記事

4月19日(金)ムネオ日記

 アイヌ民族を先住民族とする、いわゆる「アイヌ新法」が成立した。

 想えば平成17年8月、新党大地を立ち上げ、国会に復帰し、1人でアイヌ民族の権利確立とアイヌ民族を先住民族として認めるよう政府に質問主意書を提出した。その数36本である。
 この私の動きに、自民党今津寛代議士(当時)が呼応してくれ、超党派の議員連盟も立ち上げた。

 平成20年6月6日提出の私の質問主意書に対し、6月17日の閣議決定で「アイヌ民族は日本列島北部周辺、とりわけ北海道における先住民族」と政府は初めて認めることとなった。
 1人で何ができるかと揶揄されたが、知恵と経験があれば1人でも歴史を作れることを証明した。

あれから11年、今、新しい一ページが開かれることとなった。偏見と差別にあったアイヌ民族の権利確立はいまだ道半ばである。今後ともアイヌ民族に寄り添って参りたい。

 自民党萩生田光一幹事長代行の消費増税延期発言、さらには解散にも触れる発言がメディアの話題になっている。
 国会開会中は何が起きるかわからない。いつに安倍総理の判断である。
 緊張感を持って現職の衆議院議員は常在戦場の心構えを持って、日々送ることである。

 日露平和条約締結、憲法改正、拉致問題解決、社会保障、経済の活性化、地方再生実現のためには、より安定した政治体制が必要である。
 萩生田発言は1人の政治家としての考えであろう。それをあれこれ取り上げられるということは、ポイントを突いた関心のあることであったことを裏付けるものではないか。
 私もアンテナを高く掲げ、情報に後れを取らないようにして参りたい。

あわせて読みたい

「アイヌ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    一橋卒が年収300万円稼げない訳

    ニャート

  2. 2

    「安倍やめろ」が自民圧勝に貢献

    かさこ

  3. 3

    ジャニ圧力は弱腰テレビ局の忖度

    渡邉裕二

  4. 4

    人気店の予約が取れないカラクリ

    内藤忍

  5. 5

    徴用工仲裁手続きから逃げる韓国

    緒方 林太郎

  6. 6

    元駐日大使「責任は韓国政府に」

    文春オンライン

  7. 7

    山本太郎氏が社民党に引導渡す日

    やまもといちろう

  8. 8

    派遣の時給上げ施策 実態と乖離

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  9. 9

    LIXIL社長 論点すり替えで復権

    大関暁夫

  10. 10

    輸出規制めぐり文在寅氏に焦りか

    AbemaTIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。