記事

「大切なのは地域に向き合うこと」野党結集について玉木代表

 玉木雄一郎代表は17日、国会内で定例の記者会見を行った。玉木代表は、(1)立憲民主党の枝野代表が衆院候補者の一本化調整を各党に呼びかけると発言したこと(2)野党結集(3)日米物品貿易協定の交渉(4)憲法審査会での議論――などについて記者団からの質問に答えた。

 立憲民主党の枝野代表が今日のラジオ番組で、統一自治体選挙が終わったら野党各党に衆院の候補者一本化調整を呼びかけると発言したことについて玉木代表は、「歓迎したい」と語った。そのうえで、候補者調整以前に国民民主党も立憲民主党も候補者を立てていない空白区がたくさんあるので、「そこを埋めていくのが大切だ」と強調した。

 衆院補選を機に野党結集が進んでいくのかを問われると、野党が割れていては不利であるため、「力を合わせていくのは必要だ」と語った。野党がまとまるのは必要条件ではあるが、十分条件ではないという見解も示し、「大切なのは地域に向き合うことだ」と述べた。大阪維新の会や沖縄の玉城デニー知事が勝利したのも地域のアイデンティティを大切にしたからだとし、「具体的に、その地域の要望や不満や悲しみに寄り添う具体的なテーマ設定ができて初めて、野党の結集に意味がある」と力を込めた。

 日米物品貿易協定交渉の初会合が終了したことの受け止めを問われると、「TPPを超える水準と言っており、日米首脳の合意を逸脱している」と述べ、交渉が米国に押されているのではないかを懸念し、今後の交渉経過を厳しく注視していく考えを示した。

 憲法審査会について与野党が折り合いつかず、なかなか審議に入らない状況の受け止めを問われると、国民民主党が、ウェブも含めたCMへの支出上限を5億円に規制することなどを定めた国民投票法改正案を用意していることを説明し、「速やかにわが党の案を議論してほしい」と審議に入ることを求めた。

あわせて読みたい

「統一地方選挙」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    小川彩佳アナの竹島発言に疑問

    和田政宗

  2. 2

    夏目アナ 吉本問題でTVに危機感

    水島宏明

  3. 3

    対韓規制で安すぎサムスンに打撃

    tenten99

  4. 4

    韓国が対日想定した空母を建造か

    木走正水(きばしりまさみず)

  5. 5

    韓国の不買に動じない日本アニメ

    WEDGE Infinity

  6. 6

    テレビ見ぬ若者のN国支持は当然

    日比嘉高

  7. 7

    韓国に反日の損失知らしめるべき

    安倍宏行

  8. 8

    紳助氏 会長辞任なら吉本潰れる

    文春オンライン

  9. 9

    吉本トップ 行政責任で辞任せず?

    渡邉裕二

  10. 10

    山本太郎氏「皆で政権取ろう」

    山本太郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。