記事

フェイスブックのあまり知られていない機能・設定項目

フェイスブックってホント知られざる機能が多いです。

Social Media Sunに良い内容の記事があったので抄訳してご紹介です。


Facebook Settings and Features you Didn’t Know Existed


「その他」のメッセージ

画像を見る

これ知らない人はヤバいです。今すぐチェックした方が良いです。

フェイスブックはスパムフィルター的な機能を持っており、重要度の低いメッセージ(面識の無い人からのメッセージ、企業からのメッセージ、「@facebook.com」へのメッセージなど)を「その他」に振り分けてしまいやがります。これは割と悲劇のもとで、プチ阿鼻叫喚な話をしばしば見聞きします。

全ユーザー要確認!Facebookメッセージのとんでもない落とし穴!!


海賊英語、ネット特有省略語

画像を見る

これは全然実用的ではありませんが、英語の設定で「海賊(Pirate)」という項目があります。Pirateにすると「メッセージ」が「ボトルのメッセージ(Bottle o’ Messages)」になったり「ニュースフィード」が「キャプテンの日記(Captain’s Log)」になったりします。


画像を見る

また、「Leet Speak」を選ぶと表記がネット特有の省略語になります。日本だと「みかか」と書いて「NTT(キーボードの「N」「T」「T」を見てください)」と読む、なんてカルチャーがありましたね。あんな感じの文化を追体験できます。


タイムラインのプレビュー機能

画像を見る

これはかなりマイナーな機能。特定のユーザーから自分のタイムラインがどのように見えているかをプレビューできます。

分かりやすい利用シーンは、上司や同僚に見せたくない投稿がしっかり非表示になっているかを確認する、なんて場面でしょうね。

設定ボタンからプレビュー機能にアクセスできます。

画像を見る


ソーシャル広告での情報提供を拒否

画像を見る

ソーシャル広告で自分の名前が勝手に使われるのを拒否することができます。

アカウント設定>Facebook広告>ソーシャル広告の設定、から変更することができます。


友だち申請を消すためには2回の消去が必要

画像を見る

友だち申請を「保留」しても、そのリクエストはすぐに消去されるわけではありません。友だち申請の一覧画面に飛び、「非表示のリクエストを見る」をクリックし、各申請を消去することで、完全にリクエストは消去されます。

あまり利用シーンはないとは思いますが、記事原文では「前の彼女からのフレンドリクエストをちゃんと消していないことによるトラブル」を防ぐためのTipsとして紹介されています笑


Facebook Settings and Features you Didn’t Know Existed


プライバシー関連ではこちらも合わせてぜひ。知らぬ間に設定項目が増えています。

トラブルを防ぐために—フェイスブックのプライバシー設定で注意したい5項目



ソーシャルメディアのトラブル関連ならこちらの一冊が定番。企業としてソーシャルメディアに取り組むなら、読んでおいて損はないでしょう。

ソーシャルメディア炎上事件簿画像を見る

あわせて読みたい

「Facebook」の記事一覧へ

トピックス

議論福島第一原発処理水の海洋放出は許容できるリスクか?

ランキング

  1. 1

    田原氏「菅首相は地雷を踏んだ」

    田原総一朗

  2. 2

    岡村隆史の結婚でNHKは一安心?

    渡邉裕二

  3. 3

    橋下徹氏 毎日新聞は訂正すべき

    橋下徹

  4. 4

    わかりやすさ求めるメディアの罪

    村上 隆則

  5. 5

    ひろゆき氏が日本の日付管理評価

    西村博之/ひろゆき

  6. 6

    北野武 死の「理由」憶測に持論

    NEWSポストセブン

  7. 7

    菅首相の社会像「腹立たしい」

    畠山和也

  8. 8

    陽性者数報道がコロナ拡大抑制か

    中村ゆきつぐ

  9. 9

    高齢者の命守る のどちんこ鍛錬

    毒蝮三太夫

  10. 10

    「石原さとみ夫=一般人」に不満?

    いいんちょ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。