記事

選挙カーは悪か?

いよいよ選挙も残り2日間。

各候補の選挙カーや政党の広報カーが、所狭しと市内を行き交う。

こうした中、選挙カーを走らせることが税金の無駄であると主張する候補も散見する。

税金の無駄といった指摘が正しいかどうかは、おいといて、選挙カーにかかる公費負担範囲について説明する。

ガソリン代、ドライバー報酬、車両借り上げ代 の3つが公費負担となる。

よく誤解があるのだが、車両運動員であるウグイスは公費負担の範囲ではない。

では、順次、個別に説明する。

選挙期間7日間のガソリン代は公費で賄われる。

勿論、ガソリンスタンドと候補者は契約を交わし、選挙カー以外の車両への給油は出来ない仕組みとなっている。

参考までに、私の場合は、1日中選挙カーを走らせてガソリン代は1日2500円程である。

ドライバー報酬。

選挙カーの運転手には申請の上、公費により1日最大15000円の報酬を支払うことができる。

これは、支払うことができるが、勿論、ボランティアでも良い。

車両借り上げ代。

これは、個別契約か、レンタカーなどのハイヤー契約かにより、その額が変わる。

藤沢市の個別契約の場合、1日あたり25000円程。

合計すると1日あたり42500円程の公費となり、選挙期間中に30万円弱の公費を使用することが想定される。

さて、話を戻す。

選挙カーは悪か?結論から言うと、必要悪ということだ。

誤解のないよう説明する。

私の考えとしては、選挙カーは要らない。

選挙ビラが配布できるようになった中、すべての候補者が選挙カーを使わないようになればいいとも思う。

しかし、今の政党車が使用できる公選法の制度上、使わざる得ないと言うのが正直なところだ。

仮にすべての候補者が選挙カーを使用しない場合でも、政党カーを走らせることができる候補者は有利な展開となる。

これでは、現行法では政党候補者が有利な公選法において、無所属の候補者がさらに厳しい戦いを強いられるだろう。

候補者は批評家の立場ではいけない。

候補者が選挙のあり方に疑問を主張する場合、選挙カーの無駄だけを主張するのではなく、各年代におけるインターネット普及率の推移や新聞普及率を見定めながら、選挙公報を紙面として配布する意味や、相当数を設置する公営掲示板の必要性、選挙ポスターなど公費負担の範囲にあるものを総合的に熟考し、有権者にとって各候補の政策をわかりやすく伝える手法を提案しなければならないのではないだろうか。


あわせて読みたい

「選挙カー」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    渋谷で「一揆」補償巡りデモ行進

    田中龍作

  2. 2

    電通らが甘い汁を吸う給付金事業

    青山まさゆき

  3. 3

    コロナが炙り出す質低い大人たち

    毒蝮三太夫

  4. 4

    宗男氏 共産党議員に厳しく対処

    鈴木宗男

  5. 5

    元自民議員 安倍政権長く続かず

    早川忠孝

  6. 6

    報ステ視聴率危機? テレ朝に暗雲

    女性自身

  7. 7

    「北九州第2波」の表現は大げさ

    木走正水(きばしりまさみず)

  8. 8

    木下優樹菜が復帰できない事情

    文春オンライン

  9. 9

    検察庁前で開催「黒川杯」に密着

    SmartFLASH

  10. 10

    元慰安婦団体なぜ内部分裂したか

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。