記事

ケーシー高峰さん 桂歌丸師匠に発奮しボンベ姿で舞台に立った


85歳で亡くなったケーシー高峰さん(時事通信フォト)

「乳房と股間の間には女性特有の性感帯がある。医学的にはこれを“青函連絡船”という」

「女性の乳房は揉んでから吸わないといけない。逆だと“すったもんだ”する」

 こんなエロ医学漫談で一斉を風靡したケーシー高峰さんが肺気腫のため85歳で亡くなった。

 白衣姿で「医療」をテーマにテレビ番組や演芸場を沸かせたケーシーさんは、私生活では病魔との付き合いが長かった。

 2003年には腰部脊柱管狭窄症を発症、2005年には舌がんの手術を受けた。昨年4月頃には、肺気腫と診断され、酸素ボンベが欠かせない生活になったという。所属事務所社長で、40年以上の付き合いがあった西村秀樹氏がいう。

「それでも本人は“オファーがあればボンベを付けてどこでも行く”と言っていた。ちょうどその頃、桂歌丸師匠(昨年7月死去)がボンベを付けて高座に上がっていたので“俺もできる”とその気になっていたんです。実際、9月の茨城県結城市の舞台では、15分の予定なのに35分も喋り続けました。ただ、一方で体重は20キロ以上落ちていた。秋以降は、仕事をキャンセルするしかありませんでした。しかし、こんなに急に亡くなってしまうとは……」

 晩年は正月の演芸特番などで見かけるくらいになってしまっていたが、その洒脱な芸風は、故・立川談志やビートたけしなど、超一流の芸人たちからも高く評価されていた。

 ひっそり旅立ってしまうなんて、“そりゃあないぜセニョリータ”。

※週刊ポスト2019年4月26日号

あわせて読みたい

「芸能界」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「スゴイ日本!」ばかりのテレビ五輪放送。在留外国人は東京五輪を楽しめるか

    Dr-Seton

    08月05日 08:29

  2. 2

    淀川長治さんが『キネマの神様』を絶賛?CMに「冒涜」と映画ファン激怒

    女性自身

    08月05日 09:07

  3. 3

    環境省がエアコンのサブスクを検討 背景に熱中症死亡者の8割超える高齢者

    BLOGOS しらべる部

    08月04日 18:05

  4. 4

    東京都、新規感染者数5042人に疑問

    諌山裕

    08月05日 17:42

  5. 5

    中等症めぐり政府の揚げ足を取る毎日新聞 いい加減な記事を出すのは許されるのか

    中村ゆきつぐ

    08月04日 08:26

  6. 6

    中等症入院不可…専門家の意見を聞いていなかったとは

    大串博志

    08月05日 08:22

  7. 7

    ワクチン完全接種5割の8月末まで好転無しか

    団藤保晴

    08月05日 09:02

  8. 8

    テレビ放映権中心に回り夏開催される五輪 舛添氏が改革案を公開

    舛添要一

    08月05日 08:33

  9. 9

    強行放送!緊急事態宣言下の24時間テレビは「ジャニーズ祭り」

    渡邉裕二

    08月04日 08:04

  10. 10

    ベラルーシ選手はなぜ政治亡命したのか ルカシェンコ政権の迫害ぶりを示した東京大会

    WEDGE Infinity

    08月05日 09:18

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。