記事

『ロケット・ササキ』外伝(3・了)「コンピューター」と格闘を続けた「浅田篤」 - 大西康之

1/2

 浅田篤が早川電機工業(現シャープ)に入社したのは1955年。社員数はまだ1300人で、創業者の早川徳次が誕生日の社員を社長室に呼び、紅白饅頭を手渡すような家族的な雰囲気が残っている時代だった。朝鮮戦争の特需で国内の景気は上向き、皇太子(今上天皇)ご成婚の中継を自宅で観よう、というので白黒テレビが爆発的に売れた。

「会社の未来を語る会」


 日本で初めてテレビを量産した早川電機は大いに販売を伸ばしたが、当時のテレビは部品の品質が安定せず、よく故障した。販売網も整備できていない早川電機は、本社から浅田たち若い技術者を顧客の所に送って故障に対応した。

 皇太子ご成婚で家庭への普及が本格化したとはいえ、まだ主な買い手は旅館や銭湯である。奮発して買ったテレビが映らなくなると、顧客は怒るというより困り果て、浅田たちが駆けつけると「よく来てくれた」と歓迎された。田舎の温泉旅館に修理に行った時には宿の主人が「こんな遠くまで申し訳ない」とタダで1泊させてくれたこともある。

 当時、NHKの放送は午前11時30分から午後1時30分までの2時間と、午後5時30分から午後10時までの2回。この時間に現場に行かないと、直してもちゃんと映るかどうか確かめられない。2時間では間に合わないので、主に修理は夜になる。午前中を移動に当てて現場で待機し、夜になると客先でテレビを直す。その日は現地に泊まり、次の日には別の場所へ。

 「ワシら、こんなことをするため会社に入ったんやない」

 体裁良く「修理工のドサ回り」をやらされた浅田たちは、日増しにフラストレーションを溜めていった。いつから始まったか定かでないが、1958年頃から早川電機の若い技術者たちは、修理出張から戻ると本社の近所の小料理屋「富田屋」に集まり、愚痴を言い合うようになった。

 だがそこはさすがに技術屋である。富田屋での集まりは、単なる愚痴にとどまらなかった。

 「だいたい、メーカーのくせに、うちには研究所がない。これでは新しいもんなど作られへん」

 「研究所なんか作って、何すんねん」

 「俺はこんなことがしたい」

 「こんなもん作ったらおもろいやん」

 富田屋での会合は、いつしか「会社の未来を語る会」になっていった。会合が始まって半年ほどたったある日、それが徳次の腹心、専務の佐伯旭の耳に入った。

 「君ら毎晩、集まっとるらしいやないか。何か不満でもあるんか」

 首謀者の1人として部屋に呼ばれた浅田は、まっすぐに佐伯の顔を見ていった。

 「今はテレビで儲かっても、そのうち売れんようになります。テレビの次に売れる未来商品を開発せなあかんと思いますんや」

 浅田たち、若い技術者の純粋な顔を見た佐伯は、しばらく腕を組んで思案した。

 「君らの言うことも、もっともや。分かった、ワシに任せてくれ」

「人間より馬鹿なんだね」

  佐伯は1960年、世界で初めてブラウン管による電送・受像に成功した浜松高等工業学校(現・静岡大学工学部)の高柳健次郎助教授の愛弟子、笹尾三郎を研究室長に迎えて研究開発室を立ち上げた。

 開発テーマは6つ。半導体、医療機器、超音波、太陽電池、電子計測機、そして電子卓上計算機である。テーマごとに第1から第6まで研究室が作られたが、第6の電卓は室長のなり手がいなかった。コンピューターはまだ学問としても産業としても歴史が浅く、それを学んだ技術者が社内に1人もいなかったからだ。

 「言い出しっぺのお前がやれ」というわけで、浅田にお鉢が回ってきた。浅田は大阪大学工学部でコンピューター理論の研究をしていた尾崎弘のところに押し掛け、尾崎が翻訳中だった米国の研究者の論文の校閲と引き換えに、コンピューターを教わる約束を取り付けた。

 浅田たち第6研究室の面々は毎日、尾崎の研究室に通い、昼間は大学院生、夜は尾崎本人からコンピューターの手ほどきを受けた。半年間、猛勉強した後、1年がかりで試作機を作り「HAYAC(ハヤック)1」と名付けた。しかし机いっぱいの面積で、高さは人の背ほどもある巨大な計算機は「かける1」しかできず、お披露目の席で徳次に、「コンピューターといっても人間より馬鹿なんだね」と笑われる始末である。

 だが、徳次と佐伯はそれから4年、浅田たちにコンピューターとの格闘を続けさせた。「まだか」と聞くことはあっても「やめろ」とは1度も言わなかった。なかなか結果が出せない浅田は経営陣の忍耐力を心の底から「ありがたい」と思った。

 そして1964年、ついにフル・トランジスタの電卓「CS-10A」の発売にこぎつけた。それまで2桁の割り算を入力すると1分近くガチャガチャと大きな音を立てていた機械式の計算機に比べ、瞬時に音もなく答えを出す電卓は大評判になり、53万5000円という、当時の乗用車並みの価格にもかかわらず注文が殺到した。

あわせて読みたい

「コンピュータ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    日本へ謝罪求め続ける韓国に疑問

    諌山裕

  2. 2

    日韓対立 両国は主張の棚上げを

    舛添要一

  3. 3

    222万部減 新聞はもう要らないか

    PRESIDENT Online

  4. 4

    首相「夕食会費はホテルが設定」

    ロイター

  5. 5

    米国が繰り返し韓国のウソを指摘

    高英起

  6. 6

    反日の嘘暴く韓国書籍が日本上陸

    高英起

  7. 7

    中国が圧力? 英大学で高まる警戒

    木村正人

  8. 8

    「夫婦の3組に1組が離婚」は嘘

    石川奈津美

  9. 9

    佐野史郎 病室では寝たきり状態

    女性自身

  10. 10

    桜見る会の前夜祭費 菅長官が嘘?

    中谷 一馬(Kazuma Nakatani)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。