記事

ウィキリークス創設者・ジュリアン・アサンジ逮捕、性的暴行から共謀罪まで容疑の全てを解説


警察の護衛を伴いウェストミンスター治安判事裁判所に到着するウィキリークスの創設者ジュリアン・アサンジ。ここで彼に身柄引き渡し令が要求された(Rob Pinney/LNP/REX/Shutterstock)

2010年、米国防総省のネットワークに侵入し、大量の機密文書を世に公表し、「報道の自由」を謳う時代の寵児となったウィキリークス創設者・ジュリアン・アサンジ。先日、4月11日付けで在英エクアドル大使館に身を寄せていたアサンジが逮捕された。今一度、性的暴行捜査から共謀罪まで、ウィキリークスの創設者の容疑の内訳を解説する。

先日4月11日、エクアドル政府はジュリアン・アサンジの政治的亡命を撤回し、このウィキリークス創設者のイギリスでの逮捕と、アメリカへの身柄引き渡しへの道を開いた。アサンジは2012年6月以来、ロンドンのエクアドル大使館に住んでいた。エクアドルのレニン・モレノ大統領はTwitterで、ウィキリークスを通して行われたアサンジの「侮辱的で攻撃的な」行動や「敵対的で脅迫的な」宣言、また「国際条約の侵害」をもはや看破できないと呟いた。

2016年の選挙の最中に、ロシアの工作員によりハッキングされたと見られる民主党員およびクリントン陣営の約2万通のeメールを公表したことに加え、アサンジが飼い猫の糞の始末を怠り、大使館の中でスケートボードをしたことで、大使館側との緊張感が高まっていたと伝えられていた。(大使館側は昨年秋のメモで、アサンジの処遇についての見通しをまとめていた。

しかし、アサンジの逮捕は、2016年の選挙に影響を与えようとした各種の動きとは関係がなく、また米国における報道の自由を支持する人々の懸念に反して、出版元としての彼の職業に関係しているようでもない。アサンジは、2012年のスウェーデンでの性犯罪関連での尋問要求に応じなかった件で、またそれとは別に、2010年に国防総省をハッキングしようとした元陸軍2等兵に援助を申し出たとされる件で、11日に拘留された。

強要、性的虐待、レイプ(スウェーデン)

2010年、スウェーデンのヨーテボリにある国際検察庁は、2人の女性が性的不正行為の疑いでアサンジに対し訴訟を起こしたことを受け、アサンジに逮捕状を出した。元々顔なじみの2人の女性とアサンジのあいだは、合意に基づき始まった似たような出会いのエピソードがあったが、次第に強制的で暴力的な体験に発展したとされる。スウェーデン警察は、イニシャルAAとSWとされる女性との事件から生じたレイプ、性的虐待および違法な強要の疑いについてアサンジへの尋問を求めていた。最終的に、発行された令状には4件の容疑の詳細が記載されていた。


以下、ガーディアン紙が入手した警察の文書を引用する。

関連項目

1.違法な強要
2010年8月13日~14日、ストックホルムの被害者[AA]の自宅で、アサンジは暴力を用い、被害者に対し行動の自由の制限を強制した。被害者の両腕を強く押さえつけつつ、彼女の上にのしかかりながら脚を強制的に広げ、体重をかけて彼女の動きを封じるという暴力的行為を働いた。

2.性的虐待
2010年8月13日~14日、ストックホルムの被害者[AA]の自宅で、アサンジは故意に彼女の性的な品位を侵害するような振る舞いで、被害者を虐待した。コンドームの使用が被害者からの明白な要望であり、性交の前提条件であると認識していたにも関わらず、アサンジは彼女に知らせることなくコンドーム未使用で性交を行った。

3.性的虐待
2010年8月18日またはその前後のいずれかの日に、ストックホルムの被害者[AA]の自宅で、アサンジは故意に彼女の性的な品位を侵害するような振る舞いで、被害者を虐待した。すなわち彼女の隣に横になり、裸の勃起したペニスを彼女の体に押し付けた。

4.レイプ
2010年8月17日、エンヒェーピングの被害者[SW]の自宅で、アサンジは彼女が入眠状態のため無力であることを濫用し、故意に彼女との性交を行った。さらに悪質なのは、アサンジはコンドームの使用が被害者からの明白な要望であり、性交の前提条件であると認識していたにも関わらず、コンドームを使用せずに性交を行ったことだ。その性行為には被害者の性的な品位を侵害する意図があった。

上記令状によれば、アサンジは犯罪性のある不正行為をすべて否定したが、女性の1人、AAと性交したことは認めた。(入手文書には、SWと呼ばれる女性による4番目の告訴は含まれていなかった。)

