記事

マスターズ優勝! タイガーウッズが髪の毛の代わりに得たもの ~ビジネスパーソンの言語学㊵


最近、説明や謝罪時の、違和感のある言葉遣いが話題になりがちだ。当コラムでは、実際の発言を例にとり、公私の場で失敗しない言葉の用い方を考える。ビジネスパーソンのための実践言語学講座、いざ開講!

「決してあきらめてはいけない。それしかないんだ。常に戦うこと。あきらめたら、道はひらけない」ーーーマスターズで14年ぶりの優勝を果たしたタイガーウッズ

小さく拳を握り、その後大声援にこたえるように両手を広げる。赤いシャツに身を包んだ、強いタイガーウッズが聖地に帰ってきた。

膝や腰の故障からくる不振に加え、不倫や離婚など度重なるスキャンダル。かつての英雄は堕ちるところまで堕ち、もはやその復活は不可能だと誰もが思っていたはずだ。だが、彼はマスターズで奇跡を成し遂げた。これこそ本物の英雄だと言わんばかりに。

帽子をとり、腕を高々と挙げて喜ぶ彼の後ろ姿が映ったとき、多くの人がその後頭部の髪の薄さに驚いたはずだ。11年ぶりのメジャー制覇、14年ぶりのマスターズ優勝。43歳になったタイガーは、年相応のオジさんになっていた。

優勝インタビューでは、髪のことをネタにして、「そのせいで薄くなった」と激しい戦いを振り返ったタイガー。ここまでの苦しい道のりに比べれば、そんなのどうでもいいと言わんばかりの清々しさだ。

タイガーは、マスターズについて、こう語っていた。

「このコースをプレーする方法として頭に小さな図書館を持っている」

髪は失ったが、そのぶん経験は豊富に持っているということだろう。以前ほどは飛ばない。スイングするたびに体中に痛みが走る。それでもタイガーは、ここに帰ってきて、そして経験を糧に勝利を収めた。

かつてタイガーは、ゴルフというエスタブリッシュのスポーツにおいて、人種の壁をぶち壊し、その景色を変えた。そしていま彼は年齢、ブランクという壁を壊した。人はいろいろなものを失いながら、いろいろなものを得て、生きている。年齢を言い訳に、走るのをやめる必要はないと、稀代の英雄が身をもって示してくれたのだ。

あわせて読みたい

「タイガー・ウッズ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    変異株で感染の閾値が低下した 緊急事態宣言延長は仕方ないか 橋下さんと岩田先生の交わりのない議論を聞いて 責任ない批判は簡単

    中村ゆきつぐ

    05月06日 08:21

  2. 2

    原宿の竹下通りが「地方都市のシャッター商店街化」の衝撃

    内藤忍

    05月06日 16:17

  3. 3

    ワクチン接種は1日67万人ペースでないと年内に終わらない

    諌山裕

    05月06日 13:46

  4. 4

    「週刊文春」の強さはどこからやってくるのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月05日 12:05

  5. 5

    渋野日向子 海外挑戦で欠場も“罰金100万円”規定に相次ぐ疑問の声

    女性自身

    05月06日 10:09

  6. 6

    病院の窓にデカデカと「医療は限界 五輪やめて」

    田中龍作

    05月05日 08:42

  7. 7

    「経済優先で人は何を失うのか」 失踪外国人を通し日本を描く映画『海辺の彼女たち』

    清水駿貴

    05月06日 11:36

  8. 8

    小池百合子知事は東京オリンピック開催中止を進言できるか トップに立つ者の責任

    猪野 亨

    05月06日 08:46

  9. 9

    東京五輪に沈黙する小池都知事 豊田真由子氏「反対の世論を見て振る舞い変えている」

    ABEMA TIMES

    05月05日 20:47

  10. 10

    橋下氏「緊急事態のためにも憲法改正をすべきだが、今の政治家には恐ろしくて任せられない」

    ABEMA TIMES

    05月06日 11:47

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。