記事

札幌・吹奏楽部パワハラ自殺訴訟 被害者の同級生が語る後悔と学校への違和感

1/2

2013年3月、北海道立高校の1年、悠太(享年16)が地下鉄の電車にはねられて死亡した。所属していた吹奏楽部の顧問によるパワハラを苦にして自殺したとして、母親が北海道を訴えている裁判が、4月25日、判決を迎える。この訴訟では、悠太の同級生が証言をした。学校の教員の指導をめぐっての訴訟で同級生が証言するのは珍しい。なぜ、証言したのかを含めて、筆者は、同級生に取材することができた。そこには同級生としての後悔の思いと、学校の事後対応が間違っているとの認識があった。

この訴訟では同級生の生徒は「生徒C」と呼ばれていたため、ここでも同様の記述をする。

訴状などによると、悠太は13年1月、他の部員との間でメールをめぐりトラブルを起こしていた。この時、お互いが言いすぎたものになっていたが、指導を受けたのは悠太のみ。一方の相手は指導されなかった。その後、部内で別の問題が起き、3月2日、再び、悠太のみが指導された。翌日は日曜日だったが、悠太は部活のために登校したものの部活の練習には参加せず、地下鉄の駅に行って自殺した。

争点は、顧問の行為がパワハラかどうか、自殺との因果関係、自殺の予見可能性、安全配慮義務、事後対応の違法性だ。

生徒Cは昨年8月の尋問で証言した。なぜ証言しようと思ったのか。

「顧問も“自分が悪い”という自覚を持ち、学校側も(遺族に見せると言い、悠太の自殺後に取ったアンケートを)遺族に渡していたら、関わらないでいいかな、と思っていたんです。でも、うやむや。裁判がこのまま収束するのは嫌でした。俺が知っていることを話せて、真実に近づけるなら、それがいい。俺の視点ですが、(学校や顧問は)対応は間違っている。対応が過ちだったという自覚を持って、反省をしているところを見せて欲しいと思ったんです」

吹奏楽部には細かな部則があった。恋愛やメール禁止などが代表的なものだった。ルールは絶対、守らないといけないものだったのか。

「絶対ダメです。ちゃんと真面目にやらないといけない。そう思っていました。自分の性格としてもそうですね。ただ。小学校のころは人目を気にしないで、怒られることがあったんです。でも、中学校のときは目立たないようにしていました。高校受験を意識したことから問題を起こさないようにしていました。当時も変に真面目でした」

生徒Cは悠太との関係で気になることがあったのか?

「真意はわからないですが、悠太くんからは『顧問は全然わかってくれない』という愚痴を聞いていました。でも、『音楽が好きだから吹奏楽部を続けている』と。顧問は、嫌いな人をやめさせるような指導は(直接的には)していないですが、“こういう生徒にしよう”というものがあったんです。なんというか、(よく言えば)更生というのか、(悪く言えば)洗脳というのか…」

1度目のトラブルで同級生部員が悠太を怖いと思うようになった。このときの生徒Bとのメールのやりとりで、悠太が送ったメールの中に<殺す>という表現があったことも大きいかもしれない。しかし、顧問は尋問で、「売り言葉に買い言葉」としか思っていなかったとの証言をしている。どっちもどっちというなら、学校組織としての指導は両者になされるべきだが、悠太だけの指導になった。

一方、生徒Cは尋問で「『今回(の市民吹奏楽祭に)、出なかったのは休みがちで練習をしてないので、同じ土俵に立つ資格がないと思っていた。でも、できることをしたい。次に何をしたらいいのかの課題を、聞く側の立場で、アドバイスをしたい』と言っていた」と証言した。

「顧問は形だけは生徒の意見を聞く。審判は顧問が下す。まず、顧問は外堀を埋めるんです。直接は何も言いません。それが当たり前になっていました。演奏に関しては部長が、それ以外のことは顧問が部長を通じて言っていました」

メールはトラブルになるような内容だったのだろうか?

「悠太くんは全員にメールを送ったんです。細かくは読んでいないのですが、“今後も頑張っていこう”とあったので、そう思った。おれは素直に“ありがとう”と思ったんです。しかし、細かな表現で生徒Bはイライラをしていました。問題になったやりとりをトラブルの相手の生徒Bが、悠太くんからのメールをLINEに貼り付けました。そして、生徒Bが悠太くんに送ろうとしようとした内容を貼り付けた。グループの中の3、4人が生徒Bの見方に賛同した。感情的になっていたんだなと思います」

あわせて読みたい

「パワハラ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    巣鴨の縁日開催に「理解できず」

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  2. 2

    ロックダウン渋れば損失は巨大に

    岩田健太郎

  3. 3

    15日で変異 コロナの性質に驚愕

    大隅典子

  4. 4

    「アベノマスク」政策炎上の正体

    千正康裕

  5. 5

    田嶋陽子氏に「時代追いついた」

    NEWSポストセブン

  6. 6

    自民議員 ABC予想の証明を称賛

    赤池 まさあき

  7. 7

    アビガンで勝負に出た安倍首相

    天木直人

  8. 8

    エコバッグ禁止令 全米に拡大か

    後藤文俊

  9. 9

    各国と異なる日本の死亡者数推移

    小澤 徹

  10. 10

    山本太郎氏 山尾氏はスター選手

    田中龍作

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。