記事

台湾でM6.1の地震、台北でも揺れ 地下鉄が運行停止


[台北 18日 ロイター] - 台湾で18日、東岸の花蓮県を震源とするマグニチュード(M)6.1の地震が発生した。台北市でも揺れを感じ、地下鉄が一時運行を停止したが、現在のところ深刻な被害や死傷者が出たとの情報はない。

現地の報道によると、台北市の一部で小規模の停電が発生しているが、製油所などは通常通り操業している。

蔡英文総統は、高速鉄道は台北─桃園間で一時運行を見合わせていると明らかにした。

蔡総統は、自身のフェイスブックで、「地震による被害が出ていないか情報を収集し、もし被害の情報を得たらできるだけ早く対応する」よう当局者らに指示したと述べた。

台湾は、2つのプレートの境界付近に位置し、地震が起きやすい。1999年にあったM7.6の地震で2000人以上が死亡し、2016年に南部で起きた地震では100人以上の死者が出ている。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

あわせて読みたい

「台湾」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    小池知事の詐称疑惑 失職判例も

    郷原信郎

  2. 2

    倉持由香 給付金100万円受け取り

    BLOGOS しらべる部

  3. 3

    AppleMusic停止 異例の抗議行動

    跡部 徹

  4. 4

    都の方針に歌舞伎町経営者が怒り

    BLOGOS編集部

  5. 5

    きゃりー父「投稿に責任を持て」

    文春オンライン

  6. 6

    神の業? コロナ直面のイスラム教

    BLOGOS編集部

  7. 7

    コロナで着目すべき「血液凝固」

    大隅典子

  8. 8

    ユニクロ参入でマスクバブル終焉

    NEWSポストセブン

  9. 9

    アパレル倒産 コロナ前から兆候

    南充浩

  10. 10

    暗号資産に麻生節「名称が悪い」

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。