで息苦しい世の中に将来なってしまうのだとしたら、その世界を作っているのは他ならない、現代を生きる我々ではないのか。

 今を生き、今の暮らしのために誰かを叩いて、なんとなく溜飲を下げて過ごすことは簡単だろう。しかし、本当にそれが正しいのか、各々の不幸が最小化される世界を招く最良の方法なのか。そう考えれば、今日世間で"迷惑老人"として叩かれ、ネタにされる高齢者について、今一度考えを改めてみたいと強く思うのだ。

あわせて読みたい

「高齢者」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「ガイアの夜明け」にねつ造疑惑

    和田政宗

  2. 2

    ミス誘ういきなりステーキの卓上

    かさこ

  3. 3

    新ふるさと納税で還元率100%も

    NEWSポストセブン

  4. 4

    茂木氏 丸山議員の診断書を尊重

    キャリコネニュース

  5. 5

    大阪・西成に響く労働者の怒号

    SmartFLASH

  6. 6

    築地の次は青山霊園を移転せよ

    毒蝮三太夫

  7. 7

    眞子さまの南米訪問は婚活の場か

    NEWSポストセブン

  8. 8

    韓国保守派の足引っ張る朴槿恵氏

    文春オンライン

  9. 9

    トランプ氏が羽田に着陸する意義

    天木直人

  10. 10

    高樹氏 田口逮捕でマスコミ批判

    BLOGOS編集部

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。