記事

透析中止問題 もう現実ではない仮説で記事を作るのはやめませんか

毎日新聞が社説で述べています。(福生病院への東京都検査 「指導」で済む問題なのか

>一般的に、終末期ではない患者の治療を中止して死亡すれば医師は罪に問われる恐れがある

福生病院の患者の病態がある意味終末期で妥当ということを都も認識したからこそ文章での指導なんですよ。(会見で他のメディアには伝えているとのこと)それは取材をしていた毎日の記者もある程度知っているはずなのですが(もしかすると十分には知らないかもしれません)。でも家族の言葉をうまく使ったらどうも病院が悪いという方向へ持っていける。あなた達の記事は一部の事実を隠し、ストリーを作ったという点が一番ダメ、そうFAKEなんです。

>患者が「終末期」と言える状態だったかどうかも精査すべきではないか。

もう一度言います。個人情報の問題で細かい詳細は書けませんが、私が知りうる情報からはこのかたは終末期で妥当だと思います。そしてそれを否定する情報は毎日新聞記事の透析を続ければあと4年という言葉だけです。それこそこの言葉の正当性を毎日新聞が証明すればいいだけではないですか。(それが事実なら医師は叩かれるべきです。)でもあなた達は出さない、いや出せない。誰かがこういったというレベルの証拠しかないから。

>医療現場にガイドラインの順守を徹底させるべきだ。患者や家族が担当医の説明に疑問を感じたとき、別の医療機関に意見を求められるようにすることも必要だろう。

ガイドラインも変動します。だからこそ前半は少し微妙です。ただ後者は同意します。

>患者の尊厳を守ることを基本に、終末期医療のあり方を冷静に考えるべきだ。福生病院の治療中止はそうした議論に水を差すものである。

これも前半同意。ただ後者は福生病院の治療中止に関するFAKE記事は、周りをミスリーディングし、正しい議論を妨害し、議論に水を差すものであると書き直します。

あわせて読みたい

「毎日新聞」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    店員の言葉を疑ってかかる時代に

    Chikirin

  2. 2

    消費税廃止を 山本太郎氏の叫び

    田中龍作

  3. 3

    「ブラタモリ」が今も面白い理由

    メディアゴン

  4. 4

    麻生氏の質高い答弁を伝えぬ報道

    青山まさゆき

  5. 5

    働き方改革で仕事減 局アナ退社

    BLOGOS編集部

  6. 6

    ナカイの窓終了は商標トラブルか

    NEWSポストセブン

  7. 7

    SEX未経験者が増加 要因に低収入

    文春オンライン

  8. 8

    恩知らずは消える 芸能界の現実

    倉持由香

  9. 9

    マツコ共感 友達は仕事仲間だけ

    キャリコネニュース

  10. 10

    大相撲「トランプ杯」授与に反対

    鈴木しんじ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。