記事

エジプト大統領選挙(世論調査)

エジプト大統領選挙の候補者は13名に絞られましたが、19日付のal arabiya net は同放送が行った世論調査の結果を報じています。

その結果は次の通りですが、最も注目されるのがムスリム同胞団の候補(自由公正党)が9%しか取れなかったことです。

勿論ムスリム同胞団の候補では本命が欠格とされたために、代理として登録されていた自由公正党のmuhammad marsah が急きょこれに代わったばかりで、今後その組織力を利して支持を増して行くことは間違いないとは思いますが、今回の泥仕合でムスリム同胞団は相当味噌をつけているとおもいます。それが今後どう影響して行くのでしょうか?

al arabiya の行った世論調査の結果は、第1位が元ムスリム同胞団幹部(除名された)のabul futouh で32%の支持であった。

第2位に浮上してきたのがナセリストの候補hamdin sabhi で26%、これに次ぐのが元アラブ連盟事務局長のアムル・ムーサで22%。

この3者が激しく競争している。

それ以降はムスリム同胞団のmuhammad marsah で9%、その後が元首相のシャフィーク6%、イスラム主義のmuhammad salim al awah 2%,等となっている。

とりあえず記事の要点は以上で、現時点でどの程度重要性を置くか、未だ未だ信頼できる数字ではないと思いますが、有力候補3名の欠格により大統領選挙の様相がガラリと変わってきたことは事実なようです。

http://www.alarabiya.net/articles/2012/04/19/208900.html

あわせて読みたい

「エジプト」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    GACKT お金と違い時間は戻らない

    かさこ

  2. 2

    感染ゼロを求めない日本は理想的

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    公明・山口氏の的確な都構想演説

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  4. 4

    学術会議の任命拒否 説明は困難

    非国民通信

  5. 5

    支持率-12ポイント 菅政権の過ち

    舛添要一

  6. 6

    瀬戸大也イバラの道 海外で驚き

    WEDGE Infinity

  7. 7

    日本は中国に毅然たる態度で臨め

    野田佳彦

  8. 8

    EUで感染再拡大 自由移動の悲劇

    木村正人

  9. 9

    監視されてる? リモート疲れ限界

    NEWSポストセブン

  10. 10

    NYポストのバイデン記事は陰謀か

    島田範正

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。