記事

高齢者狙う詐欺の最新手口 次は「オリンピック詐欺」流行か

詐欺犯はそのときどきの時事ネタを絡めた嘘の話を持ち掛けてくる(写真はイメージ)

改元詐欺に使われた「キャッシュカード変更」を求める書類(時事通信フォト)

 今年2月、東京都在住の50代女性が、「海外に新しい国をつくるから資金援助してほしい」ともちかけられ、5000万円を騙し取られたという詐欺事件が報じられた。こんな荒唐無稽な話に騙される人がいることに驚くが、詐欺犯らの話が巧妙だったのだろう。

【写真】「改元詐欺」で使われた実際の書類

 これは投資詐欺の一種だが、最近の特殊詐欺は巧妙かつ狡猾になり、人の虚を突く想定外の手口で騙しにかかってくる。警察庁の統計によれば、平成30年の特殊詐欺の認知件数は1万6493件、被害額は約356億8000万円に上るという。

 特殊詐欺などの被害に遭わないようにするためには、その手口を頭に入れておくことが第一歩となる。高齢者を狙った実際の事件について、その最新手口を紹介する。金の受け取り手段を、ATMを利用した銀行振り込み以外の方法に変えてきているのが最近の傾向だ。

●カードすり替え

 警察や金融庁、金融機関を名乗る人間が電話をしていて、「個人情報が漏れて、口座からお金が引き出されている」と告げる。その後、家にやってきて、「キャッシュカードと暗証番号を記入した紙を封筒に入れてください」と指示。隙を見て封筒をすり替え、「封筒を開けないように」と言い残して帰る。

 今年1月には、神戸市垂水区の80代女性がこの手口で400万円を騙し取られた事件が起きている。最初に、地元の警察署員を名乗る女が電話をかけてきて、「あなたの個人情報が漏れている。金融庁の職員を向かわせる」と伝え、その後、金融庁の職員を名乗る男が自宅にやってきて、キャッシュカードを封筒に入れて保管するよう指示。不意に、「ペンを忘れました。貸してくれますか」と言いだし、女性が奥へペンを取りに行った間に封筒をすり替え、封筒を開けないように伝えて帰っていく。

 キャッシュカードと暗証番号を盗み取り、被害者が気づく前に出金してしまうわけだ。次の手口も同様に、キャッシュカードを盗んでいく手法である。

●改元詐欺

 銀行員を名乗る人間から電話があり、「改元でキャッシュカードの変更が必要になった」と言い、自宅までやってきて、「キャッシュカードと暗証番号を交換する」として持ち去る。「改元で銀行のシステム変更が必要で、カードも交換になる」と言われると、「そういうこともあるのかな」と納得してしまう人がいるかもしれないが、実際にはありえない。

 今年2月12日には、埼玉県上尾市の70代女性宅に、市役所職員を名乗る男から「医療費の還付金がある」と電話がかかってきて、そのあと、金融機関職員を名乗る男から「還付金を受け取るには、元号が変わるのでキャッシュカードを交換する必要がある」と電話があり、自宅に現れた金融機関職員を騙る男にカード2枚を渡し、86万円を引き出されてしまった。

 還付金と元号の二段構えの詐欺である。キャッシュカードを奪い取る手口としては、宅配便が使われることもある。

 今年1月には、横浜市青葉区の80代女性の家など9人の住宅に、全国銀行協会を装ったニセ書類が郵送される事件が起きている。「キャッシュカードを不正操作防止用カードに変更する」という名目で、キャッシュカードを指定の住所に宅配便で送るよう指示していたという。 

●電子ギフト券詐欺

 キャッシュカードではなく、電子ギフト券を金の受け取り手段に利用する手口もある。「有料アダルトサイトの料金が未納になっている」などといった典型的な架空請求詐欺だが、支払いに電子ギフト券(Amazonギフト券やiTunes ギフトカード、nanacoギフトカードなど)を使わせる。被害者に購入させたのち、電子ギフト券の番号を言わせるだけですむので、電話だけで完結する。

 5年ほど前に、LINEのアカウント乗っ取り事件が頻発したが、このときも友人のふりをして「代わりに購入してくれ」と電子ギフト券を買わせて、番号を入手するという詐欺事件が多数起きた。詐欺に引っかかるのは、高齢者だけではないのだ。

 今年2月には、石川県金沢市の20代の男性が、アダルトサイトの架空請求に引っかかり、160万円分の電子ギフト券の他、現金200万円を宅配便で指定場所に送ってしまい、計360万円の被害に遭っている。

●宝くじ当せん詐欺

 ギャンブル必勝情報会社に勤めていると称する人間から、「ある筋からロト6の当せん番号が事前に送られてくるようになっている。その情報を買いませんか。嘘だと思うでしょうから、試しに明日朝刊で発表される当せん番号を言い当てましょう」という電話がかかってくる。相手が言った番号を、翌日の朝刊で確認すると、本当に当たっている。それで話を信じてしまい、お金を振り込むとそのまま騙し取られる。

 なぜ当せん番号を当てられたのかというと、ロトの当せん番号は決定するとその夜にはインターネットで公開され、新聞の朝刊に載るのは翌日だから。そのタイムラグを利用して、事前に知っていたように装う。

 昨年、岩手県盛岡市で、70代の男性がロトの当せん番号を教えると持ちかけられ、1260万円を騙し取られる詐欺事件が起きている。

 特殊詐欺には、「改元」や「マイナンバー」「震災」などそのときどきの時事ネタと絡めた嘘の話で騙すケースが多く、今後、増えていきそうなのが2020年の東京オリンピックに絡めた詐欺だ。

●オリンピック詐欺

 スポーツ関係者や警察官を名乗る人間から、「何者かがあなたの名義でオリンピックのチケットを購入している。詐欺に関係していて、あなたにも責任がある。100万円払えば司法手続きで解決できる」という電話がかかってきて、金を騙し取られる。

 2016年に和歌山で起きた事件では、60代の女性宅に警察官や弁護士を名乗る男から電話があり、「何者かが、あなたの名前を使ってオリンピックのチケットを購入している。取り消しの手続きに金が必要だ」と言われ、2170万円も奪われている。

 東京五輪のチケットはまだ販売されていないので注意したい。他にも、「オリンピック・パラリンピック記念金貨」なるニセの金融商品を「必ず値が上がる」と売りつけてくるといったタイプのオリンピック詐欺もある。

 こうした新しい手口だけでなく、従来からの「オレオレ詐欺」や「還付金詐欺」「架空請求詐欺」などもまだまだ被害が出ているので、十分注意したい。

◆取材・文/清水典之(フリーライター)

あわせて読みたい

「詐欺」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国すり寄り止まらぬ岩屋防衛相

    木走正水(きばしりまさみず)

  2. 2

    ラオスのダム決壊 韓国と協議中

    tenten99

  3. 3

    嫌韓が高齢者に多いのはなぜか

    WEDGE Infinity

  4. 4

    セブン廃棄ロス策 5%還元に呆れ

    永江一石

  5. 5

    恩知らずは消える 芸能界の現実

    倉持由香

  6. 6

    丸山議員は辞職不要 使える存在

    奥山真司

  7. 7

    批判に弱い幻冬舎の見城徹社長

    渡邉裕二

  8. 8

    のん巡る裁判で異例の事実が発覚

    SmartFLASH

  9. 9

    AKB商法 秋元康の汚点になる恐れ

    PRESIDENT Online

  10. 10

    北方領土「武力奪還」は認識不足

    舛添要一

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。