記事

ガルシア元ペルー大統領が拳銃自殺、収賄容疑の逮捕逃れ


[リマ 17日 ロイター] - ペルーのアラン・ガルシア元大統領(69)が17日、収賄容疑での逮捕を逃れるため自ら銃で頭部を撃ち、数時間後、収容されたリマ市内の病院で死亡した。当局が明らかにした。

ガルシア氏は、最初は急進左派として、次は海外投資と自由貿易の推進者として2度大統領に当選したが、近年は汚職疑惑の渦中にあり、繰り返し容疑を否定している。

ブラジルの建設大手オデブレヒトによる中南米最大規模の贈賄スキャンダルに関与したとして、17日にガルシア氏を含む9人を逮捕するよう判事が指示していた。オデブレヒトは2016年、有利な契約を確保するため地域全土で政治家に賄賂を贈っていたことを認めた。

*カテゴリーを追加して再送します。

あわせて読みたい

「ペルー」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    パワハラ原因?オスカー崩壊危機

    渡邉裕二

  2. 2

    公選法に抵触 毎日新聞の終わり

    青山まさゆき

  3. 3

    陰性の「安心感」に尾身氏がクギ

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    仏再封鎖 医師「PCR数凄いのに」

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    相次ぐ「GoTo外し」観光庁に疑問

    木曽崇

  6. 6

    伊藤と交際報道の山本舞香は号泣

    女性自身

  7. 7

    菅首相を揶揄 無料のパンケーキ

    田中龍作

  8. 8

    ペイパルの衝撃 仮想通貨新時代

    ヒロ

  9. 9

    民家に犬164頭「最悪のケース」

    清水駿貴

  10. 10

    インク業者のキヤノン提訴に疑問

    自由人

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。