記事

政府に指図される「人生100年時代」とかいう罰ゲーム人生 長生きしているからずーっと健康、という前提で話を決めてないかい? - 山本 一郎

1/2

 一昨年、安倍政権から「人生100年時代」構想とかいうテーマが突然掲げられ、あまりのことに私は呆然としておりました。戦前ならいざしらず、なんで政府に国民が生き方の規範を示されねばならんのか。いろいろしんどい。どこから考えを紡いでいけば良いのでしょう。

人生100年時代構想(首相官邸ホームページ)
https://www.kantei.go.jp/jp/headline/ichiokusoukatsuyaku/jinsei100.html

「人生100年時代」に向けて(厚生労働省)
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000207430.html

年金の仕組みはもう成り立たない

 その出だしからして「ある海外の研究では、2007年に日本で生まれた子供の半数が107歳より長く生きると推計」とされ、これは『ライフ・シフト』(リンダ・グラットン、アンドリュー・スコット著)という売れた本の一節なわけですけど、つまりはお前らがよろしければ80歳ぐらいまで働けって話なんですよね。そ、そうっすね。で、「働いてるなら年金とか別に要らねえんだろ?」という流れになる。むしろ、ジジイでも所得があるなら税金払えよってことで、さすがは我らがアベちゃん、国民のケツへのムチの入れ方をよく分かっていらっしゃる。

 しかも、本当の主眼は年寄りが増えることによる社会保障費の激増は、結構ヤバいレベルで問題を各所に起こすので、年寄りだから敬ってリタイアしたら年金をくれてやる、という仕組みはもう成り立たないんですよ、という政策転換の意図が見えておるわけです。


©:iStock.com

 だけど、社会保障政策として「あ、カネ足んねえので年金ごっそり削りますわ(笑)」とかやると老人がムカついて選挙に落ちる政治家が出かねないので、そうとは言わずに労働政策として「いや、働き方改革でござい」と80歳ぐらいまで働けという見せ方をするのはうまいなあと感心します。ついでに、所得のある高齢者は厚生年金を70歳まで払えや、という厚生労働省様のご検討内容も報じられました。経済的に余裕があるなら年金もらうんじゃなくて納付しろやジジイという政府の熱い思いを真正面から受け取りましたぜ。やはり世の中こうでなければなりません。

「年金で暮らせるかどうか分からないので、将来の備えに」と不動産や証券投資を頑張って不動産収入や配当が入るようになると「なんだ、お前ら楽に暮らしてるじゃねえか。じゃあ年金は無しだ。むしろ納付しろ。分かったな」と言われてしまうという、ある意味で村を焼かれるより辛い世紀末がやってきてしまうのでしょうか。凄すぎる。

 さすがに誤魔化し方にも年季が入ってるなあと。100年生きるんだから、みんないつまでも現役で働いてくれよな、と新しいスローガンを打ち出しておいて、働いているんだから所得があるし現役だし年金要らないでしょハッハッハって奴です。

長生きしているからずーっと健康、という前提

 分かっちゃいるけど、ある種の国家的詐欺みたいなもんじゃないですか。そういう議論を平然とやってのける、我らが安倍晋三さんという宰相の、凄さとヤバさはここにあると思います。

 確かに『ライフ・シフト』が説くように、人生が長くなっているんだから働く期間も伸びるし、働き方も多様でいいんじゃない? と言われるとまあその通りではあるんです。でも政策を決めている人たちもさあ、介護の現場とか高齢者の実情とかあんまり分かってないまま、長生きしているからずーっと健康、という前提で話を決めてないかい? という話を介護の専門サイトに寄せたところ、当事者である高齢者や、介護に携わっている人たちからたくさんの反響を頂戴しました。当たり前ですよね、歳を取って身体が動かなくなっているからリタイアして介護を受けたり施設に入ったりしている人たちなんですから。

経済成長する前提で対策なんかしてるから「2025年問題」はもう手遅れに…。右肩下がりの経済で、高齢者が増え続ける「人生100時代」の生き方とは!?
https://www.minnanokaigo.com/news/yamamoto/lesson30/

高齢者問題の離れすぎた理想と現実

 私も親父お袋義父義母の健康問題に直面していて常々思うんですけど、この世に美しく理想的な高齢者問題というものは存在しません。心穏やかに最期のときを待つ高齢者は、周りに迷惑をかけることなく尊厳を保ち、若者や親族に尊敬されながら最期は子ども家族や孫に囲まれて心安らかに天寿を全うしました、とかものすごく難易度の高い結末だと思うんですよね。