2010年9月、アサンジは警察の尋問後、調査がまだ進行中だったなか、スウェーデンからイギリスへ向かった。スウェーデンの検察官は、アサンジの顧問弁護士に同日の彼の逮捕予定を警告した後、アサンジが逃亡したと述べている。アサンジは後に彼が「はめられた」と主張し、一連の告訴はウィキリークスを破壊するための米国の陰謀の一部であると述べていた。彼の弁護士、マーク・スティーブンスは、被害者とされる女性たちを「ハニートラップ」と呼んだ。


アサンジはその後2年間イギリスに留まり、スウェーデンへの身柄引き渡しに抵抗した。2012年6月、英国最高裁判所が上訴を棄却した直後、アサンジはロンドンのエクアドル大使館に庇護を求めた。そしてつい先日の2019年4月11日まで、そこに留まった。

アサンジに対するスウェーデンの捜査は2017年に「中止」されたが、検察官はそれは彼の容疑が晴れたからではなく、彼が大使館内にいる間、彼に容疑について正式に通知できなかったためだと強調した。当時、検察局長のMarianne Ny氏は、「もし後々彼が対応可能な状態になれば、直ちに捜査を再開できるだろう」と述べた。

11日の時点で、スウェーデン当局はそうする準備ができていたようだ。スウェーデン検察当局は、被害者の1人が訴訟の再開を求めていると発表した。検察副部長のEva-Marie Persson氏は声明で次のように述べている。「捜査はまだ再開されていない。再開されるかどうかは現時点ではわからない」

彼女は決断の期日を明言しなかった。アサンジに係る各種の犯罪容疑は2020年まで時効とならない。

裁判所への出頭の不履行(イギリス)
ロンドン警視庁は11日にエクアドル大使の招待を受けてエクアドル大使館に入館した。エクアドルは2012年6月にアサンジの亡命を「彼が国際条約と日常生活の規定に繰り返し違反した後に」撤回した。彼は2012年に裁判所への出頭を怠った罪で逮捕された。アサンジは今回の出廷前にロンドン中心部の警察署で調書を取られ、保釈中逃亡の罪に問われた。逮捕から2時間後、警視庁は、アメリカ合衆国を代弁し、アサンジが「追加逮捕」されたと発表した。

コンピュータ侵入共謀罪(米国)
アサンジ逮捕のニュースが駆け巡ったあと、司法省はコンピュータ侵入共謀罪を言い渡すため米国へのアサンジの身柄引き渡しを求めていたと明らかにした。
11日に公表された法廷文書で、司法省は、アサンジが2010年に、国防総省のコンピュータに保存されているパスワードを解読の援助を行うことで元陸軍2等兵チェルシー・マニングと合意したと主張している。(起訴状によると、アサンジは試みたが失敗したとされる)起訴状の説明では、マニングがアサンジに「このアップロードの後、残された私の使命はそれだけだ」と言い、それに対しアサンジはこう答えたとされている。「私の経験上、世間の好奇心が枯れることは決してない」。

2013年2月、マニングは軍事規制違反の罪状を認めた。オバマ大統領が彼女の刑を宣告した後、彼女は2017年に釈放された。マニングは、今年2月に検察側の証人として召喚され、それを拒絶したため逮捕され法廷侮辱罪に問われた。彼女は現在も拘留されている。

有罪判決を受けた場合、アサンジは共謀罪単体で最高5年間の収監を言い渡される。報道によれば司法省は、彼に対して追訴を予定しているとのことだ。アサンジの弁護士団は11日、身柄引き渡し要求に抗戦すると述べた。

あわせて読みたい

「ジュリアン・アサンジ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    店員の言葉を疑ってかかる時代に

    Chikirin

  2. 2

    消費税廃止を 山本太郎氏の叫び

    田中龍作

  3. 3

    「ブラタモリ」が今も面白い理由

    メディアゴン

  4. 4

    麻生氏の質高い答弁を伝えぬ報道

    青山まさゆき

  5. 5

    丸山氏 国後島で「女買いたい」

    文春オンライン

  6. 6

    徴用工問題 韓国批判しない朝日

    木走正水(きばしりまさみず)

  7. 7

    働き方改革で仕事減 局アナ退社

    BLOGOS編集部

  8. 8

    SEX未経験者が増加 要因に低収入

    文春オンライン

  9. 9

    ナカイの窓終了は商標トラブルか

    NEWSポストセブン

  10. 10

    小室さん「8割超が応援」の衝撃

    女性自身

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。