記事

YouTuber活動を企業が後押し、“正社員YouTuber”の募集始まる チャンネル登録者数に応じて手当も

ユーチューバー経験がなくても応募できます

インフルエンサーマーケティングの支援をするBitStarは、正社員雇用による「社員YouTuber制度」を始めた。採用者は社員として給与をもらいながら、YouTuberとして活動する。

今回募集するのは、同社が他企業と共同で運営しているYouTubeチャンネルでMC兼クリエイターを務めるものと、社員YouTuberとして活動するものの2種類。MC兼クリエイターは、今既にあるチャンネルのいずれかで活動することになる。社員YouTuberは、これまでYouTuberとしての経験がなくても応募が可能。動画の内容やテイストは面接時に話し合われるという。

応募の必須条件は「顔出し出演が可能な人」「渋谷のオフィスで働ける人」

同社の渡邉拓代表は制度を作るにあたって、「YouTuberという職業がスタンダードになるように」という思いを込めたという。

「親御さんにYouTuberという存在を認めて貰えないクリエイターさんも多かったり、そもそも両親にはまだYouTuberということを伝えていないというクリエイターさんもいらっしゃったりします。まだYouTuberという職業が一般的に認められていないと感じたのと同時にYouTuberが最大限に活躍できる環境を提供したいと考え、この制度を作りました」

金額は明かされていないものの、基本給に加え、チャンネル登録者数に応じた手当ても支給される予定だ。撮影では、同社の機材や設備を使うことが出来る。

応募にあたっては、「YouTube、SNS等へ顔出し出演が可能な人」と「東京の渋谷オフィスで働くことの出来る人」の2つの条件が必須になる。このほか、「エンターテイメントやYouTubeチャンネルに興味のある人」「どんなことでも全力で楽しめる人」「動画撮影もしくは編集経験のある人」を歓迎するとしている。

同社はリリースで、「BitStarが有する機材や設備、テクノロジー、ノウハウやネットワークを活用してチャンネルや個人の成長に役立てて頂きたい」と述べている。

あわせて読みたい

「YouTube」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    池袋事故で20年前の職場晒す悪意

    tokyo editor

  2. 2

    幻冬舎問題 出版社は不要な存在

    かさこ

  3. 3

    保護者席に広末涼子 会場は騒然

    NEWSポストセブン

  4. 4

    幻冬舎騒動 批判すべきは見城氏

    常見陽平

  5. 5

    言論の自由訴える丸山議員は無知

    赤木智弘

  6. 6

    磯野貴理子の離婚理由に同情の声

    女性自身

  7. 7

    携帯大手3社 明暗分ける新プラン

    S-MAX

  8. 8

    結婚できない男性に特徴的なこと

    文春オンライン

  9. 9

    勉強できる人とできない人の違い

    ヒロ

  10. 10

    丸山氏バッシングする野党に疑問

    自由人

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。