 実際に起きていることは理想とはかけ離れていますし、ご家庭やご本人の生きざまによっても随分状況は異なります。言うことを聞かない高齢者に、最初は優しく、だんだん大声で、まるで幼稚園の悪ガキどもをどうにか教導するかのように何とか統制しようとする施設の介護職員の面々。その必死さを見ると、逆に高齢者問題の出口のなさを肌身で感じることになります。

 あるいは、ジジイはジジイ同士くだらないことで喧嘩をし、お前はジジイすぎて一人でお家に置いておけなくなったから施設に来ているんだよということを棚に上げて「俺はこんなジジイばっかりの場所にいたくない」と言い出すジジイを宥めすかして施設に送り出すと、健康なジジイの派閥ができてボケきった同室のジジイをいじめてテレビを観せなくするなどの嫌がらせを繰り返したりしておるのです。

 いいか。年寄りというのはみんながみんな、枯れて聖人君子になるんじゃないんだよ。むしろ、実態は逆で、大人としての配慮も不要になり、社会常識方面のことを考えなくなった結果、人は歳を重ねて5歳児に、そして幼児へと帰っていく。頑固者が年を取って丸くなるどころか、老け込むほどにどんどん頑迷で怒りっぽい爺さんになっていく。悲しいけどこれが現実なのよね。生きとし生けるものの摂理とはこういうことなのだ、と胸に刻むしか方法は無いのです。

終わることのない、死に向けたマウント合戦

 いいから黙って病院に行けよというと、俺はどこも悪くない、健康そのものなのになぜ病院に行くのかと怒り出す。お前の身体は少しガタついてるからリタイアして家にいるんだよ。でも自分は健康である、医者にはかからないと決めている高齢者はテコでも病院に行きません。

 それなのに、口をちゃんと閉められないので食べ物をこぼす。口の横からちょっとこぼすのではなく、口の正面から吐き出すように汁ものを出してしまうのを、うまくスプーンでフォローして、少しずつ飲み込ませる。しかし、老人の感想は「なにこれマズい」であり「他にうまいものはないのか」であり「俺が食べたいのは山掛けマグロ丼だ、早く持ってこい」と言い出す。もちろん、マグロなど喰おうものならその夜は下痢便待ったなしなわけですよ。そこでまた押し問答からの口論になるのは定番です。

 そして、まだ多少はコミュニケーションの取れる年寄りが集会室でたむろすると、決まって始まるのは病気自慢。俺はガンをやった、転移したけどまだ生きてる、いやいや俺なんて腎臓がひとつない、その程度では生ぬるい、俺は半身不随からリハビリで頑張って喋れるまで回復した。終わることのない、死に向けたマウント合戦。呆然として眺めるわたくし。良いからお前ら穏やかに死ねよと言いたくもなるぐらい、愛らしくもイラつく年寄りどもって素敵じゃないですか。

 口が回るだけならうるさいだけだからまだいいんです。程度の悪いのになると、若い介護職員さんに物理的に噛みついて、彼の腕は歯型なのか入れ歯型なのか不明な形のあざだらけに。また、年頃の若い女性の理学療法士さんを見つけてはしみじみと「あんたブスだねえ」という。おいやめろ。黒髪に染めてくれとヒステリックに叫んで要求した後で染め方が足りないとクレームを言うおばあさん。そのおばあさんを巡って複数の爺さんが勃ちもしないのに色恋沙汰の大論争を繰り広げるという。

あわせて読みたい

「高齢化」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    徴用工問題 韓国批判しない朝日

    木走正水(きばしりまさみず)

  2. 2

    田口容疑者 小嶺に誘われ大麻か

    渡邉裕二

  3. 3

    電子決済に逆行 現金化する日本

    木村正人

  4. 4

    堀江氏が村上世彰氏を痛烈に批判

    女性自身

  5. 5

    早朝4時に吉野家 離れられぬ東京

    内藤忍

  6. 6

    西内まりやを巻き込んだ巨額詐欺

    NEWSポストセブン

  7. 7

    小嶺麗奈「少し浮いてた」の声も

    女性自身

  8. 8

    慰安婦映画への陳腐な批判に呆れ

    古谷経衡

  9. 9

    おじさんが女の子の匂いを再現

    Dain

  10. 10

    HUAWEI排除 米が韓国に再三要請

    ロイター

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。