記事

日経平均は6日ぶり反落、海外勢が手じまい売り 医薬品株が軒並み安


[東京 18日 ロイター] - 東京株式市場で日経平均は6日ぶりに反落した。前日まで5連騰した反動で朝方から利益確定売りが先行。イースター休暇を控えた海外勢から現物、先物に手じまい売りも出て下げ幅は一時200円超まで拡大した。米国市場でヘルスケア株が売られた影響で、武田薬品工業<4502.T>、アステラス製薬<4503.T>など医薬品株が軒並み安となったことも指数を押し下げた。

TOPIXは0.96%安で取引を終了。東証1部の売買代金は2兆2288億円だった。東証33業種中30業種が値下がり。値下がり率上位には、医薬品、精密機器、パルプ・紙、金属製品などが入った。半面、輸送用機器、ゴム製品、鉱業は買われた。市場では「休暇前のショートカバーやウエート調整が中心。この水準では潜在的な売り需要も多く、いったん下げ始めると下落幅は大きくなりやすい」(東海東京証券・機関投資家営業部部長の静間康禎氏)との声が出ていた。

個別銘柄では、いちご<2337.T>が軟調。17日に発表した2020年2月期の最終減益予想を嫌気した。半面、八洲電機<3153.T>は反発。17日に発表した2019年3月期利益予想の上方修正を好感した。連結純利益は従来予想の17億円から18億円に引き上げた。付加価値の高いエンジニアリング案件の増加が寄与する。

東証1部の騰落数は、値上がり192銘柄に対し、値下がりが1907銘柄、変わらずが42銘柄だった。

日経平均<.N225>

終値      22090.12 -187.85

寄り付き    22274.13

安値/高値   22058.39─22305.63

TOPIX<.TOPX>

終値       1614.97 -15.71

寄り付き     1631.62

安値/高値    1612.02─1632.54

東証出来高(万株) 118826

東証売買代金(億円) 22288.39

トピックス

ランキング

  1. 1

    ブラタモリに失望 忘れられた志

    メディアゴン

  2. 2

    官邸前ハンスト 警官と押し問答

    田中龍作

  3. 3

    立民議員の官僚叩きに批判が殺到

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  4. 4

    任命拒否 学者6名に無礼な菅首相

    メディアゴン

  5. 5

    飲み会の2次会 死語になる可能性

    内藤忍

  6. 6

    日当7万円 公務員と比較したのか

    橋下徹

  7. 7

    マイナンバーカードが2ヶ月待ち?

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    元民主・細野氏らデマ拡散へ揶揄

    文春オンライン

  9. 9

    上野千鶴子氏 任命拒否に危機感

    女性自身

  10. 10

    机叩き…橋下氏語る菅首相の会食

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。