記事

ブロックチェーンは「幻滅期」? 理解している経営層の割合は16.7%に低下

 ガートナーは、国内企業のブロックチェーンに関する意識調査の結果を発表。期待は高いものの、変化の速さに経営層が追い付いていない実態が明らかになった。

 ガートナー ジャパンは、国内企業のブロックチェーンに関する意識調査の結果を発表した。この調査は、国内の特にITインフラストラクチャに関わるマネージャー向けのアンケートを通して、日本における各種ITのニーズや課題を分析することを目的に実施したもの。有効回答数は515件で、日本全国の従業員数500人以上の企業を対象にしている。回答者は、ITインフラストラクチャ領域で、製品やソリューション、サービスの導入の選定に際し、決裁権がある/関与している、もしくはITインフラストラクチャの戦略に関与している役職を想定している。

 ガートナーは2018年10月に発表した「日本におけるテクノロジのハイプ・サイクル:2018年」において、ブロックチェーンは「過度な期待」のピーク期を越え、幻滅期へと坂を下りつつあると分析していた。


ブロックチェーンは「過度な期待」のピーク期から幻滅期へ
出典:ガートナー (2018年10月)


 ガートナーが2019年2月に日本で実施した最新のユーザー調査の結果、「ブロックチェーンを理解している」経営層の割合はわずか16.7%で、2018年2月の27.8%から大きく減少。変化し続けるブロックチェーン技術の動きに経営層が追い付けずにいることを意味している。

 しかし同じ調査において、企業の65%がブロックチェーンの将来に大きな期待を寄せている現状が明らかになった。回答者の多くが、ブロックチェーンはいずれインターネットの出現に匹敵するインパクトをもたらす、あるいは、UberやAirbnbが市場を席巻したようにビジネスを変革するとみている。

今後10年間にブロックチェーンが社会やビジネスに与える影響
出典:ガートナー/調査:2019年2月


MONEYzine編集部[著]

あわせて読みたい

「ブロックチェーン」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    テレ朝は宮迫の降板を決断すべき

    渡邉裕二

  2. 2

    橋下氏 戸籍晒し巡り雑誌に怒り

    橋下徹

  3. 3

    年金の仕組み知らない国民に呆れ

    永江一石

  4. 4

    イラン関与に同調せぬ日本を称賛

    木走正水(きばしりまさみず)

  5. 5

    2000万円貯金して個人消費は無理

    毒蝮三太夫

  6. 6

    日韓世論で温度差 相手国の印象

    WEDGE Infinity

  7. 7

    アクセル踏み間違い根絶に有効策

    志村建世

  8. 8

    タピオカブームはヤクザの資金源

    NEWSポストセブン

  9. 9

    年金不安を煽る金融庁は猛省せよ

    深谷隆司

  10. 10

    上田晋也の政権批判番組が終了へ

    女性自身

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。