記事

【読書感想】ゲームの企画書(1) どんな子供でも遊べなければならない ☆☆☆☆

2/2

――桝田さんにとって、さくまさんから学んだことで印象深いことはありますか?

桝田:うーん、ちょっと誤解を招く言い方かもしれないけれど、「バカの愛し方」かな(笑)?

 やっぱり、さっきも言ったけど、さくまさんは「普通の人」のことを本当によく知っているんですよ。ゲームなんて上手くないし、少なくともゲームを楽しんでいる間くらいは、難しいことなんて覚えたくないし、考えたくもない。そういう人間は、世の中にはたくさんいるんです。その存在を頭で理解したと思うのは簡単なことだよ。でも、さくまさんは、「ジャンプ」の読者ページで毎週毎週、みかん箱に何箱とあるような――それこそ何千万通もの「普通」の子供らの葉書に向きあって、それを肌で体感してきたんだよ。

 僕も最初に彼らの葉書を見せてもらったときには、ビックリしたんですよ。だって、「ジャンプ」の葉書コーナーに載せてほしいのに、ペンで書いてこないことだけでも驚くのに、消しゴムすら使わないんだから。彼らは、指でこすって消すんですよ。そして、JBS放送局のJを「し」と書いてたりね。

さくま:「頭がイイ人」には、彼らの気持ちがわからないんですよ。

 あの子たちは、説明書を読まないとできないようじゃ、ダメなんです。だから、読まなくても進められるものを作りました。サイコロを振って矢印の方向に進めばプレイできるのも、それが理由です。『桃鉄』を作るときには、考えるのが苦手な子でも遊べて、でも、戦略がある人はもっと上手くプレイできるというバランスで作るんです。とにかく、僕は説明書とか攻略本を買わなきゃいけないものにして、彼らが遊べない作品にはしたくないんですね。

 そうか、『桃鉄』が「だれが遊んでも楽しめる」のは、さくまさんの経験にもとづく「哲学」によるものなのか……

「みんなが楽しく遊べるように」って言うのは簡単だけれど、ゲーム制作者は一流大学を出ていたり、ゲームが大好きで上手だったりと、自分では意識しないまま「難しいゲーム」をつくってしまいがちなのです。

 正直なところ、僕もこうしてわかったようなことを書いているのですが、この「普通の子供たちの世界」を理解できている自信はありません。

 あまりにも「普通に面白い」ために、僕がその背景にあるものに踏み込もうとしなかった『桃鉄』は、「すごいゲーム」だったのです。

 この本には、こういう、「今だからこそ、語れる名作ゲームに関する貴重な証言」が詰まっているんですよね。

 もっと証言が集まり、後世に遺せるように、多くの人に読まれてほしい、と願っています。

news.denfaminicogamer.jp

パックランドでつかまえて―テレビゲームの青春物語 (ファミ通Books)
作者: 田尻智
出版社/メーカー: エンターブレイン
発売日: 2002/08
メディア: 単行本
購入: 1人 クリック: 15回
この商品を含むブログ (24件) を見る

3Dクラシックス ゼビウス[3DSで遊べるアーケードゲーム] [オンラインコード]
出版社/メーカー: 任天堂
発売日: 2014/10/30
メディア: Software Download
この商品を含むブログを見る

ポケットモンスター Let's Go! ピカチュウ モンスターボール Plusセット- Switch
出版社/メーカー: 任天堂
発売日: 2018/11/16
メディア: Video Game
この商品を含むブログ (1件) を見る

桃太郎電鉄2017 たちあがれ日本!! - 3DS
出版社/メーカー: 任天堂
発売日: 2016/12/22
メディア: Video Game
この商品を含むブログ (6件) を見る

あわせて読みたい

「書評」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    菅首相発言が「絶対アカン」理由

    郷原信郎

  2. 2

    菅首相は玉木氏提案を受け入れよ

    早川忠孝

  3. 3

    家計が炎上した年収1000万円夫婦

    PRESIDENT Online

  4. 4

    今の改正案では医療崩壊を防げぬ

    玉木雄一郎

  5. 5

    広島県の大規模PCR検査は愚行

    青山まさゆき

  6. 6

    PCR検査で莫大な利益得る医院も

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    橋下氏 いま日本は「欠陥の車」

    橋下徹

  8. 8

    慰安婦判決は異常 迷走する韓国

    コクバ幸之助

  9. 9

    KDDI「povo」への批判はお門違い

    自由人

  10. 10

    車移動に回帰? ペーパー講習混雑

    井元康一郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。