記事

ドコモが最大4割値下げの新プラン、「値下げ合戦」のトリガーとなるか

1/2

NTTドコモは4月15日、従来よりも割安をうたう新携帯料金プランを発表した。新プランは5月22日より予約申し込みを受け付け、6月1日より開始する。

NTTドコモ 代表取締役社長 吉澤和弘氏

同社は兼ねてより、「2019年第1四半期に、携帯料金を2~4割下げる新プランを発表・提供開始する」と予告していたため、今回の発表内容は携帯業界関係者にとって非常に注目の高いものであった。

実際に登場したのは「ギガホ」「ギガライト」という2つの新プラン。どのようなもので、さらには今後の携帯業界にどのような影響を与えるのか。

「シンプルでおトク」な新プラン

新プランは、同社が掲げる「従来よりもシンプルでおトク」というメッセージを強く意識したものであった。これまでの料金プランが複雑で理解できないという声に応えるべく、わかりやすいもの目指した工夫がみられる。

従来の同社のプランはやはり複雑だった。契約者は1か月に使用するデータ通信量に合わせて「パケットプラン」を選択し、さらには電話の使用頻度に応じて「基本プラン」を選択する。さらにパケットパックを家族で使う場合や、月々サポートの適用まで考慮すると、組み合わせは膨大になる。

それが今回の新プランでは、「データ通信量がいくらあっても足りない」という人は「ギガホ」に、「SNSのチェックやLINEを使う程度」という人は「ギガライト」に、と2つのプランから選ぶだけでよい。

新プランは、現行の「基本プラン」「パケットパック」を一体化させ、よりシンプルなものにした

次に、「おトク」という点について。同社は新たに、「家族でドコモを使っている」ユーザー向けの「みんなドコモ割」を提供する。これは、家族がドコモユーザーであれば、その回線数に応じて「ギガホ」「ギガライト」の月額料金を割引をするというもので、2回線で500円、3回線で1,000円引きとなる。

「みんなドコモ割」で、家族・親族の人数に応じた割引が適応される

同社の利用者のうち、約7割が「家族で3回線以上」のユーザーであるということから、新プランの料金は「みんなドコモ割(3回線利用)」で1,000円を引いた額をベースに紹介された。

実質通信制限の「ギガホ」、割引幅の大きい「ギガライト」

新プランの1つである「ギガホ」では、毎月30GBのデータ通信を利用できる。「外出先でもよくスマホを使う」「動画視聴、SNSに画像や動画をアップすることが多い」「データ量を気にせず使いたい」といった利用者を想定して用意された。

「ギガホ」の特徴は、容量を超過して通信制限にかかったとしても、通信速度が1Mbpsにしか下がらない点だ。これは従来の128kbpsに比べると、約8倍の速度であり、この数字についてドコモの吉澤和弘 代表取締役社長は「ストレスなく動画視聴、SNS利用できるスピード」と説明する。通信制限に苦い思いをした経験のある人にとっては嬉しいサービスだ。

筆者自身、よくモバイルデータ通信で動画視聴をしてしまうために、データ容量を超過してしまって「Yahoo! 乗り換え案内」や「グーグルマップ」を使えなくなり、泣く泣く1,000円を払って1GBを購入する、ということがよくある。

1Mbpsという速度は、それらのアプリを利用するのに不足なく、推奨速度が0.5Mbpsの「Youtubeを標準画質で視聴する」のにも十分なスピードだ。

通信容量を超過しても、dTVやYoutubeなどの動画配信サービス、TwitterやFacebookなどのSNSなどをストレスなく利用できる

あわせて読みたい

「ドコモ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    菅外交の優先順が見えた電話会談

    木走正水(きばしりまさみず)

  2. 2

    もう無関心?コロナに飽きる日本

    赤木智弘

  3. 3

    竹中氏「月7万円給付」は雑すぎ

    藤田孝典

  4. 4

    枝野氏「野党勢力は間違ってた」

    BLOGOS しらべる部

  5. 5

    「バカ発見器」Twitterの対処法

    御田寺圭

  6. 6

    アビガン申請へ「富士フに拍手」

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    山口逮捕 配慮のない報道に憤り

    常見陽平

  8. 8

    権力批判をやめた日本のマスコミ

    文春オンライン

  9. 9

    トヨタ去る若手と年功序列の崩壊

    城繁幸

  10. 10

    韓国政府が恐れる菅首相の倍返し

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。