記事

中国、台湾への影響力強化を模索 総統選も対象=米高官


[台北 18日 ロイター] - 米政府の高官は18日、来年1月に控える台湾総統選を含め、中国が台湾に対する影響力強化を模索してしているとの見解を示した。

総統選には鴻海(ホンハイ)精密工業<2317.TW>の郭台銘(テリー・ゴウ)会長などが出馬を表明しており、結果によっては政治状況が一変する可能性がある。

台湾にある米代表機関、米国在台協会(AIT)のジェームズ・モリアーティ理事長はロイターに「中国は明らかに、台湾に対する偽情報の発信と直接的な影響を及ぼす活動を強化してきた」と指摘、米国にとって懸念材料だと語った。

「台湾の民主的プロセスに影響を及ぼそうとする試みについては非常に懸念しており、台湾の人の多くも懸念を共有していると思う」と述べた。

あわせて読みたい

「中台関係」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    毎日が40億円超減資で中小企業に

    岸慶太

  2. 2

    森氏発言に見えた「五輪難しい」

    文春オンライン

  3. 3

    嬢告白 おっぱいクラスターの今

    文春オンライン

  4. 4

    プペルも? 泣くための映画に疑問

    かさこ

  5. 5

    菅首相 イエスマンだらけの失策

    毒蝮三太夫

  6. 6

    医療整備に腹くくれない首長たち

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    菅首相「あとは実行あるのみ」

    菅義偉

  8. 8

    鼻出しマスク失格は明らかに不当

    青山まさゆき

  9. 9

    全米ライフル協会 なぜ破産申請?

    SmartFLASH

  10. 10

    米を襲う変異株 ロスは壊滅的に

    飯田香織

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。