記事

証拠がなくても一斉捜査、米警察当局が性労働者を狙う理由

米フロリダ州ジュピターのスパ「Orchids of Asia」(Photo by Joe Raedle/Getty Images)

今年2月、米ナショナル・フットボール・リーグ(NFL)の覇者、ニューイングランド・ペイトリオッツのオーナー、ロバート・クラフト氏が買春容疑で逮捕・起訴された。フロリダ州のマッサージ店で性的行為に及んだとされるクラフト氏。事件は、フロリダ州のマッサージ店に対し、約半年にわたる人身売買の調査の中で明らかになった。

先週金曜日、州検察は起訴を取り下げ、捜査対象のひとつであるフロリダ州ジュピターのスパ「Orchids of Asia」で人身売買が行われていた証拠はないと、法廷審問で認めた。

この日おこなわれたのは、クラフト氏が写っているスパの監視カメラ映像の公開差し止め請求に関する審問会。クラフト氏の弁護士は、警察は人身売買の証拠がないとわかっていたにも関わらず、スパに隠しカメラを設置したと主張した。また、フロリダ警察がマッサージ店への隠しカメラを設置するために判事を誘導して令状を取ったとし、令状は憲法違反だと主張した。

グレッグ・クリドス州検事捕はこの主張に異論を唱え、スパには人身売買の「証拠が揃っており」、令状請求が正当であった証拠はあったと主張した。だが、スパの女性従業員が自らの意思に反して勤めていたことを示す十分な証拠がなかったことも認めた。「人身売買で起訴される者は誰もおりません。今回の捜査から、人身売買の事実は浮かび上がりませんでした」と検事補。

この発言は、2月にクラフト氏逮捕の第一報が報じられた際のフロリダ警察のコメントとはまったく対照的だ。記者会見で逮捕が発表された際、デイヴ・アーロンバーグ州検事は人身売買を「我々の中に潜む悪魔」と表現した。捜査対象のひとつ「Orchids of Asia」では女性たちが買春行為をおこなっているとみられ、しかも自らの意思に反して働かされていると述べた。「人身売買は、金儲けのために他人の自由を奪う行為です」と、アーロンバーグ検事。「どこで起きていてもおかしくない。フロリダ州ジュピターのような平和なエリアでもです」。 だがアーロンバーグ検事はまた、検挙者には人身売買の嫌疑はかけられていないと述べたものの、後日あらためて起訴される可能性をほのめかした。

警察当局が人身売買を理由に、同意の有無にかかわらず、性労働者を一斉捜査するケースは珍しくない。「クラフト氏の事件で警察が人身売買の証拠を見つけられなかったと聞いても、全く驚きません」というのは、ピッツバーグ・シティペーパー紙のコラムニストで、人権保護団体SWOPピッツバーグ支部を創立したジェシカ・セイジ氏。「現在の政治情勢では、買春・売春に対するモラルパニック(特定の社会集団に対する恐怖や嫌悪感)を引き起こすのに、人身売買という言葉が手っ取り早いんです」。セイジ氏は、今回の事件が起きたのは、現代社会が性風俗と性的人身売買を混同しているせいだと考えている。「これまでのフェミニストの意見では、女性は風俗に決して同意しないと思われていました……ですからたとえ事実ではなくとも、みな人身売買されたのだ、という考えが今も性風俗に対する世論に影響を及ぼしているのです」

フロリダのマッサージ店の捜査に関し、警察では逮捕した女性が人身売買の被害者だと特定するのに手こずったようだ。マーティン郡のウィリアム・スナイダー保安官もCNNの取材に対し、何度も女性に「なぜ人身売買されたのか」と質問を繰り返したが無駄骨に終わったと語った。「彼女たちはその気になれば、店を出て助けを求めることもできました」と保安官。「ですが、そうしませんでした」。 雑誌Reasonのエリザベス・ノーラン・ブラウン記者による当時の記事によれば、警察は彼女たちが自発的にこの仕事に従事していたと見なすのではなく、「ほかに説明があるはずだ」として調査を続けているようだ。

このような逮捕は、移民、特にアジア系移民の性労働者らが標的になることが多い。元性労働者でSWOP全米本部のサヴァンナ・スライ理事長は2016年、シアトルのマッサージ店で同様の一斉検挙がおこなわれた際にこのような声明を発表した。「渡米した女性がエスコート嬢として働いているからと言って、必ずしも強要されているとは限りません。こうした推測は、明らかに人種差別、外国人差別に当たります。風俗業や家事労働、農業に携わる移民労働者の多くは、自らの意思で移住し、働いているのです。そうすることが、自国で起きている貧困、犯罪、家計の問題、戦争といった問題に対する最善策である場合がほとんどなのです」と、スライ氏。セックスワーカーの権利擁護派たちも、こうした一斉検挙は最終的に性労働者の生活を危険にさらすことになりかねないと主張している。

あわせて読みたい

「アメリカ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    立民議員の官僚叩きに批判が殺到

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  2. 2

    悪質な収集家に裁判官怒りの一言

    阿曽山大噴火

  3. 3

    ベガルタ選手 交際相手DVで逮捕

    SmartFLASH

  4. 4

    淡々とデマ正した毎日新聞は貴重

    文春オンライン

  5. 5

    岸防衛相の長男 フジ退社で衝撃

    文春オンライン

  6. 6

    歴史消す日本政府と追及せぬ記者

    田中龍作

  7. 7

    米山元知事が橋下氏の煽動に苦言

    SmartFLASH

  8. 8

    初鹿明博氏が議員辞職する意向

    ABEMA TIMES

  9. 9

    マスク拒否で降機「申し訳ない」

    ABEMA TIMES

  10. 10

    TV設置届出? 感覚がズレてるNHK

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。