記事

国連幸福度ランキングは、どう偏っているのか。 - 本田康博(証券アナリスト)

1/2
先日「2019年版世界幸福度報告書(World Happiness Report 2019)」が発表された。初めて発表された2012年に44位だった日本の幸福度は、最新版では58位と過去最低、先進7か国では最下位だ。(国連「持続可能な開発ソリューションズ・ネットワーク」より)

この結果をどう見るかはさておき、そもそも幸福度とは一体何なのだろうか?

■幸福度とは何か

国連版幸福度について、時事通信はこう報じている。
報告書は各国の1人当たりの国内総生産(GDP)や社会支援、健康寿命、寛容さなどを基準に16~18年の幸福度を数値化し、順位付けした。
日本の幸福度58位に低下=首位は2年連続フィンランド-国連報告書 時事通信 2019/03/21
だが、これは説明不足だ。実際には、アンケート(※)で得た主観的幸福度に関する回答を、国ごとに平均したのが国連版幸福度だ。主観的幸福度とは、本人が感じる幸福感を何らかの方法で測定したものである。(※ 各国各年の調査対象は約1000人で、前年までの3年間が集計の対象となる。)

報告書で主観的幸福度の測定に用いたのが、「キャントリルの梯子(the Cantril ladder)」の質問だ。回答者は、「ありうる最悪の人生」を梯子の0段目、「ありうる最高の人生」を梯子の10段目と考え、現在自分がその梯子の何段目にいるのかを答える。「理想の人生」の現在の達成度を問う質問だ。評価の“ものさし”となる最悪や最高は、回答者自身が設定する。

その上で報告書は、 (1)一人当たりGDP、(2)社会的支援、(3)健康寿命、(4)人生選択の自由度、(5)寛容さ、(6)腐敗認知度等との関係を分析し、幸福度がそれぞれの指標によってどのくらい影響されるのかを示している。各指標を基準に幸福度を数値化したのではなく、アンケート調査によって与えられた幸福度という指標を、他の6つの指標を使ってどうにか分解してみました、というわけだ。(各指標の内容については、記事末尾の文末注を参照。)

■足を引っ張ったのは「人生選択の自由度」と「寛容さ」なのか

6つの指標に関して、日本の評価はそれほど悪くはない。健康寿命は世界最高水準で、一人当たりGDPも上位だ。腐敗認知度と社会的支援も幸福度の順位よりは良い。それ以外の2つ、人生選択の自由度と寛容さが足を引っ張った、というのがもっぱらの評価だ(参照・日本の幸福度、過去最低の58位 「寛容さ」足引っ張る 朝日新聞デジタル 2019/03/20)。

だが、こうした見方には疑問が残る。

表1では、2年連続幸福度1位となったフィンランドと日本について、幸福度への各指標の影響度を比べている。両者の差を見ると、確かに人生選択の自由度と寛容さは足を引っ張っているのだが、そのレベルは6つの指標の中で特に際立つものではない。では一体なにが、フィンランドと日本の幸福度に大きな違いをもたらしているのだろうか?

報告書の分析を信じるなら、その差の大部分は、実際に測定された幸福度とその推計値との誤差だ。この誤差を残差という。表に示すとおり、両者の「残差」の差は、幸福度の差の約7割(=1.315÷1.883)に相当する。

アンケート調査で得られた幸福度と、それを回帰分析と呼ばれる方法で推計した推計値の間には、この残差と呼ばれる誤差が必ず生まれる。一般的な推計の手法では、「残差」の二乗を合計した値が最も小さくなるように、各指標の係数を調整する。調整した結果、すべての国について「残差」がほとんどなくなれば話は簡単なのだが、そうはならないのが普通だ。国連版幸福度のように、他の指標の影響度と比べ相対的に大きくなる場合もある。

幸福度が58位だった日本は、推計値で見れば26位になる。何らかの要因で、推計値よりも幸福度が低くなっているわけだ。こうした傾向は今回に限らず、少なくとも2016年版以降は毎年同じ偏りがある。逆にフィンランドは、幸福度が推計値を常に大きく上回る。

残差の偏りは、幸福度と推計値との関係に偏りがあることを意味している。

■幸福度と推計値の関係は偏っている

日本とフィンランド以外にも、幸福度と推計値に“常に”大きな乖離が見られる国は少なくない。これを一覧にしたのが表2である。国ごとの偏りに加え、西欧、北米、中南米、オセアニア等で幸福度が推計値より大きく、逆にアジアや中東では幸福度の方が小さく測定されるという、地域ごとの偏りもありそうだ。

こうした偏りが生まれる要因としては、
(1)6つの指標以外の他の要因が幸福感に大きく影響している
(2)6つの指標の中に特定の国・地域でだけ幸福感への影響度が異なるものがある
(3)国・地域特有の要因が幸福感に大きく影響している
(4)幸福感とは無関係な理由で「キャントリルの梯子」の質問への回答が偏る国・地域がある
等が考えられよう。

これらの要因を具体的に明らかにするのは簡単ではないが、偏りの主因は(4)の「幸福感とは無関係な理由」ではないかと筆者は考えている。質問の内容にかかわらず採点方式アンケートへの回答に現れる傾向が、国や地域ごとにあるのではないだろうか。

あわせて読みたい

「幸福度」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    企業の短命化で「高学歴」が仇に

    内藤忍

  2. 2

    堀江氏「ヤクザはグイグイくる」

    NEWSポストセブン

  3. 3

    テレ朝は宮迫の降板を決断すべき

    渡邉裕二

  4. 4

    年金の仕組み知らない国民に呆れ

    永江一石

  5. 5

    橋下氏がネット番組批判「虚偽」

    橋下徹

  6. 6

    はあちゅう AV男優の夫もつ心境

    AbemaTIMES

  7. 7

    橋下氏 戸籍晒し巡り雑誌に怒り

    橋下徹

  8. 8

    上田晋也の政権批判番組が終了へ

    女性自身

  9. 9

    G20の日韓会談「何も決まらず」

    ロイター

  10. 10

    山本太郎氏の演説は人を酔わせる

    早川忠孝

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。